今注目のニュース
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”
「キン肉マン」作者・ゆでたまごが“初”ラジオパーソナリティに!嶋田隆司「58歳になった今叶うとは!」
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?

ジョン・カーペンター単語

ジョンカーペンター

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「ジョン・カーペンター」とは、(John Howard Carpenter, 1948年1月16日 - )とは、アメリカ映画監督脚本家映画プロデューサーである。

広いおでこ々しい口が特徴。アインシュタインにそっくり。

彼が手掛ける映画オープニングクレジットでは、タイトルに『JOHN CARPENTER’s ~』と表記されているのが特徴。

曖昧さ回避

概要

SFホラーを中心に活動しており、ユニークかつオリジナリティ溢れる作品の数々でカルト的な人気を誇る。

1974年SF映画ダークスターで長編デビュー

ギャングに囲まれた警察署を舞台にしたスリラー映画『要塞警察などを手掛けた後、1978年に33万ドルという低予算で作り上げたホラー映画ハロウィンが大ヒットを記録。殺人映画の代表的傑作のひとつとして、後のホラー映画にも多大な影を残した。
スプラッタ映画13日の金曜日で、殺人ジェイソンホッケマスクを着けているのは、この映画の影であるのは有名。

その後、「犯罪率増加のため巨大刑務所と化したマンハッタンに1人の男が単身潜入するという奇抜なストーリーSFアクションニューヨーク1997を発表。
ちなみにこの映画主人公の名前は“スネーク・プリスキン字幕ではプリスケン”。日本ゲームメタルギアシリーズコンセプトとなったことでも知られる。
さらに、若き日のジェームズ・キャメロン特撮スタッフとして参加している。

1982年には、南極基地を舞台に、生物と同化し襲いかかる未知の生物南極観測隊との死闘を描いたSFホラー遊星からの物体Xを世に送り出す。
業的には失敗してしまうものの、SFXアーティストロブ・ボッティの名を一躍世に知らしめたグロテスクエイリアン、感情移入を排して底的に疑心暗鬼を描写したストーリー、極寒の南極閉鎖間を利用したショックシーンなどで、ホラー映画の傑作として評価を受けている。

その後もSFホラーを軸とした映画を数々発表。
監督自身のヒット作自体いものの、低予算でも上質な映画を撮るためB級映画界の巨匠とも呼ばれる。
また大学時代の短編映画アカデミー賞を受賞しているため、実は“オスカー監督”である

音楽家として

音楽家としての才もあり、監督作のどで音楽を手掛ける。
中でもハロウィンテーマ曲は特に有名で、サスペンスシーンを演出するGMとして多用される。

またゴーストハンターズ』ではサントラ論のこと、エンディング題歌を自らボーカルとなり歌っている。80’sらしいポップな曲だが、渋くて妙に味のある歌で結構かっこいい。

また2001年SFホラーゴーストオブマーズではアメリカヘヴィメタルバンドアンスラックスコラボしている。

B級映画の巨匠として

ハロウィンヒットにより批評家からの評判も良かったカーペンターは、1980年に『ハロウィン』とはまた異なる趣のホラー映画『ザ・フォッグ』ヒットさせることに成功し、さらなる評価を得る。

順調な出世コースに見えたが、遊星からの物体Xが失敗により大きく止めがかかることになる。
というのも『~物体X』の開前にはスティーブン・スピルバーグ監督E.T.が記録的大ヒットをしており、その煽りをもろに受けることになった。
続くスターマンもいまいちパッとせず、さらにSFカンフー(?)映画ゴーストハンターズ』も失敗してしまう。

そんなこともあり、その後は低予算のB級映画を中心として活動している。
実はその頃、後に大ヒットした映画『危険な情事』『トップガン監督依頼がきたというが、結局その依頼を蹴って自らのスタイルを貫いた。

異色SF映画ゼイリブでは主人公に現役プロレスラーを配役し、主人公とその友人の壮絶な大ゲンカシーンでなんと5分ほどのプロレスシーンを披露。
またマウスオブ・マッドネスではクトゥルフ神話ベースとした狂気の物語を披露。いずれもマニアを唸らせる作品となっている。

1996年5000万ドルというA級予算でニューヨーク1997の続編にしてセルリメイクエスケープ・フロム・LA』を発表。
A級予算にも関わらず、バレバレの合成やチープなCGという確信犯的な演出をしているとなっている。

2001年ゴーストオブマーズ以降、劇場映画監督業からは遠ざかり、往年のホラー映画巨匠が一堂に会したMasters Of Horror』シリーズ(テレビ映画)の一編として2005年世界の終り』2006年『グッバイベイビー監督
2010年、およそ9年ぶりに劇場映画『ザ・ウォード/監禁病棟』監督し、健在っぷりをアピールした。

余談

あさりよしとお漫画宇宙家族カールビンソン』には、『遊星からの物体X』に登場したクリーチャーモチーフにした「ジョン・カーペンター」なるキャラが登場。
特技はフェイスオープン内臓飛び出し仕事映画監督……をする事もある映画館TV局の

しばしば物語役をレギュラーキャラなのだが
「作る映画作る映画2週間で上映打ち切りの、ジョン=「ハロウィンだけ当たった」=カーペンター」
と呼ばれている。クリスティーンは1週間だい

仕事相棒ろぶ、りっく、すたんというの異人。
それぞれ、ジョン映画に参加したSFXアーティストロブ・ボッティン、リック・ベイカー、スタン・ウィントン元ネタである。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP