今注目のニュース
小学校のPTAは子供のいじめと少子化を加速させる/ひろゆき
妹の荷物が、Amazonによって『大変な状況』に! 「これはひどい」「爆笑した」
“創造“は常に”破壊“から始まる、日本語版『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』がPS4でリリース。豪華客船に乗り込んだ俳優として自身が果たして何者かを探る心理的ホラー

タンクデサント単語

タンクデサント

  • 1
  • 0
掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タンクデサントとは、戦車の上に乗っかって移動、戦闘に参加する歩兵戦術の事である。

概要

第二次世界大戦において、ドイツとの戦闘に突入したソ連軍は、ハーフトラックを使用したドイツ軍の機構擲弾兵部隊の有効性をまのあたりにした。また、歩兵を伴わない戦車は敵歩兵による近接攻撃に対して脆弱であること、貧弱な戦車の外部視察ではカムフラージュされた対戦車の撃破以前に発見すら覚束ないことを実感した。しかし歩兵戦車に随伴させるとしても、当然ながら徒歩では戦車スピードにはついていけない。トラックに搭乗させても、路面状態が悪ければ行動不能になってしまい、かえって戦車部隊の足を引っることになる。しかしソ連に新たに装輪装甲車を生産する余裕はなかった。このため間に合わせとして戦車体やに手すりを多数取り付け、歩兵を直接戦車に乗せて共同行動をとらせた。これがタンク・デサントである。これはある程度成功を収めたが、当然ながら同乗歩兵には多大な出血を強いたので、戦後すぐにソ連歩兵用の装甲車両(BTRシリーズ)の開発に着手した。[1]

ソ連専門の戦術ではなく、に移動だけであれば戦中の日本軍ベトナム戦争時のアメリカ軍も乗って移動というのは多かった。第二次世界大戦後でのタンクデサントは、歩兵輸送車両地雷対策が進まない中、一網打尽にされないようと戦車どころか兵員輸送の上に乗る事が多かったらしい。

尚、戦後ソ連は兵員輸送の生産に注したが、居住性どころか生存性もあまりよろしくなかったようで、実際の戦闘では兵員輸送の上に乗る事が好まれた様子。流れ弾に当たる確率より、直撃でも逃げられる方が生存率が高くなるとかなんとか。どういうことだ。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *「特集 ワルシャワ条約機構諸の装輪装甲車 PART1 第2次大戦後の開発史と各概要吉田直也 PANZER 1988年3月

掲示板

  • 27ななしのよっしん

    2018/02/06(火) 02:31:14 ID: WMzSQlyl0q

    こういうのって日本軍もよくやっていたのなぜかソ連ばっかりネタにされるな
    アメリカ映画ゲームには戦車に乗って突撃してくる日本兵はよく出てくるけど

  • 28ななしのよっしん

    2018/06/27(水) 20:27:16 ID: ukl6PY+88a

    タングデサント兵の寿命とか死亡率の話って一般赤軍歩兵に当て嵌めても通用しそう

  • 29ななしのよっしん

    2019/01/21(月) 10:41:03 ID: a5Wm+teOcF

    >>5
    >突入させられる。

    この一言だけでもうおいっぱい

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP