安全地帯単語

アンゼンチタイ

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

安全地帯とは、

  1. 危険のない地域。交通量の多いで、道路標識などにより安全な場所として示されている路上の部分。
  2. アクションゲームシューティングゲームにおいて、敵の攻撃が当たらない地点。「アンチ」「安地」とも。
     →「安地」の記事をご覧ください。
  3. 日本バンド。本稿で詳述する。
  4. 遊戯王OCGの永続カード。《安全地帯/Safe Zone》。
    →「超時空戦闘機」の記事もご覧ください。

概要

玉置浩二を中心に北海道旭川市1973年に結成。グループ名は、交通標識の「安全地帯」からメンバーが「Victory勝利)」の頭文字「V」を連想した(下部「お絵カキコ」参照)ことに由来。玉置高校中退した1974年から、屋を築したスタジオでの合宿でグループとしての実を磨きながら地元の音楽コンテストで多数の賞を獲得。単独ライブでは1000人以上の観客を集めるなど、北海道のNo.1アマチュアバンドとして広く知られた存在となる。

モップスのギタリストである勝を通じて紹介された井上陽水ツアーバンドとして上を果たし、幾つかのメディア出演を経て1982年シングル黄色のスナップ』でデビュー。翌年に発売された『ワインレッドの心』がオリコン週間ランキング1位、翌年の年間チャートでは第2位を記録する大ヒット。一躍スターダムに上り詰める。

続く『予感』『熱視線』もヒット1985年、『悲しみにさよなら』がグループとして2度オリコン週間ランキング1位をはじめ、日本レコード大賞賞(大賞は中森明菜の『ミ・アモーレ』)、TBSザ・ベストテン』の年間1位など多数の賞にく。8月31日9月1には、横浜スタジアムで2日連続の野外ライブを成功させる。大晦日にはNHK紅白歌合戦に出場。さらに、11月リリースした『安全地帯IV』は、翌年のオリコン年間アルバム売上で第1位を記録。

その1986年は、玉置俳優デビュー作となる映画『プルシアンブルーの肖像』の主題歌をはじめとした4枚のシングルリリース8月には師匠である井上陽水とのジョイントコンサート明治神宮野球場で開催。大成功の余韻も冷めやらぬ中、12月にはLP3枚組・36曲収録の超大作アルバム『安全地帯V』をリリース。年末の発売であったにも関わらず、驚異的な売り上げで1986年度のレコードセールスでトップを記録。また、香港を中心として台湾韓国でも楽曲がカバーされ人気が沸騰。現地でのコンサートツアーも敢行されるなど、名実共に日本トップグループとしてアジア圏にまでその名をかせる。

1987年4月21日からライブ聖地日本武道館で5日間連続のコンサートを挙行。3月には武沢が、7月には玉置ソロデビュー。以降はメンバー個々での活動機会が増えていく。翌1988年には正式にバンド活動の休止を宣言。

その後は数度にり長期休業と再会を繰り返し、2010年全復活宣言。2017年5月31日には、デビュー35周年を迎えるにあたり、グループ初となるオールタイムベストアルバムリリースと同時に、グループとしては4年ぶりのツアー開催が発表された。11月23日・24日の2日間は実に7年ぶりとなる日本武道館で、さらに12月9日には8度となる香港での演である。

現在の所属レーベルソニーミュージック内の自レーベルSALTMODERATE(「塩分控えめ」の意)。オフシャルファンクラブらびファンクラブ会員向け会報の名称は玉置の名前から取った「Cherry」。

1982年4月ドラムス田中裕二が再加入して以降、35年間でメンバーチェンジは一度もなく、5人組のバンドとしては世界で最も長く同じメンバーで活動している音楽グループである。

メンバー

ディスコグラフィー

シングル

  1. 黄色のスナップ(1982年2月25日)
  2. オン・マイ・ウェイ(1982年10月25日)
  3. ラスベガスタイフーン(1983年4月1日)
  4. ワインレッドの心(1983年11月25日)
  5. 真夜中すぎの(1984年4月16日)
  6. マスカレード(1984年7月25日)
  7. 予感(1984年10月25日)
  8. 視線(1985年1月25日)
  9. 悲しみにさよなら(1985年6月25日)
  10. い瞳のエリス(1985年10月1日)
  11. ルシアンブルーの肖像(1986年7月1日)
  12. 井上陽水・安全地帯名義/の終りのハーモニー(1986年9月25日)
  13. Friend(1986年10月21日)
  14. 好きさ(1986年12月3日)アニメめぞん一刻2代目OP
  15. じれったい(1987年4月21日)
  16. Juliet(1987年12月2日)
  17. に濡れたふたり(1988年3月10日)
  18. I Love Youからはじめよう(1988年6月21日)
  19. 微笑みに杯(1988年8月25日)
  20. 情熱(1990年11月7日)
  21. いつも君のそばに(1991年11月6日)
  22. あの頃へ(1992年12月2日)
  23. ひとりぼっちエール(1993年2月10日)
  24. い(2002年7月10日)
  25. 反省(2002年12月4日)
  26. 雨のち晴れ(2003年9月18日)
  27. バラ(2010年3月3日)
  28. オレンジ(2010年5月5日)
  29. 結界(2011年8月24日)

アルバム

  1. 安全地帯I Remember to Remember(1983年1月25日)
  2. 安全地帯II(1984年5月1日)
  3. 安全地帯III〜抱きしめたい(1984年12月1日)
  4. 安全地帯IV(1985年11月24日)
  5. 安全地帯V(1986年12月14日)
  6. 安全地帯VIに濡れたふたり(1988年4月10日)
  7. 安全地帯VIIの都(1990年7月25日)
  8. 安全地帯VIII太陽(1991年12月11日)
  9. 安全地帯IX(2003年10月22日)
  10. 安全地帯XI Startsまたね…。」(2010年5月26日)
  11. 安全地帯XII(2011年9月14日)
  12. 安全地帯XIII JUNK(2011年11月16日)
  13. 安全地帯XIV~The Saltmoderate Show~(2013年3月6日)

ベストアルバム

  1. 安全地帯 BESTI Love Youからはじめよう(1988年12月10日)
  2. 安全地帯BESTII-ひとりぼっちエール(1993年8月25日)
  3. THE VERY BEST of 安全地帯(2001年6月21日)
  4. 安全地帯 COMPLETE BEST(2005年3月23日)
  5. 安全地帯 ゴールデンベスト(2006年7月5日)
  6. ALL TIME BEST(2017年5月31日)

ライブアルバム

  1. ENDLESS(1985年4月25日)
  2. スターダスト・ランデヴー井上陽水・安全地帯LIVE AT 宮(1986年11月5日)
  3. 安全地帯LIVE(1987年6月10日)
  4. ONE NIGHT THEATER 1985(1998年8月19日)
  5. 安全地帯VI LIVEに濡れたふたり〜(2005年11月9日)
  6. 安全地帯 “全復活” コンサートツアー2010 Special at 日本武道館 ~Start & Hits~「またね…。」(2010年12月8日)

関連動画

公式PV

ライブ映像

その他

関連商品

オリジナルアルバム

ベストアルバム

ライブアルバム

企画盤

DVD/Blu-ray

関連ニュース

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/26(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/26(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP