テトリス単語

テトリス

3.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テトリスキリル文字ТЕТРИС ラテン文字TETRIS)とは、世界一有名なコンピューターパズルゲームである。

概要

テトリス

いわゆる「落ち物パズルゲーム」の元祖。「上から落ちてくる7種類の『4個の正方形で構成された多ブロック(=テトミノ tetrimino)[1]』を操作して、埋まった横列のみが消えるのを利用してテニtennis)のラリーのようにひたすら消し続けていく」という単純明快なルールと直観的な面さで世界規模で大ヒットした。

1984年旧ソビエト連邦ロシア科学アカデミーコンピュータ工学センター人工知能音声認識研究をしていたアレクセイレオニードヴィチ・パジトノフ(Алексей Леонидович Пажитнов)が同僚の伝手で知り合ったモスクワ州立大学インターンヴァジーム・ヴィークトロヴィチ・ゲラーシモフВадим Викторович Герасимов, 2003年MITで博士号を取得)と共同開発。その版権をこのゲームのために創設された営のコンピュータ機器貿易企業エレクトロノルクチェフニカЭлектроноргтехника略称エロールクЭлорг))が一元管理していた。このため、あれだけの世界ヒットにも係らず、パジトノフ個人は後にアメリカで自身の会社を立ち上げて特許を取得・管理するまで給料以上の対価を1コペイカも受け取っていない(なお1コペイカ=1/100ルーブル、当時のレートで約4銭)。
 
日本では1988年BPSパソコン版とファミコン版を発売、セガアーケード版をリリースした。
翌年に任天堂が直接エロールクと交渉し、家庭用ゲーム機向けの独占販売契約を結びゲームボーイ版を発売。
これがGBキラータイトルとなり、日本だけで424万本を出荷した。 

それに対し、元々家庭用ゲーム機向けに販売していたアタリゲームズ(テンゲン)が任天堂を提訴するも、任天堂側もアタリを逆提訴するなど徹底抗戦の構えを見せた。結局アタリが取得していたのは、ハンガリーアンドロメダソフトウェアからイギリスミラーソフトを経由して取得した IBM PCとその互換機向けの三次版権だったことが判明し、家庭用ゲーム機向けでなかったことでアタリ全敗訴となった。
これによりアタリから取得した四次版権を以てメガドライブ版を開発してたセガ開発中止を余儀なくされた。ただし、メガドライブ版は出荷できる状態でお蔵入りしていたらしく、海外で製品版に近い形で海賊版として流出していた他に製品版そのものが流出しており、ゲームラボで紹介された等、少なくとも最低でも二つはセガから流出していたとみられる。

ソ連が解体してロシア共和国連邦となってから約4年後の1996年1月、テトリスの特許権取得(とヨッシーのクッキー海外移植版のデザイン)の為に5年前から渡していたパジトノフ[2]は、かつてゲームボーイ版テトリスの版権取得と移植開発に携わっていたヘンク・ブラウワー・ロジャーHenk Brouwer Rogers[3]と共同で「テトリス・ホールディン(Tetris Holding LLC)」と版権管理用の子会社ザ・テトリス・カンパニー(The Tetris Company Inc.)」を設立、民営化していたエロールクと提携を結んで版権販売を手がけるようになる。
これ以降はゲーム機カテゴリーにおいて独占販売権を付与することはくなった為、MD版販売を断念していたセガACにて「セガテトリス」をリリースできるようになった。1997年頃には、キーホルダータイプのテトリスが遊べる小さな玩具が発売され、これも大ヒットする。

2002年、それまでプラットフォームやメーカーによって細かい部分が異なっていた、操作方法やルールを統一するガイドラインが設けられた。その後2005年2008年2010年に一部定されている。

2005年エロールクはザ・テトリス・カンパニー社に1,500ドル(当時のレート15.5億円)で買収された。

ニコニコ動画におけるテトリス

幅広い層に受け入れられ、もが知っているゲームであることから、プレイ動画よりもテトリスを題材とした動画作品が多い傾向が見られる。

プレイ動画ではBPS社が発売したテトリスシリーズ(『テトリス2』『スーパーテトリス2』など)や、アリカ社のテトリス『ザ・グランドマスター』(通称TGM)のプレイ動画が多い。特に後者20Gという、1フレームで20ピース分の速度(つまりブロックが出てきた時点で一番下に来る)で落ちてくる事と、永久ループを敢えて止した上でクリアラインを設け、スコアよりもクリアラインに到達したタイムを競う事を的としていることから上級者に受け入れられ、根強い人気を誇っている。

2007年頃までテトリスのとあるクローンゲーム改造動画が大量に上がっていたが、現在の版権元であるテトリスカンパニー著作権にあたる可性があったことから、このゲーム移植元となったTGM開発会社であるアリカ改造動画を一斉に権利者削除。この件を受け、改造元のクローンゲーム開発した作者ソフト開を停止したという経緯があった。
以降、(少なくともニコニコ動画では)2012年現在でも改造クローンゲームプレイ動画はおろか、上原テトリス壊リスなどと言ったテトリスのルールから外れたゲームを除き、テトリスのクローンゲームを見かけることは事件が発生した当初よりもかなり少なくなったと思われる。

ニコニコ生放送におけるテトリス

ニコニコ生放送で「テトリス」というと、オンライン向けの『テトリスオンライン』(特に「みんなでテトリス」)をすことが大半である。簡単に登録できる上要されるスペックの低さから現在パソコンプレイできないものはどないと思われるが、多人数大戦ができる「みんなでテトリス」はWindows専用である。しかし生放送では人気があるこの『テトリスオンライン』は、動画としての知名度となると上記の庭用タイトルには及ばない部分が多い。しかしながら上級者同士の対戦動画などが定期的再生数を上げている模様。

※『テトリスオンライン』は2011年7月5日サービスを終了。現在は『テトリスオンラインポーランドexit』でプレイが可

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *テトリミノは造語で、数学では同様の多形をテトミノ(tetromino)と称する。つまり正方形の個数4を表すギリシア語の数詞に接尾辞~オミノ(-omino, ドミノに由来)を加えたもので、連格多面体(ポリオミノ、 polyomino)の一種。
  2. *なおパジトノフは同年から2005年までマイクロソフトに入社し、幾つかのパズルゲーム製作に関わっている。
  3. *1983年日本ソフトメーカービービーエスを設立し、最初期のJRPG『ザ・ブラックオニキスシリーズヒットさせたことでも有名。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP