今注目のニュース
副業で不安に感じていること1位「税金の処理が面倒」、2位「本業に支障が出そう」
学校に行くべきではないのは"いじめっ子" はるかぜちゃん「不登校で社会復帰できなくなる人もいる。なぜ被害者が不利益を被るの?」
企業の4割「新卒内定者の3分の1以上が辞退」 「内定までなんとか持ち込めるが、その後他社比較の上で断られる」

ドラえもん のび太の宇宙開拓史単語

ドラエモンノビタノウチュウカイタクシ

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
1980年 1981年 1982年
のび太の恐竜 のび太の宇宙開拓史 のび太の大魔境

『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』とは、映画ドラえもんシリーズ第2作である。1981年3月14日開。

題歌は『心をゆらして作詞武田鉄矢、歌:岩渕まことエンディングテーマは前年と同じく『ポケットの中に』。

概要

大長編映画ドラえもん共に第2作となる作品。大長編では初の宇宙舞台となる作品である。また、数少ない日常生活を送りながら冒険をする作品の1つでもある。ジャイアンスネ夫しずかちゃんの出番も少なめ。

2009年に『新・のび太の宇宙開拓史』としてリメイクされている。

あらすじ

のび太は不思議な夢を見ていた。巨大な猛宇宙戦艦に追いかけられる小さな宇宙船の夢だ。を覚ますとジャイアンたちに呼び出され、中学生に占拠されたき地を取り返す交渉約にされてしまう。交渉に失敗したのび太は逃げる最中に気絶してしまい、再び夢のつづきを見る。を覚ませば今度はジャイアンスネ夫に責められ、しずかちゃんに相談した結果、ドラえもんが新しい遊び場を探すことになる。
安心して床についたそののび太の部屋の畳から何かが飛び出した!

ゲストキャラクター

ロップル (CV:菅谷政子)
コーヤコーヤの開拓民の少年宇宙船を操縦して買出しに行ったりしている。父親の遺したショックガンを持っているが、腕はからっきし。
チャミー (CV:杉山佳寿子)
ウサギのような人を話せる生物。ロップルくんの相棒的な立場。自分の背より大きいハンマーを振り回したりも出来る。大長編映画ではの形が違う。
レム (CV:小山茉美)
ロップルくんののび太あやとりを教えてもらう。
ロップルの (CV:塚田恵美子)
ロップルくんとクレム母親。夫は亡くしているらしい。
ムラン (CV:二見忠男)
ロップルくんの隣人隣人とは言っても数メートルは離れているようである。
ブブ (CV:山田栄子)
ムランの息子。クレムと仲良くなっていくのび太嫉妬している。
ホーガント (CV:内海賢二)
ガルタイト工業の主任。コーヤコーヤ移民をあの手この手で追い出そうとする。
ゴス (CV:今西正男)、メス (CV:北村弘一)
ガルタイト工業のでこぼこコンビ毎度悪事を働いてはのび太ドラえもんに成敗されてしまう。
ギラーミン (CV:柴田秀勝)
ガルタイト工業本社が雇った殺し屋コア破壊装置をなく使う冷酷な男。大長編ではのび太一騎打ちをし、のび太を「ただのチビじゃない」と評した。

スタッフ

1981年版

2009年版

備考

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2018/10/25(木) 21:41:03 ID: yQfG9vx9pI

    ガルタイト鉱業
    部下ゴスとメスの失敗報告に対して次の示を出し、数度の失敗報告を受ける頃にはそれを先読みしてピンチヒッターを手配済みの主任ホーガント。
    そしてそれを承認、ギラーミンを速に派遣する本部。
    優良企業の可性。

  • 26ななしのよっしん

    2018/11/05(月) 22:15:33 ID: d+TCvQARBZ

    普通犯罪まがいのことやってる地上げ屋会社なんで
    そういう「新な線で見れちゃう」的コメントノーサンキュー

  • 27ななしのよっしん

    2019/05/31(金) 15:43:54 ID: ten1KRgOLd

    >>22 また再びリメイクして、決闘シーンがほぼ再現しても、肝心の声優が本職声優ではない、悪ければ演技の下手な人になりそう……

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP