ヒュンケル単語

ヒュンケル

  • 7
  • 0
掲示板をみる(321)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヒュンケルとは、漫画DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」に登場するキャラクターである。
CV:堀秀行(1991)、梶裕貴(2020)

概要

HP:1魔王軍不死騎団長アバン使徒でもある魔剣戦士21歳。

孤児になっていたところを、旧魔王軍の地獄騎士バルトスに拾われ育てられていたが、当時の勇者であったアバンが殺されたと誤解した事から彼に恨みを持つ様になる。
以後復讐の為にアバンに師事、卒業時に彼を殺しようとするが失敗しに投げ出された所を魔参謀ミストバーンに救われ、以降は彼に師事していた。

魔王軍不死騎団長となりパプニカを壊滅、支配下においていた所にバーンからダイ殺の勅命が下り、ダイ一行と戦い一度は圧倒するものの、地底魔城内の闘技場にける戦いで魔法を編み出したダイ敗北
その際にの死の相を知った事と、マァムの慈の心に触れた事で心。
以後はアバン使徒として魔王軍と戦う事となる。

物語終盤にいて発動した「大破邪呪文(ミナカトール)」に必要な「5つの魂」の一となり、その時の魂の徴が「闘志」であった事から「闘志の使徒」と呼ばれる事もあり、彼のチート級とも言える不死身ぶりも闘志から来るものである。

作者によれば「ヒュンケル」という名前は「ヒュンとを振る」イメージから名付けたとのこと。

主な技

武器

 

父の死の真相

彼の養であったバルトスを倒したのはアバンではなくハドラーである。
アバンハドラーの下へ行かせるという失態を犯した為に処刑されており、その際に「失敗作」「不良品」と罵倒されていた。
地底魔城に秘匿されていた魂の殻によりその事実を知る事になるも、直後は受け入れられなかったが、ダイに敗れた後にこの事実を受け入れる。フレイザード乱入により地底魔城と運命を共にする所をクロコダインに救われ、以後贖罪のために魔王軍と戦う決意を固めるのである。

なお、バルいてハドラーと戦っており、一度は彼を倒している。

不死身の男

最大の特徴は「敵から寝返り、不死身と呼ばれ、暗で戦う、主人公より強めに設定されたキャラ」という設定、おまけに「に任せてお前達は先に行け」なシーンがあったりと、どう考えても死亡フラグの塊というキャラであり、実際作中で幾度も致命傷を負ったり主人公ったり行方不明になったりするのだが、結局は最後の最後まで戦い抜いたキャラクター
原作中でHP1の状態で死なずに敵を倒したことをはじめ、死亡フラグどころかどう考えても死んでるだろこれという状況でも死ななかったそのしぶとさは最ネタレベルであり、作者自身も彼を自然な展開で死亡させるパターン全に失ったのではないかと思われるほどである。

どんな死亡フラグも効果がい正正銘の不死身キャラと言って間違いない。

そのため、これが転じて死にそうで死なないTAS動画格闘ゲームなどのタグに付けられる事がある。

関連動画

※「死にそうで死なない」ネタタグとして「ヒュンケル」が使われた動画の一例

関連項目

無関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 319ななしのよっしん

    2020/09/30(水) 00:00:17 ID: 61tWEzW8ve

    >>316
    ありがとうございますキャストには書いてなかったですね

    アニメでは幼少ヒュンケルが演じるんだろう。ちょっとしか出番がないとはいえ重要だよね

  • 320ななしのよっしん

    2020/10/03(土) 01:52:36 ID: 5qkHRs8QeV

    新装版描き下ろしのヒュンケルが才牙使えそうな

  • 321ななしのよっしん

    2020/10/03(土) 12:21:46 ID: nUIgYMGTqT

    アニメでは梶さんはヒュンケルの内面の弱さや繊細さを伝えたいと言っていたが
    OP見るにそんな感じがした
    個人的にヒュンケルの内面へスポットが当るのはとても嬉しい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP