ラウダ・ニール単語

ラウダニール

1.2千文字の記事
掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラウダ・ニールとは、テレビアニメ機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物である。

CV大塚剛央

概要

アスティカシア高等専門学園パイロット科3年。ジェターク寮副寮長。隙あらば前の分け(左)を右手触っている青年

ベネリットグループ御三家企業ジェターク・ヘビー・マシナリー(ジェターク社)CEOヴィム・ジェターク息子だが、別姓である。
グエル・ジェタークとは異母兄弟の関係あり、同学年ながらグエルの方がでラウダは。初期の時点ではジェターク姓を持つグエルがジェターク寮長兼決闘委員会メンバー「ホルダー」と立場が上であったため、下級生フェルシー・ロロペトラ・イッタと共にグエルの連れ添いというポジションでしかかった。

グエルが会社の後継、ミオリネ・レンブランの婚約者という立場にありながらドミニコス隊のエースパイロットさんとする野心なのに対し、のラウダは冷静で理性的。義という立場もあってか、ヴィムの示には忠実的である。
グエルに対しては基本不干渉だが、会社やグエルの立場に関わることは肯定的になるように動く。また、「兄さんはどんな不利な条件でも決闘を拒まなかった。ガンダムならどうにか出来るだろ?」などの台詞から、グエルに対するリスペクトを貫いている。

しかし当のグエル決闘にてガンダム史上最速の三連敗スレッタ・マーキュリーエラン・ケレス敗北を喫したことでグエルがジェターク寮から追い出されてしまう。ついでに自身のディランザを勝手に使われてコマ切れにされた。
後を託されたラウダはジェターク寮長と決闘委員会のメンバーの座を引き継いだ。

このような経緯がありながらも、グエルに対する重い兄弟リスペクトは健在であり、むしろ第3話以降スレッタに対するヘイトを高めていく。
というのも、グエルスレッタとの決闘で勝っていればホルダーの座は守られ、愚鈍な女スレッタに婚約を申し込むこともかった。ジェターク寮追放の原因となったエランとの決闘的も、彼に対するスレッタへの接近禁止と全に私情で動いていた。
結果ラウダ線で見ると、グエルが落ちぶれたのはスレッタのせいということになる。

そのため、とある戦いでスレッタが追い詰められた時、立会人でありながら「墜ちろ!水星女ァ!」と、同席していたセセリア・ドートドン引きする程の変っぷりを見せていた。

搭乗MS

現状、本編ではMSに搭乗していない。
一応、専用機のディランザがあったのだが、グエルが勝手に搭乗して使い物にならなくなってしまった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/02(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/02(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP