今注目のニュース
生後11ヶ月の息子を盾に我が身を守った鬼畜父親 「撃たれたくなかった」
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?
ズボンをはかない息子を怒鳴るも…息子の“大人”対応で怒り方を反省した漫画 「涙が…」

別冊少年マガジン単語

ベッサツショウネンマガジン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

別冊少年マガジンとは、講談社が発行する刊の漫画雑誌である。毎9日発売。定価540円(税込)
略称別マガ

概要

2009年9月創刊。刊誌としては較的新のほうで、そして刊誌の中でも特に厚い。
※これ書いてる時点の最新号2013年10月号はとりわけ厚く、974ページもある。
創刊号の表雷句誠どうぶつ」。「金色のガッシュ!!」以来の連載として注を集める。

毎号「一番新しい冒険の書」と銘打っており、現代舞台のものも含め、ファンタジー要素のある漫画が多め。
ジャンルバトルギャグ恋愛エッセ漫画小説といろいろで、執筆も新人や若手がやや立つが、ベテランも多数参加している。

テーマがあるとすれば、創刊時に初代班長が作家たちに伝えたお題絶望が挙げられる。これは強い夢や希望を伝えたいという前提があり、そのために絶望が必用という考えによる。
実際には雑誌が掲げるテーマではないようだが、初期の連載から広がるように現在も受け継いでいるように見える。

また別冊の名が示すように、編集部は週刊少年マガジン,マガジンSPECIALと共通である。そのため週刊、マガジンSPECIALとは互いに連載の移籍や番外編の掲載がよく行われる。

発行部数は表していない。創刊号20万部で、以後は落ち着いた数字で推移していたようだが、連載のアニメ化などあって部数を伸ばしてきたようで、2013年9月号でついに創刊号を越えたとのこと。

進撃の巨人

別マガの話題で避けて通れないのが創刊からの連載である進撃の巨人の存在だろう。

作者は当時名の新人だった諫山創。創刊時にカラーページで載った作品の一つではあるが、創刊前には全く話題になっていなかった。
だがその強い絶望に満ちた内容、存在感のある絵柄でく間に評判となり、創刊6号にしてくも表を獲得する。しかも主人公ではなく巨人を中心に描いた大胆なものだった。
創刊半年の雑誌で、コミックスすら発刊されていない新人が表というのは極めて異例のことであり、当時は反対もあったというが、その後も巨人の勢いは全く衰えず、しばらく「表のどこかに巨人が載ってる状態」が続いたりした。

現在も「進撃の巨人」のみ単行本発売には先号の掲載分を再掲載し、「単行本の続きが雑誌で読める」という特別措置を行っている。これもまた異例である。

略称について

「別マ」の略称で知られる集英社の「別冊マーガレット」を「別マガ」と呼ぶ人もおり、稀に混同もあったようだ。
別冊マーガレットは別冊少年マガジン創刊よりずっと前から「別マ」で定着しており、別マガの登場によって大きな問題となることもなかったが、明確に識別する方法も特に確立されていない。
もちろん別冊少年マガジンを「別マ」と呼ぶことはまずない。

主な作品

大百科に作品または作者の記事があったもの中心。暫定で作者名順。

コミカライズも多い。
内容は原作に沿ったものと、実質オリジナルの両方がある。

関連動画ほか

終了生放送

別マガ感謝祭 参加作家 特別試し読み(ニコニコ静画)

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2016/04/18(月) 14:38:36 ID: aazbQ1r/k7

    >>lv259691226exit_nicolive

  • 7削除しました

    削除しました ID: aazbQ1r/k7

    削除しました

  • 8ななしのよっしん

    2019/09/24(火) 22:30:20 ID: Q+7KiNJZwy

    今思うと新人の初連載が日本トップクラス人気漫画になったんだよな
    編集がいいのかね

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP