今注目のニュース
お風呂場から謎の異臭が… その正体にショックで動揺してしまった
キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

同級生2単語

ドウキュウセイツー

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
【注意】 このページには18禁ゲームに関する記述がされています。
また、一部ネタバレに繋がる記述もされております。

同級生2とは、élfから発売されたアドベンチャーゲームである。

1995年パソコンゲームとしてMS-DOS上でプレイするPC98版、DOS/V版が発売された後に家庭用ゲーム機を含めさまざまな媒体で発売されており。OVAも発売された。

PCでの全作品及びPC-FX版は18禁定。セガサターン版は18歳以上推奨、スーパーファミコン版及びプレイステーション版は全年齢対である。

現在DMMダウンロード販売よりWindows版が入手可

OVA版が発売されている。OVA版の再編集版がテレビ放送されている。

本項ではPC98版を中心に説明する。

概要

同級生」の続編となる本作は、前作同様原画に正樹シナリオを蛭田人が担当。ゲーム性は似ているものの、ヒロインの1人を除き本作とは繋がりがい。

今でこそゲームメディアDVD等大容量のROMに収められ、1枚もしくはせいぜい数枚のディスクの入れ替えでインストール了したり、近年はダウンロードでの販売から入手しクリックのみでインストール了などゲームを始めるまでの煩雑さはかなり軽減されたが、当時のゲームフロッピーディスクでありインストールにはフロッピーディスクの入れ替えを要しかなりの時間と手間がかかった。このゲームは11枚組のフロッピーディスク。年々ボリュームが増え内容が充実しそれを喜ばしく思う一方、ユーザーの手間も年々増えていた時代である。

また通常の起動ではほぼメモリき容量が足りず、config.sysautoexec.batをいじった起動ディスクを用意したものである。

機種の制約上16色CGではあるが、それを感じさせない美麗グラフィックで当時のエロゲとしては最高準であった。

舞台高校生活最後の冬休み。この期間中にヒロインとの親交を深め好感度を上げ、またイベントクリアすることにより3学期の始業式にヒロインの一人と付き合う事が標である。攻略キャラは15人で一部同時攻略も可

ゲームプロローグ本編エンディングパートに分かれている。

クリア後はGirls roomにてイベントCGの閲覧が可である。

購入後の応募用を送るとおまけスペシャルディスクが入手できた。これには「マハート世界」「鳴沢の居」「卒業生」「攻略コーナー」が収録されている。

1996年1997年にかけて雑誌の発売予定のソフト欄に発売日未定ながらも続編となる「同級生3」が掲載され、また原画も数枚開されファンはその発売を心待ちにしていたが、未定のまま「同級生3」の文字が消え開発中止となった。

プロローグ

プロローグ冬休み一週間前の放課後、居眠りをしていた主人公が親友の川尻あきらに起こされるところから始まる。

ここでは全てテキスト欄に表示される選択肢から選び話を進めていくのだが、どの選択肢を選んでもゲームオーバーとはならず話が進む(話が進む選択肢が選ばれるまでそのシーンループする)ようになっている。また、どの選択肢を選んでも本編の好感度には影されず、人物の相関を紹介するパートである。

なお、このプロローグ部分を省略して本編からプレイすることも可である。

本編

オープニングの後に始まる本編冬休み初日、12月22日午前8時の自室からスタートする。プロローグとは違い画面をクリックしてゲームを進めるアイコンクリック方式である。

基本的に建物内の移動が5分、マップ移動が15分で、場所を動かなければどれだけ探索しても時間が経過することはない。学校内の移動にいては注意が必要で8時を過ぎると建物内に閉じ込められるが、1フロアの移動でも5分経過するためギリギリまで探索していると学校内で一夜をすごす羽になることある。

あきらから誘われる温泉旅行に行くか否かで攻略キャラが大きく変わる。これは普通に探索していれば誘われるイベントであるが断ることも可である。

所持の概念があり攻略する上で必要なものではあるが、中に落ちていたりクイズに正解すると貰え、多数を同時攻略しないかぎりは神経質になる必要はない。

自室で寝るとセーブ日記帳に記載するという設定)できるが、初期は1ヶ所。様々なところで日記帳を入手することで最大5ヶ所までセーブできる。

エンディング

冬休み終了後、3学期の始業式がエンディングとなる。このパートではまずヒロインから告白され、告白を断ったり告白してくるヒロインが居なければ自ら告白するヒロインを選ぶこととなる。

ヒロインからの告白に対して主人公は一人を除き拒否することができる。

ヒロインからの告白を断った場合、自らが告白するヒロイン選択肢にそのヒロインが挙がらず選択することはできない。またゲーム中に登場しなかったキャラにも当然告白はできない。

自らが告白するヒロイン選択肢から一人のみである。

ヒロインからの告白を了承したり、自らが告白するヒロインが一定好感度と必須イベントクリアしていた場合はそのヒロインと付き合うこととなり、付き合った後のエピローグとともにエンディングを迎える。ハッピーエンドとなる条件は好感度が14もしくは15(最大値は15)で必須イベントを消化していること。

主人公は振られた場合は卒業式を一人で迎えるエンディングとなる。

登場人物

ヒロインは、クリア後のGirls roomで表示される上段左→右、中段、下段の順に紹介。

主人公:りゅうのすけ(名前変更可能)

八十八(やそはち)学園3年生。幼くして母親をなくし母親代わりの鳴沢美佐子とそのと同居している。父親は考古学者で、仕事のためほとんどに帰って来ない。

エルフ作品の主人公の特徴として、ケンカに強く正義感にあふれ、女好き。一方でそれまで彼女が居ない。貌は痩せCGでは前全に覆っており顔全体を伺うことはできないということが挙げられるが本作品の主人公の特徴も同様である。
尽蔵。一晩中八十八町と隣の如月町とを往復しようと、最大8時間の工事現場での肉体労働を繰り返そうと、絶対にぶっ倒れることがない。下級生シリーズと違って門限なんて物はないのでに強制送還されることもまずない。しかしセーブでしか出来ないし自室で重要イベントが起こる場合もあるので、ちゃんとには帰ろう。


鳴沢美佐子

主人公と同居人にして母親代わりの存在

主人公庭とは逆にくに旦那を亡くしたが、大学時代の友人である主人公父親からの頼みにより、と共に主人公と同居するようになる。また、普段は自宅で喫茶店を営んでいる。

クリアに関してはかなり困難なヒロインであり、後述の杉本桜子とのイベントを同時に進めなければならない。

田中美沙

前作「同級生」から登場する一のキャラクター

設定としては「同級生」の主人公であるたくろうと一度結ばれたが、喧別れをしフリーの身。友人の鈴木美穂に会うために八十八町に来たということである。

前で偶然ぶつかった主人公とたくろうが似ていた事で主人公に魅かれ2度はわざとぶつかり接近してくる。

2度にぶつかった後ある約束をさせられるのだが、約束を守れば攻略であり較的難易度は低い。

安田愛美

保育園保母さん

八十八学園の体育教師である道新幹線に一ぼれされ付きまとわれるのだが、主人公がそれを助け親密になる。

彼女の事を考える言動を普通に行えば攻略であり難易度が最も低い一人。

都築こずえ

八十八学園1年生

主人公に憧れおりデートまでは簡単に進められるのだが、そのデートでのお酒である失敗をし主人公を見ただけで逃げ出すほど嫌われてしまう。仲直りするまで地に進めなければならないヒロインである。

また、このデートでの失敗で悪い噂が広まり他のヒロインの好感度が軒並み下がってしまうため、こずえと他のヒロインを同時攻略することが難しくなってしまう。

篠原いずみ

八十八学園3年生で弓道部に所属

主人公とは親友でありボーイッシュな性格

あきらに誘われる温泉旅行いずみを誘うことができればエンディングを迎えることができ難易度が最も低い一人である。

片桐美鈴

八十八学園の教師主人公クラスの担任

彼氏と気持ちのすれ違いで別れ落ち込んでいたところ、主人公が慰め結ばれる。

八十八学園内のみならず中でのイベントクリアしなければならない。

野々村美里

業のバスガイド

彼氏は居るのだが、温泉旅行で一緒になった主人公の方に魅かれ付き合うようになる。

温泉旅行前に旅行代理店に足しげく通い、美里との親密さを深めておかなければならない。

舞島可憐

八十八学園3年生でありアイドル

トップアイドルファンも多くほとんど学校に通えないほどなのだが、他の女の子同様に接してくる主人公に心魅かれるようになる。

あくまでアイドルではなく一人の女の子として接していれば彼女との仲が親密になっていく。

加藤みのり

八十八学園3年生で主人公と同じクラス

心が強く主人公を含め人を寄せ付けない雰囲気を出す。しかし厚底メガネ彼女を他の女の子同様に接し続けコンビニ店員鈴木ひろ子とも仲良くなっていくとしだいに主人公に心魅かれ、デートで同一人物と明かされる。

このことに対し主人公がだまされたと感じみのりが謝ってくるのだが、選択肢によってはその後に見られるHシーンが変わってくる。

永島佐知子

永島温泉の女将

あきらに誘われる温泉旅行に行くと出うことができる。旅行後に主人公宅へ出をしたの久美子を連れ戻しに八十八町へやってくる。

と同様にイベントを進めて行けば攻略だが、との同時攻略は不可。

水野友美

主人公の隣に住む幼馴染の八十八学園3年生

いずみと親友であり主人公とも仲がよいが引っ込み事案な性格。

クラスメートの芳にあることで付きまとわれるようになり、これを解決することで主人公との仲が深まる。

南川洋子

バイク屋ので学園にもバイクでこっそり通学するいわゆる不良

あきらはこの洋子に惚れており温泉旅行に洋子を誘うために主人公を誘うのだが、洋子を攻略するためには旅行を断らなければならない。

なお、この洋子と結ばれるとエンディングでの洋子からの告白に対して断ることができずそのまま洋子エンディングとなってしまう。

永島久美子

永島温泉の女将である佐知子

都会への強い憧れがあり、温泉旅行で出った主人公の元へ出してくる。

攻略に当たっては途中まで佐知子と共通ルートである。

鳴沢唯

本作のメインヒロイン

主人公同級生なのだが、出会った頃より主人公のことをお兄ちゃんと呼び同居を続けている。

他の学校へ通っていたのだが主人公と共に通学することを憧れ八十八学園に編入した。

との仲が深まったクライマックスで、から飛び出したを追いかけるのだが、そこでの行動で結ばれるか否かが分かれてしまう。

杉本桜子

八十八学園3年生で主人公同級生となるはずだった少女

八十八学園入学直後に入院するようになり、以来3年間病院生活を送っている。

今作で最も攻略が難しいヒロインで、自では攻略どころか出うのも困難なキャラである。

また、仲が深まった後にヒロインと結ばれるためには避けては通れない悲しいイベントが待っている。

サブキャラクター

この作品に登場する立ち絵つきの男どもはである。うかうかしているとヒロインを取られることは必至である。

川尻あきら(かわじり あきら)

りゅうのすけクラスメイト柔道将。体育大学推薦が決まっている。
普段着が全て柔道着(防寒用とか儀礼用とかの区別があるらしい)でテレビっ子という変なところはあるが、基本的にいいである。
しかし南洋子に惚れており、彼への対応が洋子とりゅうのすけ、あるいはその他ヒロインの運命を左右することになる。意外と影が大きい。

西御寺有友(さいおんじ ありとも)

りゅうのすけクラスメイト。八十八町の名である西御寺の跡取り息子で独り善がりとキザを着て歩いているようなボンボンにご執心で、りゅうのすけが鳴沢に居していることが気に入らずいちいち噛み付いてくる。
攻略する上でコイツの動静にも気を配る必要があり、最後の詰めを誤ると見事に横から取られる。

長岡芳樹(ながおか よしき)

りゅうのすけクラスメイト写真部の部室を私物化して女の子の恥ずかしい写真現像室に改造している。恥ずかしい写真を撮ることにんだ情熱を傾ける男。
友美を放置した状態でゲーム終盤に町をうろついているとコイツからとんでもなく屈辱的な報告を聞くハメになる。またみのりの心を開かせられるかどうかもこの男が握っている。
テーマ曲の「デーンデーンデーン…」という強イントロが特徴的だが、スーファミ版では容量の関係で西御寺や先生にもこのテーマが使われている。 

天道新幹線(てんどう しんかんせん)

八十八学園の名物教師りゅうのすけ破天荒な振る舞いを気に入らず何かといびっていたが、2学期終業式直前になって愛美に一惚れしてしまい抜き状態に。愛美ストーキングしている。
愛美を放置していた場合は勝手に患いで倒れるだけだが、中途半端にかまっておいて詰めを誤った場合やっぱり取られてしまう。

ニコニコ動画における同級生2

ニコニコ動画で本作のプレイ動画投稿されているが、アイドルマスターキャラを本作品の舞台に登場させた動画も多数投稿されている。

詳しくは同級生2iを参照。

関連動画

関連商品

18歳未満禁止商品のため紹介は自粛しております。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP