城之内克也単語

ジョウノウチカツヤ

  • 17
  • 0
掲示板をみる(271)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

城之内克也は、「遊☆戯☆王シリーズの登場人物の一人で、主人公武藤遊戯の親友のひとりである。
アニメでの声優は、初代遊戯王東映版)では森川智之氏が、遊☆戯☆王デュエルモンスターズ等では高橋広樹氏が担当している。

城之内くん誕生日おめでと (城乃内>>50)

 

人物

名前の由来は遊戯の遊(ゆう)、城之内(じょう)で、合わせて友情となる為であり、原作者である高橋和希氏の「遊☆戯☆王テーマ友情である」というこだわりから来ている。

最序盤では喧不良少年として知られ、遊戯を「なよなよして男らしくねえ」等と難癖をつけていじめており、彼の「千年パズル」を盗み隠してしまう。
が、悪徳風紀委員牛尾さんに暴行されたところを遊戯に「友達いじめるな」とわれた事で自分の行為と態度を反省し、千年パズルを返してからは遊戯とかけがえのない親友となり、人を殴るのではない強さを学びながら共に様々な「ゲーム」を戦っていく事となるのであった。同時にエロ本の貸し借り等による男の友情も育まれていく。
幼いころに両親の離婚を経験し、庭で中学の頃からアルバイト許可「される」程苦労する環境で育つ。
びたりで典的な駄親父である父親の借の返済と、実のであり眼の病を患っている川井静香(両親の離婚のため城之内とは苗字が異なる)の手術資を得るため、遊戯から出場に必要なカードを分けてもらいながら王へ乗り込むなどして本格的にデュエリストへのを歩んでいくことになる。

初期では他にも賞の為にクイズ・対戦ゲーム番組に出演したり、「借取りから逃げる生活」をしている等のエピソードもあった。ゲームそのものはデュエルを含め、賞いかん関係なく楽しんでいる模様。
なお、東映アニメ版では女装を披露した事があるが、当然の如く(?)大ブーイングであった。

その意外なほど重いエピソードと、当人の「元不良」という設定から来る男気溢れる勇猛果敢な性格から、ある意味遊戯海馬瀬人よりはるかに「一般的なイメージにおける少年漫画主人公」らしい快男児である。
卑怯にも羽蛾に投げ捨てられたエクゾディアを拾おうとに飛び込んだシーンは印深い。
アニメでは当初町内大会で8位という程度の実だったにもかかわらず、性の強運によって厳しい戦いを勝ち進みデュエリストとしての才を開させていった。お調子者的な一面もあり、遊戯チームのムードメーカーとなることも多いが、その性格から何度も謀な戦いに挑戦して敗れ、大怪したり死に掛けたりもしている。
原作終盤でもVS闇マリクでは精を焼き尽くされ敗北するもデュエル内容では勝利しており、後述の伝説のデュエリストとして引けを取らない存在となっている。

自分を「凡骨」「馬の骨」等と呼んで見下す海馬には強い敵対心を燃やしており、アニメオリジナルエピソードで直接対決をしたこともある。

後の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」では「伝説のデュエリスト」と認識されており、更にはペガサスが選んだ世界最高の5人のデュエリストに選ばれている。他の四名は「武藤遊戯」「海馬瀬人」「エド・フェニックス」「ヨハン・アンデルセン」。

使用デッキ・カード

戦士戦士族のカードを好む傾向があり、「炎の剣士」「騎士 ギアフリード」等はその典である。
切り札級の大モンスターギルフォード・ザ・ライトニング」も例に漏れず戦士族である。

全体を通したカードは「真紅眼の黒竜」だが、バトルティ編以降はリリース(生け贄)コストが厳しいため「人造人間-サイコ・ショッカー」が使われる事が多い事を突っ込まれる事も。
記憶編では真紅眼が使用されており、アニメオリジナルドーマ編等でも真紅眼関連のカードの出番が増えている。

ニコニコ動画における城之内克也

ニコニコ動画上のMAD作品では、原作での性格を反映してか「猪木ポーズアニメでは猪木ファンという設定がある)」などを駆使したギャグメーカーとしての立ち回りが多い。対マリク戦などにおける敗北シーンのド手さから、必要以上に酷いに合わされる傾向がある。なお、彼がマリクの「ラーの翼神竜」による攻撃を受けた際の絶叫は、その感から「イワーク」と呼ばれる。
また、王様闇遊戯)が不貞腐れるのを見て「やめろっつってんだろ!」と言って殴るシーンネタにされている。
ちなみに城之内は喧の強さを見込まれ地元の不良グループ仲間に加えようとしていた程の強さだが、彼に殴られた闇遊戯大丈夫だったのだろうか?

原作で対立していた海馬とは、「エネミーコントローラーネタなどを通じて友情を育んでいるようだ。

AGO之内克也

じょうのうち

このAGO城之内城之内を代表する顔芸であり、アニメ中では何度か披露している。なお、この顔はアントニオ猪木の顔真似である。
この顔芸2016年に劇場で開された『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』においても実に十数年ぶりに披露されている。

関連動画

関連静画

関連諸品

関連項目

一般項目

使用カード

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/28(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/28(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP