戦争はヒーローごっこじゃない! 単語

センソウハヒーローゴッコジャナイ

4.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

戦争はヒーローごっこじゃない!とは、アスラン不器用な叱責であり、そして彼に突き刺さるビームブーメランである。

概要

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第16話『インド洋の死闘』における、アスラン・ザラセリフ。彼の命無視し、戦闘力を失った地球軍基地への破壊行動を続けたシン・アスカに対する叱責である。

DESTINY本編どころか『FREEDOM』に至るまで続くアスランシンの不和の始まり、そしてアスラン不器用を描くと共に、人の叱り方の難しさ視聴者に伝える名シーンである。『DESTINY』のアスランセリフの中では番組紹介ゲームなどでの登場も多く、「<お前が欲しかったのは、本当にそんな!?」や「この、馬鹿野郎!」ほどではないにせよ、なんとな~く染みがあるガノタも多いことだろうEXTREME VS.のトゥ!ヘァー!ネタの一部とか)。ただむしろ、シンアスランビンタされるカットを使ったMAD元ネタとしての方が有名かもしれないが……。


シン行動は、指揮官の命無視にほかならず、自分、ひいては所属するザフト全体の立場を顧みない、衝動的なものであった。アスランからビンタを喰らっても悪びれることなく自己正当化を行い、もう一発ビンタを喰らった挙句「ヒーローごっこ」と怒鳴られたのも至極当然と言える(むしろよくこの程度で済んだものである)。
だが一方でシンの側にも、地球軍に徴用され基地建設に従事させられていた挙句、戦闘から逃走するところを地球兵士撃されていた現地民を助けるためという、倫理的には至極もっともな理由もあった。だからと言ってシンの罪状がどうこうするわけではないのだが、アスランはその辺をガン無視して一方的叱責したため、シン(と彼の同僚達)の不を買い、後に組織内で孤立する遠因になる。

ただし、第17話『戦士の条件』において、アスランめてシンと向き合い、この件に関してより詳細な導を行っている。アスランの口下手さを如実に表すセリフとして有名ではあるが、実際にはこの2話を観ることでアスランの本心が伝わる演出が行われていることは忘れられがちである。

それとは別に、この叱責が放たれるまでの流れを見返すと、アスランアスランで「ヒーローごっこ」呼ばわりされても仕方がない、勝手な行動をとってきていることが分かる。アスラン自身も気づいていないこの自己矛盾は後に表面化し、彼を孤立させることになる。

作中の流れ

注意 ここから先は『SEED DESTINY』第16話以降の
ネタバレが記載されています。

字:アスラン 赤字シン

オーストラリアカーペンタリア基地を出港したミネルバ隊は、およそ30機のウィンダムを率いるファントムイン隊の待ちせ攻撃を受けた。ミネルバタリア・グラディス艦長は、カーペンタリアで合流したアスランMS隊の揮を任せる。急な人事に戸惑うシン

シン! 出過ぎだぞ! 何をやってる!

へっ! 文句言うだけなら、誰だって!

カオスガンダムにかかりきりで援護してくれないアスランを置いて敵の隊長機らしきウィンダムを追うシンは、ウィンダムの救援に来たガイアガンダムとかち合う。アスランの警告を無視して交戦するシンだが、そこに地球軍の地上部隊が横を入れてきた。ここにはカーペンタリア攻撃のため建設中の前線基地があったのだ(実はファントムインウィンダムの大半はこの基地から理やり借りたもので、ガイアはその代わりの護衛として配置されていた)。

基地!? こんなところに……? 建設中か?
あ! まさか、ここの民間人?

地球軍に徴用され、基地建設を強いられていた民間人の男達は、フェンスと塹壕の向こうに待つ家族の元へ逃亡するが、戦闘配置に付いたはずがいつの間にか戻ってきた地球兵士に容赦なく撃される。射殺される兄弟を見て、己の家族の死がフラッシュバックするシン
そうこうしているうちに前線基地から借りたウィンダムいつの間にか全滅し、ファントムインは撤退を開始する。せめてもの仕返しとばかりに、アウル・ニーダのアビスガンダムが、ミネルバの僚艦ニーラゴンゴを撃沈した。

シン! 何をやってるんだ、やめろ! もう彼らに戦闘力はない!
ちなみに「モゥヤメルンダッ!」と言ったのはSEED最終話だ!

ブチ切れたシン前線基地の戦車台を破壊するが、それには飽き足らず基地に侵入し、アスランの制止を無視して地球軍の残存部隊する。バルカンサーベルライフルインパルスガンダムの兵装を全部使う底ぶり。最後にフェンスも引っこ抜き、家族と再会した民間人たちはして喜ぶのだった。

ミネルバへの帰投後、アスランシンをぶった。シンアスランを睨みつけて言い放つ。

殴りたいのなら別に構いやしませんけどね。
けど! は間違ったことはしてませんよ!
あそこの人たちだって、あれで助かったんだ!

即座に2発ビンタを入れるアスラン

戦争はヒーローごっこじゃない!
自分だけで勝手な判断をするな!
を持つ者なら、そのを自覚しろ!

アスランの方を見ようともしないシンそのまま歩き去るアスラン。呆然とするミネルバクルーため息をつくタリア
廃墟と化した前線基地から立ち去る民間人たち。彼らを置いてミネルバは単艦、ジブラルタルへ向かう。

それぞれの問題点

シン

  1. アスラン機が援護できない状態にも関わらず前に出過ぎ、敵隊長機を深追いした
  2. ミネルバとニーラゴンゴの防衛を半ば放棄し、アスランの制止を無視してガイア撃破を優先した
  3. 前線基地の兵器化した後も、基地内に突入し、アスランの制止を無視して基地を破壊した

1と2は戦状況的に仕方のない面もあるが、3はマズいなんてもんではない流石に降した敵兵を虐殺するということはやっていないとはいえ、一歩間違えれば2年前に「ナチュラルの捕虜なんか要るかよ!」とか言ってた連中と同レベルになってしまう所であった。人上の問題を別にしても、「既に敵が後退した後にも関わらず、敵の待ちせを警せずに敵基地内に入り、友軍に連絡せずに独断で攻撃していた」わけである。

また、これまでの話でもたびたび言及された通り、ザフトの地上侵攻はあくまでも積極的自衛権の行使のためである。基地建設に駆り出されていたのは敵軍の勢圏内の現地民であり、ここに下手に介入すると「やはり領土的野心があるのではないか」などと難をつけられる恐れもあった。
そして、当然ながらザフトがこのまま駐留して現地民を守ることも出来ない以上、また別の地球部隊がやってきて、いせにもっと酷い徴用が行われる恐れもあるのだ。

アスラン

まず、アスランタリアからMS隊の揮を委ねられた1特務隊員に過ぎず、厳密にはシンの直属の上ではない。シン(というかミネルバクルー全員)から見たこの時のアスランは「腕は確かだが、この間までオーブアスハの護衛をしていたのに、ザフトに出戻っていきなり特務だ上官だと言いだした、やってることが滅な男」に過ぎない。
ぶっちゃけアスランも「自分だけで勝手に判断して」「ヒーローごっこ」をしている……と言われてもあながち的外れではない。

今回のケースシンに明確な非があるわけだが、それならそれで、まがりなりにも指揮官に任ぜられたアスランには「シンがなぜこのような行動に及んだのか一応の事情聴取を行った上で、何がいけなかったのかをちゃんと摘し、シンの更生を促す」義務があった。「問答用でビンタ→反論に対してもう一発ビンタまではまだいいが「→抽的過ぎる叱責をするだけで立ち去る」のは論外である。

何より、民間人たちはシン前で命の危険にされていたわけで、その緊急性を考慮しないのもまた問題である。そして生き残った民間人たちがを流して喜んだのもまた事実であり、シンが(あの人たちは確かに喜んでいたのに、アスランはどうしてを全否定するんだ!?)と反発するのも理もない。シンの対応が幼稚なのは確かだが、アスランも自分の立場を意識した上で、もう少し根気強く、突っ込んだ摘をするべきだったのだ。

身もふたもないメタな話をすれば、次話に引っる脚本だからこんな叱責になったのだが……

その後

シンはこの後数日間、アスランと一言も口を利かなかった。流石アスランもマズいと思ったか、ペルシャ湾・マハムール基地に入港後、ミネルバ黄昏れるシンと一対一で話す場を持った。

アスランシンの「やってること滅じゃないですか。方は」という摘に「認めるよ」と答えつつ、自らの経験も踏まえて、めてシン説教をした。

シンが、かを守れるを欲していることを察して)
自分の非力さに泣いたことのある者は、でもそう思うさ。……たぶん。
けど、そのを手にしたその時から、今度は自分がかを泣かせる者となる。
それだけは忘れるなよ。

俺達はやがてまたすぐに戦場に出る。
その時にそれを忘れて、勝手な理屈と正義で、
ただ闇を振るえば、それはただの破壊者だ。
そうじゃないんだろ? 君は。
俺達は軍としての任務で出るんだ。喧嘩に行くわけじゃない。

そんなことは……分かってます!

……ならいいさ。
それを忘れさえしなければ、確かに君は優秀なパイロットだ。
……でなけりゃ、ただの馬鹿だがな。

……最後にいらんことを言うのは相変わらずだが、この摯な説教シンの心にいたようで(ちょっとムッとしていたが)、以降はアスランへの態度を軟化させることになった。元々シンは、アスランのことは本心から嫌いと言うわけではないのだ。

だが更にこの後、オーブ軍の反乱勢との戦闘で、アスラン自身が余裕をなくして少し錯乱し自分だけで勝手な判断を行ってしまう。アスランミネルバクルーの関係は再び悪化し、シンの精はかき乱される。
そして最終局面、限界まで追い詰められたシンは、アスランがマハムールで言った「ただの馬鹿」になってしまうのである。余りに長い、長すぎるロングパスである。

余談

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
小春六花[単語]

提供: すむらうと

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP