沢村栄治単語

サワムラエイジ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(85)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

沢村栄治(さわむら えいじ、旧字体表記:澤村榮治、1917年2月1日-1944年12月2日)とは、戦前東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)に所属したプロ野球選手投手)。

右投左打、背番号14(プロ野球史上初の永久欠番)。プロ野球史上に伝説として名を刻んだ剛速球投手

概要

OB(故人)
沢村栄治
基本情報
日本
出身地 三重県宇治山田
生年 1917年2月1日
没年 1944年12月2日
(満27歳没)
身長
体重
174cm
71kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 投手
プロ入り 1936年
引退 1944年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

沢村の前に大投手なく、沢村の後に速球投手なし」

1917年生まれ。左足を高く振り上げる二のフォームから放たれる剛速球と、三段に落ちるといわれたドロップ現在で言う縦のカーブ)で三振の山を築いた、戦前職業野球を代表する伝説投手

旧制京都商業学校では、エースとして1933年1934年夏の甲子園に出場(とも京都商業はこのときが初出場)。1933年は2回戦で藤村富美男と投げ合って勝利ベスト8進出。1934年はは2回戦敗退、は1回戦敗退と覚ましい結果ではなかったものの、沢村自身はの1回戦で先発全員奪三振京都予選で1試合23奪三振を記録した。

1934年11月京都商業を中退して全日チームに参加[1]静岡県草薙球場で開催された第10戦では、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、ジミー・フォックススター選手を擁したMLB選抜を相手に9奪三振、1失点投(試合は0-1で敗戦)の快投を見せる(ただし、他に登板した4試合ではボコボコに打たれており、「この試合だけ抑えたのは草薙球場のマウンドがバッターボックスから見て西にあり、夕陽しかったせい」という説もある)。

その後、同年末に結成された東京巨人軍に入団。1936年の職業野球開幕とともに、史上初のノーヒットノーラン、史上初のMVPなどエースとして活躍、数々の記録を打ち立てた。当時まだ職業野球東京六大学などの学生野球べて地位も人気も低かったが、職業野球を代表するエースのひとりとして明期のプロ野球を盛り上げた。特に大阪タイガース景浦將とはライバルとして名勝負を繰り広げ、「職業野球沢村が投げ、が打って始まった」とも言われた。

しかし1938年に徴兵され出征。1940年に復帰したが、手榴弾投げによって肩を痛め、往年の速球はを潜める。それでも制球とドロップ武器にローテ投手として活躍、三度ノーヒットノーランを達成するなど第一次黄金期巨人優勝に貢献するが、1942年に再び出征。翌年復帰したときには全に肩を壊しており、1勝も出来ないままにその年のシーズンを終える。1944年三度の出征において、東シナで乗っていた輸送船が撃沈され戦死。享年27。

通算成績は105試合63勝22敗、防御率1.74、554奪三振ノーヒットノーラン3回は現在外木場義郎と並ぶNPB最多タイ記録。

戦後沢村の功績を称えて、先発の本格投手を表する沢村賞が制定された。

巨人の星』『アストロ球団』など数多くの野球漫画において登場したり登場人物のモデルになったりしている。またその速球が実際のところどれほどの速さだったのかはしばしば議論の対となり、「当時としては凄かったというだけで、せいぜい140km/h前後」から「いや、沢村はきっと160km/hを投げていた」まで諸説紛糾して決着を見ることはない。テレビ番組などでも同様の特集が組まれることがあるが、全盛期映像資料が残っていないこともあって正確な球速特定はおそらく不可能である。

通算投手成績

通算:5年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB:5年 105 86 65 20 63 22 --- --- .741 765.1 301 554 213 148 1.74

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多勝 2回 1936年1937年
最優秀防御率 1回 1937年
最多奪三振 2回 1937年1937年 ※当時は連盟表なし
最高勝率 1回 1937年
MVP 1回 1937年
その他
ノーヒットノーラン 3回 1936年9月25日1937年5月1日、1940年7月6日

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *なぜ日米野球に出るだけなのに中退したかというと、1932年に学生野球行化を憂慮した文部省によって野球統制が出され、学生プロの試合が不可能になってしまったからである。そのため日米野球の選抜チームに加入するには中退して職業野球の選手となるしかなかったのである。沢村全日本へ強く勧誘したのは、日米野球催していた讀賣新聞の正太郎であった。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP