清少納言単語

セイショウナゴン

掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

清少納言(せいしょうなごん、966?~1025?)とは、平安時代中期の女流作家歌人である。

概要

日本最古の随筆「子」の作者百人一首62番の作者で、中古三十六歌仙の一人。清原元輔で、清原深養父の曾孫。

清少納言の名は、清原氏の出であることと、親族に少納言を務めた人がいたことに由来する(なのかは不明)。陸奥守を務めた中流貴族ぎ一子・則長をもうけたが、後に離婚一条天皇の中宮・藤原定子の女房として宮中に仕える。

出仕を始めた頃は、定子の実家・中関白全盛期だったが、定子の藤原道隆が病死したことによって運が傾く。定子の藤原周が藤原道長との権争いに敗れて失脚すると、長は自分の子も強引に一条天皇に入内させ、定子の地位は危うくなってしまう。そんな不安定な情勢の中でも、清少納言は「子」の中で暗さを全く見せず、定子の明るくやかなサロンを書きった。「子」の中では、藤原斉信藤原行成との交流が描かれている他、藤原実方とは仲だったとも言われている。

中宮定子が難産で若くして亡くなると、定子との思い出が積もった宮中への未練がくなり、宮仕えを止めて引退した。この前後に、摂津守の藤原棟世と再婚して、夫と共に赴任、一女・上東門院小命婦をもうけた。清少納言の晩年も不明な点が多い。清原致信の元に身を寄せたが、致信が頼親(酒呑童子退治や、坂田金時君である源頼光)に殺されると、落ちぶれた老婆になったという話もあるが、小野小町伝説同様、信憑性に乏しい。実際には、旧知の藤原公任たちと交流を続けながら、ひっそり余生を送っていたらしい。

ライトな歴史マニア

あけぼの」に始まる序文や、「香炉峰の」の話など、「子」は数多くの逸話や清少納言の嗜好が沢山記されている。百人一首にも入選した「を込めて 音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」も、「子」の有名なエピソードのひとつである。更けまで清少納言と話がはずんでいた藤原行成突然帰ってしまい、後日「の鳴きが聞こえたから、明けになったと思った」と弁解したのに対して詠んだ歌である。

この歌は、古代中国の賢君として知られる斉の君が、敵国から脱出する際に、大勢抱えていた食客の中から、の鳴きが得意な者に声真似をさせ、中の関を通り抜けたというエピソードを基にしている。こうした歴史背景を知った上で、清少納言は「関の声真似はだませても、逢坂の関(丸の和歌にも登場する交通の要所)はだませないわ」と行成をやりこめていることからも、彼女の教養の高さがえる。紫式部は自分の学才をなるべく隠していたが、清少納言は自分の才フル活用して、宮中の貴族と対等以上に渡り合っていたのだ。

清少納言と紫式部

紫式部は、自身の紫式部日記で清少納言を「いつも得意げな顔をしていて、自慢げに字を書いていているが、よく見るとところどころ間違っている(中略)こんな人間だから、どうせロクな人生にならないわ」と底的にこき下ろしている。このため、紫式部と清少納言は時々ライバルと言われているが、紫式部が出仕したのは清少納言が引退した頃とちょうど入れ違いであり、両者が直接出会ったことはないと考えられる。

なぜ、紫式部がこれほどまでに清少納言を嫌っていたのかは諸説あり、清少納言が紫式部の夫・藤原宣孝やいとこの藤原信経を批判したから、紫式部が仕えた子と清少納言が仕えた定子のサロンが対立関係にあったからなどと言われる。一方、清少納言は紫式部をどう思っていたかは、記録に残されておらず、まったくもって不明である。

メディア作品における清少納言像

子」が現代人にもわかりやすく共感できる内容であることや、清少納言が明るく社交的な性格だったこともあり、古典を題材にした漫画では彼女役にした作品はかなり多い。最近の作品では「暴れん坊少納言」「姫のためなら死ねる」などがあり、前者では破天荒ツンデレ後者では定子に百合感情を抱く変態淑女にされてしまっている。また、「うた恋い。」の3巻は事実彼女主人公である。

30代以上の世代になると、清少納言はNHK教育番組「まんがで読む古典」のイメージが強いかもしれない。橋本治の「訳 子」をベースにしたこの番組では、当時のOLショートカットで描かれており、ナゴンちゃんと呼ばれている。清少納言の名前の由来は、清原氏出身であることと、彼女の親族に少納言まで出世した人がいるからと言われており、「清・少納言」と読むのが本来なら正しいのだが、この呼び名が定着したせいか、「清少・納言」と読んでしまう人も結構多いので注意したい。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 80ななしのよっしん

    2021/02/18(木) 12:35:55 ID: R1l5JgsxDB

    自分でモテ自慢しちゃっりするところが微妙にモテてないの醸し出してすごい好きだわ

    和泉式部を凄いけど才だけとか言ったり、
    口惜しさ隠しきれてないの凄い好き

  • 81ななしのよっしん

    2021/02/18(木) 13:05:16 ID: qWQEOBZ+2D

    >>79
    美醜の基準や感覚が今とはまるっきり違うから、現代人から見ると意外と普通だったり下手したら美人の範疇に入ったりするんじゃないかな。

  • 82ななしのよっしん

    2021/05/27(木) 01:31:58 ID: huwiStOjeo

    調べ物で清少納言wikipedia覗いたら「登場するゲーム」の項があって「そんなに色んなゲームに出ているんだ」と思って見たらFGOのみだった。

    あいつらの自己顕示欲とんでもないな。偉人の原作FGOぐらいに思ってんのかね。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/25(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/25(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP