今注目のニュース
スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情
オードリー春日、浮気発覚後の妻の仕打ちに嘆き 「いつまでGPS監視されるの?」
元AV女優・麻生希さん「もう誰も裏切りたくない」 獄中面会で「薬物断ち」誓う

薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!単語

ハヤクニゲテクダサイ

掲示板をみる(91)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!とは、ゴジラvsシリーズ第1作(書籍によっては第2作)『ゴジラvsビオランテ』に登場する権藤陸上自衛隊一佐(演;峰岸)の名台詞で、最期の言葉である。後年の詳細な解析により、この出来事は1990年8月11日深夜であることが判明している(つまり権藤命日もこの日)。

概要は注釈より読むのに限るぜ、ニコジラさん!

強敵ビオランテを打ち破り、大阪に上陸したゴジラに対して、生物兵器『抗核エネルギーバクテリア(ANEB)』を撃ち込む作戦を展開していた自衛隊大阪ビジネスパークへと辿り着いたゴジラは、自衛隊超兵器スーパーX2をも撃墜してしまうが、それはビルに潜伏する権藤特殊部隊を援護する為の陽動作戦であった。
特殊部隊は動きを止めたゴジラにANEB弾を撃ち込み、4発中2発を直撃させる事に成功。残す作戦工程は特殊部隊の撤退のみであった。

しかし、ゴジラ権藤に気付いたのか、彼が潜んでいたツイン21パナソニックタワーへと向かってしまう。
指揮官黒木特佐線で「権藤一佐、権藤一佐、ゴジラがそちらに! 危険です! く逃げてください!! 権藤一佐、権藤一佐!!!」と呼びかけたが、権藤はそれに応えず、ロケットランチャーに次弾の装填を開始する。
彼の背後には、ゴジラの巨大な顔面が迫りつつあったにも関わらずである。

直後、ゴジラは怒りの哮を上げるが、権藤振り返りざまにその口内へANEB弾を撃ち込んだ。
そして、権藤ヘルメットで押し上げながら、飄々とした笑顔でこうったのだ。 

薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!

この言葉を聴いた間、激怒したゴジラは怒りに任せて左右のパンチでツイン21を破壊。
権藤はこの言葉を遺して、ビルと共に大阪の瓦礫の中へ姿を消した(なお、さらにもう一発撃つつもりだったのか、次のカット権藤ランチャーを構えたままの姿勢でビルと共に崩れ去っている)。 
なお、この殉職カットは実はリテイクが採用されたもので、ファーストテイクはスタッフミスカメラが回っていなかったらしい。 

このゴジラvsビオランテは当時人気だった『あぶない刑事シリーズの影を少なからず受けており、権藤&キャラはまさしくあぶ刑事タカ&ユージを彷彿とさせるもので、この台詞の他にも井上陽水の「夢の中へ」を口ずさむシーンがあったり、ゴジラ復活の時限爆弾を「アーメン」と解除できずにいたり、「絵に描いたような最悪の事態ですなぁ」とトラック愚痴ったり、さらにサラアオイルコーポレーションでの抗核バクテリアを巡る攻防戦はまさしくあぶ刑事そのものとなっている。上記の台詞はあぶ刑事シリーズにはいものの、ゴジラ映画では基本的に超兵器メーサータンクやメカゴジラといったマシーンとの対決や作戦飛行隊のパイロットとの対決といった形で人類対ゴジラが描かれることが多い中で、一人の人間として犯罪者ならぬ巨大なゴジラに一歩も退かずに立ちはだかった彼はシリーズでも異色中の異色である。権藤最期の台詞にして覚えやすい、印深いキャラ落の効いた辞世の句ということもあってか、vsシリーズ人気、名台詞となっている。

権藤一佐、わずか1作で殉職してしまったのが非常に惜しまれるキャラクターである。

しかし、『ゴジラvsスペースゴジラ』にはの千と親友の結城が登場。ゴジラシリーズでほぼ一といっていいほどストーリーに連続性と整合性を持たせたvsシリーズならではの設定といえよう。スペースゴジラの名付け親となり、結城MOGERAパイロットとしてスペースゴジラ打倒に一役買っている。権藤の親友ということを強調するため、vsスペースゴジラでも上記の権藤殉死シーンがそのまま登場する(但し、ゴジラの鳴きが違う)。なお、結城は「親友を殺したゴジラが憎い」ということであったが、権藤を殺したゴジラ結城敵としていたバースゴジラ厳密には別の個体である。権藤を殺したゴジラは『ゴジラvsキングギドラ』で歴史から抹消されているハズである。元自衛隊だった結城未来人歴史干渉を知らなかったとは考えにくいが、権藤が死んだままであることを考えるとタイムパラドックス上の歴史でもビオランテの存在やその時代の自衛隊戦、巻き添えになった人々の生死には影しなかったらしい(こまけぇこたぁいいんだよ)。まぁ結城が本当に未来人歴史干渉を知らず、一般人と同じく単純にゴジラ80メートルから100メートル巨大化パワーアップして出現したと思い込んでいた可性も否定できないが。その他漫画版『ゴジラvsスペースゴジラ』だと権藤&結城過去が描かれている。なお、漫画版だと名前が晶(読みは同じアキラ)。漫画版で結城は『ゴジラvsデストロイア』にも登場し、スーパーXIIIパイロットとして活躍する。権藤に関わるだけあって、両者とも印深い役となっている。

ちなみに、『は~』と言っているが、抗核バクテリアは厳密に言うとではない(どちらかというとゴジラエネルギーを沈めるワクチンといったところだろうか)。

なお、『注射より飲むのに限る』かというとそうではなく、実際には即効性のシロップ錠剤や粉といった飲みの一部を除けば『注射の方がくて一番よく効く』。
読者のみなさんも、風邪や嘔吐下痢で体が低下したときに病院で点滴を打ってもらった経験がおありだろうが、当然ながら血管に直接を流し込む方が身体中にく回ってくれるので効きが現れるのは一般的に注射の方がい。 何かしらのウイルスワクチンをみんな毎年受けていると思うが、あれだって極効きく現すためにウイルスワクチンを注射していることがほとんど。ただ、点滴や注射中の患者自身の負担や痛みを考慮すると、『飲みに限る』と仰るのはごもっともな意見である。
映画中でも、ゴジラに撃ち込んだバクテリアは、すぐには効を示さず、ビオランテとの戦闘終了後にようやくその効果を発揮して3代80メートルゴジラを眠りに付かせている(厳密にはゴジラの体温とバクテリアの活性化温との差異に起因するものである)。

このことから、権藤一佐の経口バクテリアが一番効を発揮したか、というと、実際のところは他の隊員が命中させた足元の2発からバクテリア増殖、効を発揮した、と考えるのが自然かもしれない。

では、権藤一佐は死だったかというと、そう結論付けるのは性急である。いくら注射しようとしても、針が皮膚を突き抜けることができなければ、その効果はほとんど期待できない。足元に命中した2発が、ゴジラの分厚い皮膚を貫通できたかどうかは微妙だ。一方、権藤一佐が口の中に命中させたバクテリアは、薄い膜を突破して、容易に体内へ侵入できたと考えられる。事実、前作『ゴジラ(1984年)』のカドミウム弾は、口内に数発ブチ込んでおり、砕けた後の液体がかなり口から流れ出ていたにも拘らず、即効性を示して一時的に睡させている。vsデストロイアでも同じように使用していたが、倒すに至らずとも、核爆発阻止し、制御剤として機してきちんと効用を示した。ゴジラの口内膜は意外と剤の浸透がいのかもしれない。

ちなみに、ゴジラシリーズと同じく、怪物に人間が立ち向かう様子を描いた映画ジョーズ』にも、これに似た場面がある。巨大ザメとの戦いで追い詰められた人間側は、切り札として毒薬の使用を決意するが、手持ちの武器ではサメの丈夫で分厚い皮膚を貫通できそうになかった。そこで人間側は、柔らかいサメの口の中を狙う作戦を立てている。さらに、『シン・ゴジラ』では、この権藤スペースゴジラに登場する結城の着想がともに正しかったことが明されている。

動画は昼夜より嗜むのに限るぜ、視聴者さん!

↑の5:50ぐらいが該当シーン

商品は仲介所より買い込むのに限るぜ、バイヤーさん!

関連コミュニティは中立より入込むのに限るぜ、会員さん!

薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目は抽出より楽しむのに限るぜ、ゴジラさん!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP