今注目のニュース
昭和の美人女優14人を「今っぽく」してみた動画が話題に!
精神的な恐怖やストレスを描く小規模な実験作『Project: Mara』発表。『Hellblade』のNinja Theory開発、没入型ストーリーテリングの新たな可能性を狙う
「ローラに対抗したいわけじゃない」 水原希子、YouTubeチャンネル開設で“我が道を行く”宣言

遊戯王OCG(海外)単語

ユウギオウオフィシャルカードゲームカイガイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

遊戯王OCG(海外)とは遊戯王カード海外版のことである。

概要

遊戯王カード人気内に留まらず、海外でも発売され、大会も開かれている。
様々な言版が存在するが、ここでは特にプレイヤー間で話題になることが多い。

カードの話は英語版韓国版について触れる。またごと、OCGTCGと分類されていることについても触れる。

遊戯王OCG(海外)

韓国台湾中国・その他アジア日本と同じ「遊戯王OCG」である。いわばアジア圏の遊戯王と言えば「遊戯王OCG」となる。

韓国版は日本と同じ遊戯王OCGである。パックの発売順が一部日本と異なり、パックの内容が英語版である遊戯王TCGを準拠としていたが、「STRIKE OF NEOS」からパックの内容が統一されている。

韓国版

韓国遊戯王カードの特徴はとにかく安いことである。通称、版。
一般パックの値段は日本の半分~3分の2くらいであり、大量購入に向くが、
日本語版では重複しない高レアリティカードが、重複していたりと内容が安定しないないものも多い。
また日本語版ではレア以上は必ず封入されているのに対して、ノーマルカードのみで構成されたパックもある。
ノーマルレアは存在しないため、英語版よりさらにノーマルレアが集めやすい(ゴールドシリーズには存在する)
限定物をめたプレミアムパックやな特典カード付きのスペシャルエディション版などの存在など、
日本語版で集めるのは困難な高価な限定カードを安く入手でき、財布に優しい。
韓国版ヒドゥンアーセナルも存在し、デュエルターミナル産のカードも集めやすい。
韓国版をキムチ版と蔑むデュエリストもいるが、入手困難なカード安価に供給してくれる大切な存在である。
また、 「LEGACY OF THE VALIANT」以降、韓国先行発売カードワールドプレミア韓国版」が追加されたことにより、さらに海外新規カードが増えたが、第9期の「DIMENSION OF CHAOS」以降ではワールドプレミア止されている。

遊戯王TCG

対応言は「英語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語」。

これらはOCGではなく、「Yugioh! Trading Card Game」で販売されているため、TCGと言われる。ラテン語ベースの言を使うが対だろう。

英語版

英語版カードと言えば海外新規収録カードレアリティり上げが有名。
海外新規収録カードとはその名のとおり、日本語版の存在しない海外パックに収録されているカードの事。
内容はそのパックに収録されているカテゴリーの強化・サポートであり、性はピンキリで
どうしようもないようなカードから、あまりに強すぎて、環境変してしまうような物も存在する。
例としては、闇の誘惑の援軍、六武の門、Xセイバーダークソウル
最近では魔界発現世行きデスガイド輪廻天狗、発条機ゼンマイン辺り。
またな特典付きのTin缶と呼ばれるものや、日本とは内容の全く異なるゴールドシリーズ
デュエルターミナルのパックであるヒドゥンアーセナルなどの独自のパックやセットが発売されている。

このため、一部カード日本語版より安く手に入るものも存在し、カードをそろえるのに役立つことも多い。
だが、その反面、一般パックの有用カードレアリティ操作が酷く、海外プレイヤーデッキ製作に悩まされている。
例としては、強欲で謙虚な壺レスキューラビットダーク・アームド・ドラゴンなどシークレット化。
ちなみにシークレットは1(しかも日本語版より高い)に1枚以下しか入っていない上に10種類も存在する。
そこまでではないものの、有用なカードの大半はレアリティが上がっており、特にドローソースに厳しい傾向が見られる。
とはいっても、全て上がるわけではなく、潜航母艦エアロ・シャークのように逆にレアリティが降下している例もある。
フォーミュラ・シンクロンBFシロッコなど強でありながら、低レアリティカードもまれに存在する。

日本国内でも一部店舗では英語版取り扱っている所もあり、英語版をこよなくするデュエリストも多い。
最近の英語版パックにノーマルレアは存在しないため、ノーマルレアを狙って買ってみるのも良いだろう。
ちなみにエクシーズ素材が「カードとして」フィールドに存在する扱いという日本語版と異なるルールが存在していた事もあった。

イラスト・名称変更

日本較的、創作物の規制が薄いため、較的自由な表現が多いが、
海外では宗教の都合などから、イラストや名称の規制が行われているものも多い。
特に多いのは性描写の規制によるもので、肌の露出の規制貧乳化などが見られる。
悪魔天使なども天使の輪などが消されており、
銃器なども玩具のような外見や色にされたり、レーザーなど現実離れした武器に変更されている。
悪魔天使、血、銃器名など名前も軒並み別のものに差し替えられており、
悪魔は共有ワードのない別の名前に変更されていたので、デーモンのカテゴリー化の際に大混乱が起きた。
名称関連の混乱にはHEROガーディアンなどでも似たような混乱海外で起きた。
それとは別にクリッターSANGAN、人造人間-サイコ・ショッカーJinzo、リチュアのGishki、
ファイヤーボールHinotama、宝玉の祈りのCrystal Raigekiなど
日本化されたり、日本語が混じったり、関係ないものが混じったりなどのカオスな名前も存在する。

逆に海外新規の日本語版が出た際に規制が緩くなったり、名称がおかしくなる例も存在する。
RAI-MEIの胸が巨乳化したり、Totem Dragonがミンゲイドラゴンになったり、
本来はスクラップ・デーモンという名前が妥当なのに、スクラップ・デスデーモンと何故かデスが追加されたりした。
特に追加されたデスインパクトは強く、海外新規の日本語名を考える際、デスを付けるネタが見られるようになった。
そして、ツアーガイドはそのデス犠牲となったのだ

遊戯王TCGによる名称のトラブル

TCG先行カードでない限り、基本的に遊戯王OCGに準拠している。そのため以下のようなトラブルが起きることがある。以下がその一例である。

HERO

現在では多数生している「HERO」だが、かつて「Elemental Hero」、「Destiny Hero」と表記されており、単純に「Hero」で括ってしまうと、「ヒーローキッズ/Hero Kid」等も範囲内に入ってしまうため、「HEROカードを参照するカード英語では、「"Elemental Hero" or "Destiny Hero"」などと表記されており、その後「E-HERO」の追加によって「 "Evil Hero"」を書き記すエラッタが行われていた。しかし、「M・HERO」、「V・HERO」の登場に伴いこのままの表記で維持するのは難しくなった。

そこで遊戯王TCG公式の出した結論はそれらに該当する「Hero」と表記されているものを「HERO」に変更することで文字の違う「Hero」を範囲から外して、OCGと同じく「HERO」でカテゴリ化するというものだった。この時点で「HERO」の名称になっていた一部のカードも「Hero」に名称変更することになった。

名称変更前の《E・HERO ゴッドネオス》に至っては召喚条件だけでも物凄い長さであり、英語版で「Hero」と表記された一のカードである。

(変更前)
This card cannot be Special Summoned except by a Fusion Summon of any 5 "Neos", "Neo-Spacian", "Elemental Hero", "Destiny Hero" or "Evil Hero" monsters including at least 1 "Neos" monster, 1 "Neo-Spacian" monster and 1 "Hero" monster.
(変更後)
Must be Fusion Summoned using any 5 "Neos", "Neo Space", "Neo-Spacian", or "HERO" monsters, including at least 1 "Neos" or "Neo Space" monster, 1 "Neo-Spacian" monster, and 1 "HERO" monster,

堕天使/Darklord(The Fallen One)

実はこの「堕天使」は基本的には「Darklord」という名前で構成されているのだが、《堕天使マリー》と《堕天使ナース-レフィキュル》は「Darklord」ではなく、「The Fallen One」が「堕天使」の訳として使用されていた。そのため【堕天使】のカテゴリ化に伴いこの2体も「Darklord」に統一された。

公認大会での使用規制へ

2013年9月21日から、新ルールノーリミットデュエル」以外での認大会で、他言版のカード使用禁止になった
具体的には「認大会」「選考会予選」「選考会」世界大会予選」で使うことが出来なくなる。 

そもそも日本以外のではそのの言版のカードしか使用できず、日本だけが例外的であった。とはいえ、これで海外版でカードえていた人や高価な日本語版の代用として使っていた人、海外版を扱うカードショップは大打撃を受けることになるだろう。

なお、店側で使用の可否を決定出来るノーリミットデュエルの大会や非認大会では使用できる。 また、世界大会本選では現在協議中とのこと。なので大会に参加する際はお店に確認することを忘れないようにしよう!

カードプール・ルールの違い

アジア圏での遊戯王OCG英語圏・ヨーロッパ圏の遊戯王TCGではそれぞれリミットレギュレーション制限改訂)が異なり、「TCG先行カード」が存在しているたカードプールも異なっている。これらの「TCG先行カード」は「EXTRA PACK」というシリーズOCGでも遅れて登場する。

世界大会(World Championship)も開催されているが、その場合では両方のレギレーションのうち規制度が高いものが採用される。(片方が制限カードであればもう片方が準制限カードであっても制限カードとして扱う。)また、どの時期まで登場したカードかも定められており、アジア圏と英語圏でカードプールの差異がないように調整される。

効果の処理が違うカードも存在しており、《ポールポジション》等の無限ループが発生するカードは破壊してループを強制終了させる処理を行っていたり、効果のルール裁定に差異があったりする。

また、効果テキストから既に意味の違うカードが存在し、例として《破滅ガンドラX》OCGでは「攻撃」を参照してTCGでは「元々の攻撃」を参照としている。

関連動画


関連商品

関連項目

掲示板

  • 43ななしのよっしん

    2019/04/25(木) 10:46:16 ID: kfp/SiM3p6

    いいところもあるかもしれんが増G禁止の時点でゴミだと言い切れる
    展開を抑制するこいつがいるだけで環境は良い方向に変わるだろうし緩和してもいいカードがたくさんあるだろうに

  • 44ななしのよっしん

    2019/04/25(木) 16:19:48 ID: iFTKXKHqBt

    Legacy of the Duelistでは海外プレイヤーの苦しみを
    日本プレイヤーも味わえるぞ!(ラインナップ的な意味で)

    も得しねぇ…

  • 45ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 13:34:08 ID: JPobVQP9tW

    >>43
    単純にパワーカード規制されてるだけじゃねーの
    特にGは万過ぎるせいで、日本環境は「G握れた方が勝つゲーム」に片足突っ込んでるじゃん

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP