今注目のニュース
OWW、岐阜県の特別支援学校で遠隔職場実習
『盾の勇者の成り上がり』ヒロインのラフタリアが立体化! 彼女の持つかわいさと凛々しさをアニメ通りに再現
花よりじゃがりこ!? 「じゃがりこ学園」のアイドル「J5」を決める擬人化イラストコンテストが開催

陸戦型ジム単語

リクセンガタジム

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

陸戦型ジムRGM-79[G] 先行量産型ジム)とは、アニメ機動戦士ガンダム 第08MS小隊』や3DCGアニメ機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』に登場するモビルスーツである。

本記事ではロングレンジビームライフル装備の「ジム・スナイパー」も解説する。

概要

GM GROUND TYPE
陸戦型ジム
RGM-79[G]
頭頂高 18.0m
重量 53.8t / 66.0t(全備)
1,150KW
49,000kg
装甲 ルナチタニウム
搭乗 ロブ
サリー
マイク  他
兵装 ビーム・ライフル
ビームサーベル×2
100mmマシンガン
ロケットランチャー
ミサイルランチャー
シールド

ハイエンドモビルスーツRX-78」の余剰パーツ利用案「RX-79計画」から生した機体。制式量産型の前に実戦投入されたタイプであり、先行量産型ジムとも呼称される。

連邦軍は、侵略を拡大するジオン軍に対抗する為にRX-78-1「プロトタイプガンダム」のロールアウトから間もなく、ルナツーから選考落ちパーツを陸軍に移送し、「陸戦型ガンダム」を開発した。
しかし陸戦型ガンダムだけでは戦としては不十分と考えられた。そこで陸戦型ガンダムの生産ラインを利用してRGM-79パーツを組み合わせた本機「陸戦型ジム(先行量産型ジム)」を生産した。
この機体はただの間に合わせではなく、基礎設計が了したRGM-79の実戦稼働データの収集も兼ねていた。

陸戦型ジムはチタンを採用した大戦末期の制式量産型と違ってRX-78に限りなく近く、装甲に第一世代ルナチタニウムを採用している。
ただし、ジェネレーターだけは低出GMタイプの物を搭載しており、設定出も後の制式採用ジムよりさらに低かったようだ(この点は後述するビームライフル使用不可説に繋がる)。つまりGMタイプRX-79のハイブリッド設計なのである。

単純なカタログスペックでは制式採用に劣るものの、こと陸戦に限ればガンダムにも引けを取らなかった。

後の制式採用ジムを見れば分かる通り、装甲材の問題で本仕様での量産は実現していないが、実戦稼働データは制式採用(特にRGM-79F 陸戦用ジム)の参考になったと考えられている。

マスターアーカイブによると、大戦末期にジェネレーターを制式採用モデルに換装した機体が存在したとか。

ビームライフル

第08MS小隊』にビームライフル装備機も映っており、MGライフルの設定が追加されている。

ただしムックハチゼロ/ハチサン/ゼロハチ』では「ジェネレーターの出不足でビームライフルを撃てない」という旨も記載されている。この辺りの設定は明確化されていない。

その後のプラモでは一切記述がない(ライフルすらないが、ガンプラではよくある事)が、『マスターアーカイブ』ではこのライフルについても掘り下げられている。これはブラッシュ社のXBR-M79-Eという制式採用前の試作モデルらしく、アジア地区・オーストラリア方面の機体が積極的に装備していた様子。
ちなみに同資料では、先述通り制式採用モデルのジェネレーターに換装した機体が存在したとされているため、通常機が撃てるか撃てないかは結局曖昧なままである。

パーフェクトファイルだと「(ライフルを装備してたから)撃てると思われる」というに、肯定も否定もし切れていない。

配備先

陸戦型ジムの配備先は東南アジアヨーロッパ方面が多かった。

MS IGLOO2』ではオデッサ作戦に参加した第44機械化混成連隊(陸戦型ジムの配備+再編に伴い、独立混成第44団に変更)の機体が登場する。ザクⅡとの交戦でザクマシンガンによって破損した機体もあるが、これは較的脆い関節部分に被弾しているので装甲の不備というわけでもない。

『ミッシングリンク』では第20独立機械化混成部隊「スレイブレイス」所属のダークグレーの機体が登場する。

ジム・スナイパー

08小隊』に登場。陸戦型ジムにロングレンジビーム・ライフルを装備させた狙撃仕様

装甲の迷彩塗装以外に外装に変更点はい。ただ中身はセンサー類が狙撃用に最適化され、ロングレンジビームライフル専用のドライバソフトインストールしてある。

名称のせいで勘違いされやすいが、RGM-79SCジム・スナイパーカスタム」は前期量産型ジムガンダムに匹敵するレベルにまで引き上げたエース用総合性向上モデルであり、直接の関係はない。本機と関係が深いのはそのスナイパーカスタムの後継機、RGM-79SP「ジム・スナイパーⅡ」である(記事参照)。

08小隊劇中ではイーサン・ライヤー大佐の命に従う心的な要素が強く、視聴者ジオン主人公サイドからして見れば“非”に映る作戦を黙々と遂行した仕事人と言える。

XBR-X-79YK ロングレンジビームライフル

長射程狙撃ビームライフル戦艦ルナチタニウム時に融解させる程の火力を誇る。

オプションの外部ジェネレーターと接続し、エネルギーの供給を行う。MGにてタンクと接続した冷却装置(バックパック)が新規にデザインされた。照射時間・効率は下がるが、内部供給だけでもビームライフルとしての運用は可マスターアーカイブの設定によると最大2斉射とのこと。

ちなみにジム・スナイパーⅡでも一部機が使っていた。『ガンダム戦記』のラリーはこれを使おうとしたが…。

先行量産型ジムのバリエーション

先行量産型ジムの代表的な生に「ブルーディスティニー」の名が挙がる。陸戦型ガンダムからの生と思われがちだが、初期のシステム試験は陸戦型ジムで行われていた。
2015年から装い新たに始動した漫画ブルーで「ブルーディスティニー0号機」が設定されたが、これはデザイン付けしただけであって全な後付けではい。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP