今注目のニュース
おじさんと少女のコンビが崩壊直前の世界を冒険、90年代アニメと『ゼルダの伝説』の影響を受けた『Eastward』がNintendo Switchで2020年に国内配信へ
30年前に発掘された「ヴァンパイア」の正体が判明
優しい救助者に感謝! 木の穴に頭からスッポリとハマって抜けなくなってしまった猫ちゃん

陸戦型ガンダム単語

リクセンガタガンダム

掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

陸戦型ガンダム(RX-79[G] Gundam Ground Typeとは、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』等の作品に登場する人型機動兵器モビルスーツの1機種である。略称は陸ガン。

概要

V作戦により開発されたRX-78ガンダムの生産に際して多数生じた余剰パーツを利用して生産された機体。
地上戦に特化した設計となっており、姿勢制御バーニア等の宇宙戦闘用の装備やコアブロックシステムは撤去されている。また、同様の理由からシュノーケルダクトやサーチライト、昇降用リフト等の地上での運用に必要な装備が追加されている他、長期作戦行動用のウェポンコンテナや挺降下用のパラシュートパックが用意されている。
これら地上用に必要な装備が多数追加された結果、「RX-78ガンダム」とべて重量が増加している。

生産に際して用いられたRX-78の余剰パーツに熱核反応炉や駆動系)は一年戦争当時においては高性な物ではあったが、品質基準を満たさない規格落ちの物が多数含まれていた。このため、20機以上生産された本機はそれぞれに性バラつきが生じている。また、運用に際しては性の均一化を図るためにリミッターをかけている。ただし一時的にリミッターを解除すること自体は可MAXモード)。
なお、MAXモードは大幅な性向上をもたらすものではなく、『通常よりも動きが良くなる程度』のものである。そしてそういった理由から、ゲーム等では省略されていることが多い。

余剰パーツで作られた高性機体ではあるものの、当時の連邦は「地上でのMS運用」のノウハウが少なく、手探り状態な部分があったため、機体には整備性等の向上を図るためのアクセスハッチや内部間が設けられた。
そのため結果的に「RX-78ガンダム」とべて面的な装甲が多用されたガッシリとした印デザインになっている。装甲は「RX-78ガンダム」と同じく「ルナチタニウム」が使用されており、一年戦争当時では高い防御を誇った。

このように、戦時急造機としての側面が強い機体ではあるが、その性ジム以上であり、当然、ザク相手にも互以上の戦闘が出来るだけの性を備えていた。というか当時の連邦軍の量産型MSとしてはトップクラスの性であり、少数生産された機体の中の一部は「EXAMシステムが要する性に耐えうる」という理由から、EXAMシステム搭載機、ブルーディスティニー(1~3号機の3機)へ装されている。

ただし、本機はその性質上、補修用の部品が慢性的に不足しがちな機体である。このため修復の際に陸戦型ジムや撃破したザクの部品等も利用しての現地修がされることもあり、OVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊」では破損した頭部を陸戦型ジムのもので代用したり(通称「ジム頭」)、陸戦型ガンダムの現地修機「ガンダムEz8」が登場している。五体満足な状態で一年戦争終結を迎えた機体は少ないとされる。

武装

本機はその携行火器の内、に実体弾兵装を中心として開発をヤシマ重工(YHI)が担当した。ヤシマ重工といえば、いわずと知れた"ホワイトベースのお袋さん"ミライ・ヤシマの実家にあたる地球連邦軍の軍需企業のひとつである。この企業が当時「可搬兵器構想」という、MSの背面にウェポンコンテナを設置し、作戦状況に応じてMSの手で直接携行火器を取り出し組み立てるという運用法を企画しており、それがそのまま本機の運用面にも多大な影を及ぼしている。
また、どの携行火器は陸戦型ジムでも使用可となっている。

嵐の中で輝く

第08MS小隊のOP嵐の中で輝いて映像序盤(0:28~0:30あたり)、「地面に刺さったシールド180mmキャノンを乗っけて撃つ陸戦ガンダムのように見える映像がある。見えるだけ
これは撃っている陸ガンの手前の地面にシールドが刺さっているだけであり、弾除けに置いてみたものか、邪魔だからどけたか、手前で倒れている別の機体が落としたシールドだと思われる。
映像に重なるポーズシールドの上に180mmキャノンを乗せるには、地面に強な傾斜をつけるか、シールドの刺さる土台部を盛るか、巨大なシールドなどが必要、つまり本来のサイズではできないのである

かしこ映像は誤解され、いまや陸ガンのプラモフィギュア等では「片立て膝をつきながらシールド180mmキャノンを乗っけるポーズ」が当たり前のように再現できるようになっている。
(元映像は実はシールドシーンでは片立て膝をついておらずラストシールドしでキャノンを撃ったときに片立て膝をついている)

実際にシールドに乗せたのは初代Gジェネレーションだと言われている。スーパーロボット大戦シリーズでもシールドキャノンを乗せてしまっていた。SDだと「巨大なシールド」という条件を満たせてしまったためピッタリだったのである。発売時期や当時のガンダム周辺状況を考えると、アニメより先にこれを見た人も少なくないのではないだろうか。
最初に触れたものがいていたのなら、もうそれは見間違いではなく真実そのものではないか?
シールド180mmキャノンの安定脚にすることが可である。これからもき続けるだろう。
なお防としてシールドを地面に突き刺す行為自体は本編マゼラアタック戦で行っている。

ちなみにOPで180mmキャノンを撃っている部分の歌詞だが、嵐の中で輝いている箇所ではない。

関連動画


関連商品


関連項目

掲示板

  • 80ななしのよっしん

    2018/10/04(木) 04:53:44 ID: muFj/Joygb

    全ての正体を含めて20機ぐらいしかいない
    とかもうおかしいだろ
    出撃のたびになにかあれば壊れてるのに

  • 81ななしのよっしん

    2019/05/03(金) 09:44:41 ID: shjLx0ThSU

    08でアッガイボコられてたがきっとジムなんぞなら叩き付けでコックピットパッチがひしゃげてパイロットも死んだに違いない。

  • 82ななしのよっしん

    2019/07/27(土) 23:49:15 ID: hz2t0qN5cI

    ガンダムファイトをしているわけでもないのに、
    やたらと頭を狙われて、首級をあげられることの多い機体である

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP