今注目のニュース
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白

機動戦士ガンダム 第08MS小隊単語

キドウセンシガンダムダイゼロハチエムエスショウタイ

掲示板をみる(158)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、サンライズ制作ガンダムシリーズ外伝OVA1996年から1999年にかけて全11話+後日談1話が製作・販売された。

監督は1話~6話が神田武幸、7話以降が飯田馬之介キャラクターデザイン川元利浩監督の交代は神田監督が急逝したためである。

本編の他、1話から8話までを再構成し新作カットを加えた『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート』、物語の後日談を描いた特別版OVAラストリゾート」がある。ミラーズ・リポートは1998年に「新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ 特別編」と同時劇場開されている。また、BDメモリアルボックス発売に際して、13年ぶりの新作として、ショートフィルム三次元との戦い」が制作された。
なお、ミラーズ・リポートは加瀬充子ラストリゾートと仕舞屋三次元との戦いは綿田慎也が監督を務めている。(生作品でスタッフが変更される事はままあるとはいえ)監督を務めた人数の多さはガンダムシリーズ随一と言える。

2007年3月からはガンダムエースにて後期監督である飯田監督により、「機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α」のタイトル漫画版が連載。しかし、コミックスの売上が悪く打ち切りexitとなってしまった。
2010年飯田監督が逝去。その後、コミックスを一冊にまとめた版が発売された。
ちなみに、飯田監督漫画作品「機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム」には本作の主人公シローが登場しており本作の前日談の側面も持つ(漫画版は「宇宙のイシュタム」での設定を引き継いでいる)。

小説版はアニメ本編ストーリーの流れはほとんど同じだが、キャラ描写や結末などに差異がある。
特にあるキャラOVA本編とは違った悲劇的な結末はとなっている。

概要

東南アジアでの苛戦闘を中心に、連邦軍の新任少尉シロー・アマダジオン軍テストパイロット アイナ・サハリンの出会いとならぬを描いたガンダム版『ロミオとジュリエット』である。ニュータイプエリート部隊といった戦闘形設定は登場せず、戦争の一局面で戦う戦闘部隊のリアリティのある兵器運用描写が好評を博した。また、以後のゲーム作品で頻繁に登場する「陸戦型ガンダム」の初出作品でもある。

ストーリー

地球連邦軍のパイロット シロー・アマダは、宇宙から東南アジア戦線への転属命を受ける。シャトルでの移動中、ジオン軍と遭遇。交戦中にジオン軍パイロット アイナ・サハリンと遭難してしまう。生還のために協するうちに敵同士でありながらお互いを信頼しあい、そして淡い心を抱く。

事にそれぞれの軍に救助されたのち、シロー東南アジア戦線に着任。新量産MS陸戦型ガンダム」が配備された第08MS小隊の隊長になる。しかし、新米士官にすぎない彼は部下からアマちゃんと嘲られ相手にされず、なかなか信頼を得られない。

アイナはギニアスのいる東南アジア戦線の基地へと帰還する。ジオンの没落した名門サハリンを継いだはこの地の官であり、技術将校として新兵器開発を進めていた。彼女は他人を信用しない偏狭なの作る新兵器テストパイロットだった。

二人はまだ、お互いが前の敵であることを知らない・・・。 

主題歌

関連動画

関連商品

関連項目

ガンダムシリーズ映像作品)
1st - Z - ZZ - V - G - W - X - - - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ - BFT - 鉄血 - BD
CCA - F91 - 0080 - 0083 - 08 - G-SAVIOUR - EVOLVE - IGLOO - STARGAZER -
UC - GPB - ORIGIN - サンダーボルト - Twilight AXIS - NT

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP