ワールドベースボールクラシック 単語

68件

ワールドベースボールクラシック

1.2万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • 野球 > ワールドベースボールクラシック
この節は、工事中です。

ワールドベースボールクラシックWorld Baseball Classic略称WBC)とは、野球世界一を決める世界選手権大会である。

概要

2006年からメジャーリーグベースボールMLB)の世界進出(グローバル化戦略)の一環として開始された。オリンピックと同様、4年に一度(夏季オリンピックの翌年)開催される。2009年まではMLB催する16ヶ参加の大会だったが、2013年の第3回大会からは野球連盟(IBAF)認の世界選手権として行われるようになった。出場も28ヶに増加し、2013年からは予選も導入されている。

決め細やかなルールが多く、中でも投手には球数制限と、登板制限(30球未満は1日、50球以上投げたら中4日)が設けられている。そして毎回のようにルール変更が行われる。2017年までは第2ラウンドがあったが、2023年からは本線出場が20チームに拡大されたことにより止。第1ラウンドは5チームによるリーグ戦となった。

また代表資格も非常に幅広く、「自籍の保持」のほか「永住資格」「出生地」、さらには「籍」「の出生地」の代表になることも可。このため、アメリカ人選手を中心に複数の代表資格のある選手が数多い。日本でも父親オランダアメリカ人、母親日本人という事情でラーズ・ヌートバーが第5回大会で代表入りしている。キューバからの亡命選手は第4回まで規制されていたが、第5回からキューバ代表として出場できるようになった。

判定を統一するという理由でMLB審判が球審を務めていたが、2013年からは他審判も球審をやるようになった(詳細は2013年)。

2015年には世界野球ソフトボール連盟(WBSC)により、新たな世界野球大会、WBSCプレミア12が開催。WBCの中間年に行われる。

大会の流れ

第3回から予選ラウンドが導入され、4組に分かれ、各組の1位が本選への出場権を得られる。

第1ラウンド、第2ラウンドでリーグ戦を行い、各組の上位2チーム合計4チームが決勝トーナメントに進出する。

2023年からは第2ラウンドは止。第1ラウンド後から上位2チーム計8チームによる決勝トーナメントが行われるようになる。

ルール

大会結果

開催年 優勝
第1回 2006年 日本 日本
第2回 2009年 日本 日本
第3回 2013年 ドミニカ共和国 ドミニカ共和国
第4回 2017年 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
第5回 2023年 日本 日本

日本代表の結果

開催年 成績 監督
第1回 2006年 優勝 王貞治
第2回 2009年 優勝 原辰徳
第3回 2013年 ベスト4 山本浩二
第4回 2017年 ベスト4 小久保裕紀
第5回 2023年 優勝 栗山英樹

大百科に記事のある出場選手一覧

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
ワ行

2006年

詳細はWBC2006を参照

2009年

詳細はWBC2009を参照

2013年

詳細はWBC2013を参照

2017年

詳細はWBC2017を参照

2023年

詳細
2023ワールドベースボールクラシック
基本情報
開催 日本日本
台湾台湾
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
日程 2023年3月8日
-2023年3月21日
本選出場 20チーム
WBCテンプレート
出場チーム
A組 キューバ キューバ / イタリア イタリア / オランダ オランダ
パナマ パナマ / チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
B組 日本 日本 / オーストラリア オーストラリア / 大韓民国 韓国
チェコ チェコ / 中国 中国
C組 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 / メキシコ メキシコ /  コロンビア 
カナダ カナダ / イギリス イギリス
D組 プエルトリコ プエルトリコ / ベネズエラ ベネズエラ / ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 
イスラエル イスラエル / ニカラグア ニカラグア

本来は2021年に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大ので延期。2023年の開催となった。この年から本選出場が16チームから20チームに拡大された。第4回まであった第2ラウンドは止され、第1ラウンド終了後から決勝トーナメントが行われる。

栗山英樹監督の下、2009年以来の優勝す。日本ダルビッシュ有大谷翔平鈴木誠也吉田正尚と言ったメジャーリーガーが参加表明。さらに2022年に56本塁打記録し最年少で三冠王を受賞した村上宗隆、2年連続投手タイトル四冠の山本由伸らも代表入り。母親日本人籍のため日本代表として参加できるラーズ・ヌートバーも代表入りし、チームメイトたっちゃんとしてしまれる。しかし鈴木誠也は大会直前に負傷のため辞退となった。栗林良吏も代表入りしていたが、登板することはないままを負傷し、投手に入っていた山﨑颯一郎ロースターに入った。

2月10日に出場する20チームの最終ロースターが発表されたが、総勢186名のメジャーリーガーが参加することになった。

日本は第1ラウンドを4戦全勝し、準々決勝に進出した。

決勝トーナメント

準々決勝 準決勝 決勝 優勝
オーストラリア オーストラリア 3 キューバ キューバ 2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 2 日本 日本
キューバ キューバ 4
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 9 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 14
ベネズエラ ベネズエラ 7
イタリア イタリア 3 日本 日本 6x 日本 日本 3
日本 日本 9
プエルトリコ プエルトリコ 4 メキシコ メキシコ 5
メキシコ メキシコ 5

アメリカ合衆国

準決勝のベネズエラ戦では7回まで5-7と劣勢だったが、8回にトレイ・ターナーが逆転満塁ホームランを放って9-7と一気に逆転。9回をライアン・プレスリーが締めて準決勝進出。

準決勝のキューバ戦ではキューバに1点を先制されたが、裏で前年ナショナルリーグMVPポール・ゴールドシュミットが2ラン逆転ホームランを放つ。その後はトレイ・ターナーが2本塁打セドリック・マリンズが1本塁打一発攻勢で圧倒し、決勝進出となった。

日本

準々決勝では大谷翔平先発し、4.2回を2失点と好投。岡本和真が1本塁打5打点と活躍し、イタリアを9-3でくだした。

準決勝ではベスト4に初めて進出したメキシコと対戦。佐々木朗希が先制3ランホームランを打たれたが、吉田正尚が同点3ランホームランを放つ。その後メキシコに3-5と勝ち越されたが、最終回大谷が初球を打って二塁打吉田四球を選んで周東佑京が代走に入る。ここまで不振に陥っていた村上宗隆センター越えタイムリーを放ち、周東がホームインしてサヨナラ勝ち。日本が決勝戦に進出した。

決勝戦

日本アメリカ合衆国アメリカは2回表にトレイ・ターナーが先制ホームランを放つが、2回裏に村上宗隆が同点ホームランラーズ・ヌートバーのゴロで2点をとって逆転。4回裏に岡本和真ソロホームランを放って2点差としたが、8回表にダルビッシュ有カイル・シュワーバーソロホームランを打たれ1点差となる。9回のマウンドには大谷翔平が上がり、15球で締めくくって第2回、14年ぶりの世界一を奪還した。


WBC2023関連項目

初出場勢

第5回大会はイギリスチェコニカラグアが初出場となる。

イギリスヨーロッパ予選を3連勝で予選通過。本選ではC組に入る。3月11日アメリカ戦で2-6、3月12日カナダ戦で8-18で敗れたが、3月13日コロンビア戦では7-5でWBC本選初勝利グレアム・スプレーカー勝利投手となった。C組で4位に入ったため、第6回大会には予選なしで出場できるようになった。出塁時に紅茶を飲む仕をするパフォーマンスホームランを打ってホームインする前にチームメイトから王冠ローブが与えられるイギリス流のパフォーマンスを行った。


チェコヨーロッパ予選で初戦はスペインに敗れたが、敗者復活戦から3連勝し予選を2位で通過。本選ではB組に入り、3月10日中国戦でWBC本選初勝利3月11日日本と対戦する。佐々木朗希162km/hの直球ウィリーエスカラの左膝に直撃してしまうトラブルが起き、エスカラは絶していたが、ダッシュで出塁して観客を沸かせた。チェコは2-10で日本に敗戦したが、選手たちはダグアウトから出てきて日本の選手とスタンドの観客に祝福拍手を行い、称賛するが上がった。大谷翔平オンジェイサトリアと撮し、「Respect」とSNS投稿した。後日佐々木チェコ代表に死球お詫びも兼ねてロッテお菓子を差し入れした。B組で4位に入ったため、第6回大会には予選なしで出場できることになった。


ニカラグアパナマ予選でブラジルに敗れ、敗者復活戦から3連勝し予選を2位で通過。本選ではD組に入る。D組では4連敗し予選から出直しとなったが、デュケ・ハーバートはドミニカ戦でフアン・ソトフリオ・ロドリゲスラファエル・デバースから三振を奪い、デトロイト・タイガースマイナー契約に至った。

キューバについて

キューバの選手は亡命をしてまでアメリカ合衆国などに渡り、MLB球団と契約していた。これまで第4回大会までMLB選手がキューバ代表として出場したことはなかった。

この事態に手を打つため、キューバ2022年3月16日亡命選手で組織されたキューバプロ野球選手協会(ACPBP)を立ち上げるが、キューバ野球連盟(FCB)はこれを批判2022年12月7日FCBアメリカ合衆国連邦政府許可が要ると通達され、12月24日キューバ代表として出場することを許可されたことを発表された。これにより、MLBで出場経験があるヨアン・モンカダ、ヨエニス・セスペデスルイスロベルトらが代表入りした。

A組全チームが2勝2敗だったが、失点率が最も低い0.42だったため1位通過。準々決勝でオーストラリアに4-3で勝利し、2006年(第1回)以来の準決勝進出となった。

スコア

リーグ 日付 対戦相手 結果 場所
第1ラウンド 3月9日 中華人民共和国 中国 ○8-1 東京ドーム
3月10日 大韓民国 韓国 ○13-4
3月11日 チェコ チェコ ○10-2
3月12日 オーストラリア オーストラリア 7-1
準々決勝 3月16日 イタリア イタリア ○9-3 東京ドーム
準決勝 3月20日 メキシコ メキシコ ○6x-5 ローンデポ・パーク
決勝 3月21日 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 3-2

表彰

MVP

年度 ポジション 選手名 所属球団
2006年 投手 松坂大輔 日本 日本 西武ライオンズ
2009年 投手 松坂大輔 日本 日本 ボストン・レッドソックス
2013年 二塁手 ロビンソン・カノ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 ニューヨーク・ヤンキース
2017年 投手 マーカス・ストローマン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 トロント・ブルージェイズ
2023年 投手 大谷翔平 日本 日本 ロサンゼルス・エンゼルス

オールWBCチーム

投手
年度 選手名 所属球団
2006年 松坂大輔 日本 日本 西武ライオンズ
ヤデル・マルテ キューバ キューバ ロスレオネスインダストリアレス
賛浩 大韓民国 韓国 サンディエゴ・パドレス
2009年 松坂大輔 日本 日本 ボストン・レッドソックス
岩隈久志 日本 日本 東北楽天ゴールデンイーグルス
奉重根 大韓民国 韓国 LGツインズ
2013年 前田健太 日本 日本 広島東洋カープ
ネルソン・フィゲロ プエルトリコ プエルトリコ アリゾナ・ダイヤモンドバックス
フェルナンド・ロドニー ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 タンパベイ・レイズ
2017年 千賀滉大 日本 日本 福岡ソフトバンクホークス
マーカス・ストローマン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 トロント・ブルージェイズ
ジョシュ・ゼイド イスラエル イスラエル セントルイス・カージナルス
2023年 大谷翔平 日本 日本 ロサンゼルス・エンゼルス
ミゲルロメロ キューバ キューバ
パトリック・サンドバル メキシコ メキシコ ロサンゼルス・エンゼルス
捕手
2006年 里崎智也 日本 日本 千葉ロッテマリーンズ
2009年 イバン・ロドリゲス プエルトリコ プエルトリコ ヒューストン・アストロズ
2013年 ヤディアー・モリーナ プエルトリコ プエルトリコ セントルイス・カージナルス
2017年 ヤディアー・モリーナ プエルトリコ プエルトリコ セントルイス・カージナルス
2023年 サルバドール・ペレス ベネズエラ ベネズエラ カンザスシティ・ロイヤルズ
一塁手
2006年 李承燁 大韓民国 韓国 読売ジャイアンツ
2009年 金泰均 大韓民国 韓国 ハンファ・イーグルス
2013年 エドウィン・エンカーナシオン ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 トロント・ブルージェイズ
2017年 エリック・ホズマー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 カンザスシティ・ロイヤルズ
2023年 育成 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ ボストン・レッドソックス
二塁手
2006年 ユリエスキ・グリエル キューバ キューバ ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥス
2009年 ホセ・ロペス ベネズエラ ベネズエラ シアトル・マリナーズ
2013年 ロビンソン・カノ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 ニューヨーク・ヤンキース
2017年 ハビアー・バエズ プエルトリコ プエルトリコ シカゴ・カブス
2023年 ハビアー・バエズ プエルトリコ プエルトリコ デトロイト・タイガース
三塁手
2006年 エイドリアン・ベルトレ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 シアトル・マリナーズ
2009年 李杋浩 大韓民国 韓国 ハンファ・イーグルス
2013年 デビッド・ライト アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 ニューヨーク・メッツ
2017年 カルロス・コレア プエルトリコ プエルトリコ ヒューストン・アストロズ
2023年 アン・モンカダ キューバ キューバ シカゴ・ホワイトソックス
遊撃手
2006年 デレク・ジーター アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 ニューヨーク・ヤンキース
2009年 ジミー・ロリンズ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・フィリーズ
2013年 ホセ・レイエス ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 トロント・ブルージェイズ
2017年 フランシスコ・リンドーア プエルトリコ プエルトリコ クリーブランド・インディアンス
2023年 トレイ・ターナー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・フィリーズ
外野手
2006年 イチロー 日本 日本 シアトル・マリナーズ
李鍾範 大韓民国 韓国 起亜タイガース
ケン・グリフィー・ジュニア アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 シンシナティ・レッズ
2009年 青木宣親 日本 日本 東京ヤクルトスワローズ
フレデリク・セペダ キューバ キューバ ガリョス・デ・サンクティ・スピリトゥス
ヨエニス・セスペデス キューバ キューバ アラサネス・デ・グラン
2013年 アンヘル・パガン プエルトリコ プエルトリコ サンフランシスコ・ジャイアンツ
ネルソン・クルーズ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 テキサス・レンジャーズ
マイケル・ソーンダース カナダ カナダ シアトル・マリナーズ
2017年 ウラディミール・バレンティン オランダ オランダ 東京ヤクルトスワローズ
グレゴリー・ポランコ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 ピッツバーグ・パイレーツ
クリスチャン・イエリッチ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 マイアミ・マーリンズ
2023年 ランディ・アロサレーナ メキシコ メキシコ タンパベイ・レイズ
マイク・トラウト アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・エンゼルス
吉田正尚 日本 日本 ボストン・レッドソックス
指名打者
2006年 アンディガルロボ キューバ キューバ ココドゥリロス・デ・マタンサス
2009年 賢洙 大韓民国 韓国 斗山ベアーズ
2013年 井端弘和 日本 日本 中日ドラゴンズ
2017年 カルロス・ベルトラン プエルトリコ プエルトリコ ヒューストン・アストロズ
2023年 大谷翔平 日本 日本 ロサンゼルス・エンゼルス

個人賞

2006年
名前 成績 所属球団
最多勝 松坂大輔 日本 日本 3勝 西武ライオンズ
最多投球回 上原浩治 日本 日本 17回 読売ジャイアンツ
最多奪三振 上原浩治 日本 日本 16奪三振 読売ジャイアンツ
最多安打 松中信彦 日本 日本 13安打 福岡ソフトバンクホークス
最多本塁打 李承燁 韓国 韓国 5本 千葉ロッテマリーンズ
最多盗塁 西岡剛 日本 日本 5盗塁 千葉ロッテマリーンズ
2009年
最多勝 松坂大輔 日本 日本 3勝 ボストン・レッドソックス
最多投球回 岩隈久志 日本 日本 20回 東北楽天ゴールデンイーグルス
最多奪三振 ダルビッシュ有 日本 日本 20奪三振 北海道日本ハムファイターズ
最多安打 青木宣親

イチロー

フレデリク・セペダ
日本 日本

日本 日本

キューバ キューバ
12安打 東京ヤクルトスワローズ

シアトル・マリナーズ

サンクティ・スピリトゥス
最多本塁打 フレデリク・セペダ

アダム・ダン

ケビン・ユーキリス
キューバ キューバ

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
3本 サンクティ・スピリトゥス

ワシントン・ナショナルズ

ボストン・レッドソックス
最多盗塁 片岡易之

ジミー・ロリンズ
日本 日本

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
4盗塁 埼玉西武ライオンズ

フィラデルフィア・フィリーズ
2013年
最多勝 ペドロ・ストロップ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 3勝 ボルチモア・オリオールズ
最多投球回 前田健太 日本 日本 15回 広島東洋カープ
最多奪三振 前田健太 日本 日本 18奪三振 広島東洋カープ
最多安打 ロビンソン・カノ ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 15安打 ニューヨーク・ヤンキース
最多本塁打 ホセアブレイ

アルフレド・デスパイネ
キューバ キューバ 3本 エレファンテス・デ・シエンフエーゴス

カンペチェ・パイレーツ
最多盗塁 ランドルフ・オドゥバー オランダ オランダ 5盗塁 ワシントン・ナショナルズ
2017年
最多勝 ダニー・ダフィー

セスルー
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国

プエルトリコ プエルトリコ
2勝 カンザスシティ・ロイヤルズ

ニューヨーク・メッツ
最多投球回 マーカス・ストローマン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 15回 トロント・ブルージェイズ
最多奪三振 千賀滉大 日本 日本 16奪三振 福岡ソフトバンクホークス
最多安打 ウラディミール・バレンティン オランダ オランダ 16安打 東京ヤクルトスワローズ
最多本塁打 ウラディミール・バレンティン オランダ オランダ 4本 東京ヤクルトスワローズ
最多盗塁 ハビアー・バエズ プエルトリコ プエルトリコ 4盗塁 シカゴ・カブス
2023年
最多勝 大谷翔平

ジョジョロメロ

ミゲルロメロ

ホセルイーズ

アダム・ウェインライト
日本 日本

メキシコ メキシコ

キューバ キューバ

ベネズエラ ベネズエラ

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
2勝 ロサンゼルス・エンゼルス

セントルイス・カージナルス

オークランド・アスレチックス

シカゴ・ホワイトソックス

セントルイス・カージナルス
最多投球回 大谷翔平 日本 日本 9.2回 ロサンゼルス・エンゼルス
最多奪三振 ミゲルロメロ キューバ キューバ 13奪三振 オークランド・アスレチックス
最多安打 ノーラン・アレナド

ムーキー・ベッツ

ジョーイ・メネセス

アン・モンカダ

大谷翔平
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国

メキシコ メキシコ

キューバ キューバ

日本 日本
10安打 セントルイス・カージナルス

サンディエゴ・パドレス

ワシントン・ナショナルズ

シカゴ・ホワイトソックス

ロサンゼルス・エンゼルス
最多本塁打 トレイ・ターナー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 5本 フィラデルフィア・フィリーズ
最多盗塁 チャベスヤング
キューバ キューバ
5盗塁 ピッツバーグ・パイレーツ

関連動画

2013年

史上稀に見る名勝負                        史上稀に見る大乱闘

2017年

大会の珍プレー好プレー

2023年

募集中

その他

TBSの中継で起用されているテーマ

関連商品

本・コミック

Tシャツ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: は に わ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/15(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/15(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP