単語記事: 死亡フラグ

編集

死亡フラグとは、ある人物が死亡したときに、生前に特定の行動・発言をしていたために死亡
確実になったとされる、一種の説のことである。または、死亡が予見される行動・発言そのものを
すこともある。対義は「生存フラグ」。

英語では、Marked for Death(MFD)である。この場合の"Death"は一般名詞の「死(death)」
ではなく固有名詞の「死神(Death)」のことであり、「死神をつけられた」くらいの意味である。

概要

title一部の物語等で、都合上死ぬべき人が生前に「自分だけは助かる」といった楽観的発言や、
「故郷に婚約者がいるんだ」等と発言した後に死ぬことで、より悲劇性・常観を強調させる
という手法が採られることが多い。

そこから転じて、一見して死にそうにない人の死を劇的に見せたり、不審な死に方を演出する
ために、その人物に特定の発言・行動をさせることがあるが、その行為に一定の法則性がある
ため、逆にそれらの演出や描写を読み取ってその人物が死ぬのではないかと推測できるよう
になり、それをバッドエンドフラグになぞらえて表現したものが「死亡フラグ」である。

titleなおフラグ(flag)とは、ゲーム中で特定イベントが起きるための条件分岐に付けられた
コンピュータであり、そうなる条件が確立した場合に『フラグが立つ』という。
とはいえフラグが立った場合でも、そのフラグの種類によっては再び『寝かせる』事が可
だったり、別のフラグを立てる事で第三のルートに分岐できたり、あるいはイベントが起こる
ルートを通らない事で判定自体をなくすといった回避手段がある場合もある。
そのような場合を『フラグが折れる』と言う。
必ずしもフラグ成立=イベント成立」とならない所は物語における用法と同一である。

titleフラグとされるものは下述のように数にあり、中にはこれを逆手にとって
「あからさまな死亡フラグに見えて生存
フラグ通りに死ぬも実は生きていた」
フラグなんてなかった(フラグクラッシャー)」
という例もある。

ただし、本来の意味からして後付けで理由をつけやすい言葉であるだけに、
どんなことであっても死んでいれば生前に死亡フラグを立てていたと思う人もいるが、
title必ずしもそうでないことには留意したい。
特に、「死亡フラグ事前から読み取れる!」と思い込むのは禁物である。

昨今の死亡フラグ

title死亡フラグという言葉がネット上で広まってからアニメ・ゲーム漫画等、
特にパロディーギャグ作品上で意図的な演出として使われる事が出てきた。
またシリアスなものでも、「ここはに任せろ」と言って主人公と別れ、
主人公ピンチの時に駆けつけたりと死亡フラグをあえて立てた後へし折る
ことで意外性・強さを強調する演出もある。

いは、死兆星イキガミのように作中で明確に死亡フラグであると示されている
ものもあり、この場合は死を宣告された中でどう行動するかを見たり、それに
よって何人もの人が作中で死んだ後に、ここぞというシーンでそれを打ち破る
例外を示すことで、展開を読めなくしつつ最大の強さをみせたりする。

事前にあらかじめ死亡条件(フラグ)が見えている形で物語が開始される作品もある。「バトル・ロワイアル」・「未来日記」等がそれであろう。また「L3(リンダキューブ)」・「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」も「今頭上に見えている死亡フラグ」に対しどう処するかという所からゲームが始まる。

その他、推理小説全般で主人公が行くところ行くところで必ず殺人事件が起こったり、機関車トーマスにおけるココア等最作品内での「お約束」となっているものもある。

ニコニコ動画では

実際に死亡に至らなくてもパターンに一致すればコメントがつく事がある。また、広義には『死』が訪れなくとも失敗・負けを想起させる発言・行動についても死亡フラグとされる場合がある。
他、「後で死ぬほど怖いに遭う」「後で死ぬよりつらいに遭う」場合についてもこのコメントがなされることがある。

第九の呪い

かつて掲載してあった死亡フラグの具体例を全削除した経歴のあるウィキペディアにしてはしく、固有の記事が存在する死亡フラグとして、この第九の呪いがある。

交響曲を9つ作曲すると死亡する確率が高くなるというこのジンクスは、ベートーヴェンの大作・第9番「合唱付き」(通称「第九」「歓喜の歌」)が彼の最後の交響曲になったことに由来する。時代は大きく下るが、マーラーは実質上の9作交響曲である「大地の歌」を交響曲と認めず、フラグを回避しようとした。しばらくしても死なずに済んだことに安心した彼は、新たに第9番を作曲して完成させたが、続く第10番を作曲する途中で死んでしまい、このジンクスまことしやかに騒がれるようになった。

ウィキペディアページ重複してしまうが、この第九の呪いに当てはまる作曲は意外に少なく、10曲以上の交響曲を作った作曲も多い(ハイドンモーツァルトは桁外れの交響曲を書いているが、古典交響曲ロマン以降より規模や演奏時間の短いものである)。

にもかかわらず、このジンクスが広まった理由は、第九以外にも、交響曲第9番に優れた名曲が多いのも一つの理由かもしれない(ドヴォルザークの「新世界」等)。

格言

上杉謙信にまつわる逸話の1つに、こういう言葉がある。

死なんと戦へば生き、生きんと戦へば必ず死すものなり
((将たるもの)必死の覚悟でいると生き延び、生きて勝利を味わおうと思えば死ぬものだ)
を出ずるより帰らじと思えばまた帰る、帰ると思えばぜひ帰らぬものなり
(戦地に赴く際に、には二度と帰るまいと思えば帰ることができ、帰ろうと思えば帰らぬ人になるものだ)

これは武士の心得としての表現であるが、死亡フラグに通ずるものでもある。

逆に言えば、もし死亡フラグを立てないように大往生しようとするならば、欠の油断ならない一生か、それこそ社会モブになる覚悟で、穏な、しかし人生に流されるままの一生を送らなければならないとも言える。
(なぜならば謙信も「飲のしすぎ」「分摂り過ぎ」という分かっていても避けがたい死亡フラグを立てていたため)

死亡フラグの一覧

「演出その他」を除き、出来るだけ一般的な物を挙げ、その上で具体例を例示して下さい。

(※注意:下記の演出が見られたからと言って必ずしも死亡条件が確立する訳ではない)

キャラ設定、性格

話の展開、行動

全般

ホラー・ミステリー・推理系

  • ホラーミステリーで、集団から自分勝手な理由で離れて1人になる
  • 「この中に殺人者がいるかもしれないのに一緒に居られるか!は自分の部屋に戻るぞ!」と言う場合
    特に1人で戻ろうとしたり1人部屋にいる人間ほどそう発言してしまうことが多い
  • 真犯人に遭遇した人物。特に、話しかける等して、真犯人に機を与えた場合
  • 犯行の重要な拠をつかんだところを、真犯人撃された場合
  • 真犯人が気づき、かつ、単独で真犯人を説得、または逆に脅そうとする
  • 大量の人造人形の存在をの当たりにする
  • 明らかに一人だけ悪態をついたり、悪巧みをしている描写があるとき。
  • デスゲームの開催宣言に対して反論・質問を述べる。(催者の本気度を、登場人物・視聴者の双方に示すための最初の犠牲者になる)

他、ミステリー系では「人が不審に死ぬ」ことから物語が始まるだけに、数のフラグが存在する。
そもそもこういった作品に出演する事、また長期作品の場合はその主人公に偶然関わってしまう事自体が死亡フラグである。

戦闘系

  • 味方をう際、防御姿勢を取らず腕を広げて守る(防御姿勢、反撃態勢なら大丈夫、また敵が攻撃をためらうような人物だと生存フラグ)
  • 敵に対して圧倒的優位なことをわざわざ口に出して言う(「俺はお前の力を凌駕した」そして大抵
    ケラ共」「クズ共」等と集団を罵倒した後もかなり危険)
  • 勝ちへのプロセスをモノローグで説明する(所謂説明死)遊戯王キャラが直接戦闘しない作品に多い
  • 戦闘の前に人と約束を交わしたり、出撃命令で何かをやり損なったりする。結婚だとほぼ確実
    また、未来の願望をるのも非常にデンジャラス
    …この○○(戦争・戦い等)が終わったら、○○するんだ…」は最死亡フラグテンプレと化しつつある(ただしイタリア人のみ、生存フラグ)
  • 主人公より先に、何かしら重要な秘密を知ってしまう(視聴者に見せるためor命がけで伝えて死亡)
  • 料理対決等、順番に技を披露する場で先攻になる
    (絶賛されるが、後攻はそれ以上に絶賛される。実際、直接対決しない形式の後攻有利は結構存在する)
  • 負けたふりをして襲いかかろうとする、稀に邪悪な事を考えながら死んだフリ。開き直って「…殺すなら殺せ」等というと逆に生存フラグ化する事もあるが、最近はバッチリトドメを刺される事も多いので、注意が必要
  • 救護班等の最安全地帯にいる
  • 逆に優位を嵩に最前線で調子にのって攻めまくる
  • 「ここはが食い止める」or「いいか、が帰ってくるまでここを動くんじゃないぞ」で別行動をとる
    (最近は敵を殲滅してばっちり帰ってくるケースも多い)
  • 話の冒頭・切れの、どこか分からん場所に1人で立ってる一般人(視聴者への状況説明)
  • 生死のを彷徨っている時に、心が満たされてしまう(「もうゴールしてもいいよね」)⇔「…約束、だよ」
  • セガールケンシロウ等強くて容赦ないに出くわす悪党(主人公補正の犠牲者)
  • 土の土産に教えてやろう」と喋りだす(言ったものが用済みになるため。「言いたいことはそれだけか」)
  • に物量・サイズ差のみに頼り切った攻撃をする(銀河英雄伝説ラインハルトのように信念・戦略がある場合や、うずまきナルトの多重影分身のように戦術の一部として用いる場合は除く)
  • まだ勝負がついていないのに、前祝い等既に勝ったかのような行動をとる
    (現実でも多く、WBCで実際に発生。他にJRAタイキシャトルも割と有名)
    ただし、油断を含まない場合フラグにもなりうる(「お前はもう死んでいる」「あいつが負けると思うか?」等)
  • を過信し、自分の量をえた行動を取る。人の忠告を視するとさらに危険
    (「大丈夫だ、問題ない」「兄貴が出る幕でもないっすよ!ここはが!」「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」ただし覚醒のきっかけになるパターンも)
  • 弾が刺さったメダル等、一度生存フラグになったものを見せびらかし、意図的にもう一度頼る。 
    ただし、これを逆利用してそれに刺さっていた弾が、つまりかつてのライバルが守ってくれたと言う展開もある。
  • ダンジョン等で宝を前に裏切る。大抵は宝を守る最後の主人公でやられる
    但し、峰不二子のように、明るくコメディ要素のあるトレジャーハンター等は裏切っても問題なく宝をせしめる事も
  • これまでの苦悩・葛が解消され、心が満たされた状態で戦闘を行う(もう何も恐くない)
  • 主人公キャラ(A)にとって味方だったキャラ(B)が、何らかの理由により敵側についてしまう。A側とB側のどちらか、あるいはどちらにも死亡フラグが立つ事が多い
    例として、AとBの仲が良かったという描写があると、BがAにやられた後にギリギリの所で心して死んでいったり、Aだけが仲が良いと思って裏切りに絶望したところをBが殺す等がある
    また、相打ちになって死んでいく(あるいは片方が自滅覚悟で攻撃し、両者とも死亡)という例もある
  • 科学者が強大なを持った生物兵器を起動させる(「さあ、ヤツを殺せ!」大抵の場合命令を聞かずに殺される)
  • 「ここがお前たちの墓場となるのだ!」「今日貴様命日となる!」などの発言(発言者自身の墓場・命日になる)

お化け出現フラグ

怪談・奇怪談系で、特に人を呪い殺すような類のお化け等が出現する場合、お化け自体が死亡フラグなので、お化けの出現フラグ=死亡フラグ状態となる場合が多い。お化けの例としては、リング貞子呪怨の伽椰子・敏雄親子等。

基本的に、綿で首を絞めるようなネチネチした性格のお化けが多いようで、偽死亡フラグの数も結構多い。また、お化けにはツンデレも多いので、自分について真剣にかまってくれる人ほど、偽フラグを連発して、むしろ誘導している場合が多い。
どれが本物フラグか判別は難しいが、全般的に、当該人があまりお化けについて考えていなかったり、当該人の周りの人が怪奇現に気づいていない場合は、本物フラグを立てられていることが多いようである。

  • 先にお化けにやられた人や、その人の遺留品・やられた跡を見つける
  • 等の跡の後を追跡してみる
  • お化けの存在を否定、または信じる人を馬鹿にするような発言をする
  • 不審な廃墟キャンプ場等で性交渉やそれに類する行為を行う
  • お札を見かける。特に剥がれている場合
  • 奇妙な物音、または(子供の笑い)等を聞く。特に音を調べようとする場合
  • 物陰等に誘導するかのように不自然に動く物体を見つけたとき。女の子サッカーボール、からくり人形
  • 不審な部屋、物陰等を自的に調べ、そこが安全である事を確認し、安堵した時
  • が球切れする。(特に チカッ チカチカ… と明滅を繰り返す状態)ほぼ慣用化したフラグである
  • 懐中電灯の電池が切れる
  • 電話回線の調子がおかしくなる。雑音が入る。変な音が混じる
  • 校門の前、あなたの後ろ等、ありえない場所からの電話を受ける(ただし、1995年頃より前に限る)
  • 外から電話、または、外なのに電話メールを受信する(ただし、1995年頃より後に限る)
  • テレビ画面・監視カメラ等の映像がおかしくなる、ノイズが入る
  • 電話テレビ等が作動しない。または、逆に作動状態を解除できなくなる
  • 人のいないはずの場所に、人がいるような気配がする
  • 死亡、または行方不明になったはずの人が現れる(生存フラグになる場合もある)
  • 急に過去世界に戻る、過去世界の前に広がる等、時間軸がおかしくなる
  • お化けが、文字通り化けて現れてくる(ガラス等には正体が映る)
  • 最終的に、お化けをチラチラ見かけるようになる
  • 苦労の末に恐怖から逃れたり事件が解決したと思ったら、後日談が始まった場合

演出その他

関連動画

関連商品

関連項目

50音

実在人物

非実在人物

台詞

その他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0
ページ番号: 52942 リビジョン番号: 2082010
読み:シボウフラグ
初版作成日: 08/05/17 12:09 ◆ 最終更新日: 14/09/06 22:02
編集内容についての説明/コメント: 大百科記事がないものを削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


鳥のモズそのものって

やだかっこわるい

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

死亡フラグについて語るスレ

1114 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 09:53:48 ID: cOpUEUkf0N
>>1112
真島の兄さん死亡フラグたってからが本だよなw
ここは一人で十分や。先行っとり→本当に一人でやっちゃったよみたいなw
1115 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 14:04:31 ID: uyb7BJonFu
気をそらされやすい性格や
気づきにくい鈍感な性格
このあたりは確実にフラグふんでるよな
1116 : ななしのよっしん :2014/11/24(月) 06:18:40 ID: yOAzRvrZp8
そのうち死亡フラグが立つと覚醒して死亡フラグを回避するキャラなんて出てくるのかな?
もう出てるかな?
1117 : ななしのよっしん :2014/11/24(月) 18:09:03 ID: cOpUEUkf0N
>>1116
ギャグ二次創作なら多数いるけど、商業誌でとなるとぱっと思いつくのはめだかボックスかなあ?
1118 : ななしのよっしん :2014/11/25(火) 20:21:31 ID: SGkUmByOcq
ニンジャスレイヤータカギガンドーも
死亡フラグ死亡フラグを重ねた結果、
とうとう第2部の最終決戦も生き残ったしな。
1119 : ななしのよっしん :2014/11/30(日) 20:21:17 ID: S3gLayFw0X
名前がレンって女の子(orヒロインポジ)もなかなか危ないと思う
死亡フラグとはちょっと違うかもしれんが、かなりの数がろくな事にならない
1120 : ななしのよっしん :2014/11/30(日) 23:53:47 ID: cOpUEUkf0N
>>1119
的にはラ行が中二心くすぐる行だから、それだけで死亡フラグとまで行かなくとも危険ポジw
1121 : ななしのよっしん :2014/12/01(月) 07:54:04 ID: MR8yHnkt7L
>>デスゲームの開催宣言に対して反論・質問を述べる
このパターンは死んだと見せかけて実は内通者や黒幕だったという生存フラグの場合もある。
1122 : ななしのよっしん :2014/12/01(月) 13:13:32 ID: NbBv2QzVDX
王は1人でいい的な発言をする
→滅び去るのは自分のほう

寺沢先生の「コブラ」では1話の中に2回もこの死亡フラグが立つ回があるんだけど
1123 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 23:00:12 ID: X3ec8eadxW
主人公と宿敵の相手との戦闘に援護射撃するのも相当なフラグだと思う
モブなら大体敵に薙ぎ払われて即死、物語終盤ならレギュラーでも絶望感を演出するor布石として死亡
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015