Λ-11単語

ラムダ

 Λ-11とは、2D格闘ゲームBLAZBLUE」に登場するキャラクターの一人である。

人物概要

プロフィール

身長 155cm
体重 45kg(ユニット装備時:250kg)
血液型 不明
出身地 第七機関
誕生日 不明
趣味 なし
大切なもの なし
嫌いなもの なし
ドライブ ソードサマナー
BGM Awakening The Chaos
CV (不明)

バックストーリー

BLAZBLUE - CALAMITY TRIGGER -

 名前というか素材というか、「第11素体」のみ設定資料集の小説に登場
 崩壊したイカルガにテイガーが訪れ、第11素体を回収して持って帰るというもの

 以後はCSによってられる、CT時点、またはCT直後の話

 直接的な理由はられていないが、この時点で死亡してしまっている
 庭用CSにてられた内容によれば、生前はν-13と同じくお兄ちゃんに元気にヤンデレてたようだ

 度重なる”図書館”による非実験により、最後まで世界を恨んで壊れたまま逝ってしまったらしい
 庭用CSにてこのときの記憶を持ったまま復活したラムちゃんが見れるが、痛ましいの一言。
 どうあっても暴走してしまうため、ココノエはやむなくΛ-11の全ての記憶を消去。物言わぬ人形にしてしまった

 このとき、「”やはり”こうなるか!」などと発言するあたり、
 ココノエはきっと、本当はΛテイガーと同じく、”具”ではなく”仲間”として迎え入れたかったのだろう 

BLAZBLUE - CONTINUUM SHIFT -

第七機関科学ココノエが開発した生体兵器
前作でテイガーが回収した第11素体(Λ-11-)に前作の戦いで敗れ、
シェオルの門に落下、消滅したν-13-の魂を定着させ、稼働している。
稼働の際、一切の感情・記憶を排除され、ココノエ的を果たすべく活動する。

性格・設定

性格

設定

ゲームキャラクターとしての特徴

周囲に浮かせている(ソード)と、スピードを活かした蹴り技中心の体術、
それとワープさせたり召喚する技術や重力を操って戦う。

スピードの速い中距離キャラ」に「ソードサマナーによる遠距離攻撃」をくっつけた感じ。
挙動がとても素直でコンボ較的簡単なため、割りと初心者向けだったりする

最大の特徴はν-13同様ドライブ技であるソードサマナーを始めとする豊富な飛び道具
基本的な性ν-13に準じるが、5DD、4DDがjcできない、シックルが上段の設置技になっているなど
あまり法な性ではなくなっている 
また最大の変更点としてアクトパルサーzweiが追加され、従来のアクトパルサー削除された

アクトパルサーzwei
A版が一定距離を移動するだけの移動技(前進のみ。実質後ろパルサーのみ削除
B版(ブレイド)は下段の突進技。発生が速く、RCすることで高い火力が見込める
C版(キャバリエ)はガード不可の突進技。受身不能時間が異様に長く、かなりの高火力叩き出せる
と、STGキャラであるΛに少しスパイスを効かせる性になっている 

またガープラ削りが非常に高く、CSではガークラレイチェルΛの専売特許だった
崩しそのものも強く火力も高いため、STGやめてガチで殴りに来るとそれはそれでかなり怖い。 

一部キャラを除けば本当に得意なのは遠距離戦ではなく中距離戦で有り、
距離戦にしようとすると相当の読みの精度を要され、ボロが出やすい

技一つ一つを見た単純な飛び道具の性ではハザマのウロボロスに見劣りするが(に硬直等で)
他のSTGキャラにない特徴として、
「豊富な飛び道具を駆使し相手の切り返し技が届かない位置から固め、択を迫る」という芸当が可 

シリーズを通して、テイガー(+アラクネ)に対し大幅な有利を付けており
テイガー使いを相手にどれだけ非情になれるかがΛ使いの腕の見せ所で有る
仕事中に先輩ボコって「対の存在意義を問うm9(^Д^)」とかΛさんマジパネェっす 

キャラランクではいつも最終的に中堅に落ち着くが、総じてポテンシャルが高く
読み次第で上位キャラを喰らっていける 

長所

短所

  • ソードサマナーは軌が直線的かつ外してしまうとフォロー不可なので、一点読みを要される場面が多い
  • ノーゲージでは地上喰らいの相手からまとまったダメージを取りづらい
  • 最大コンが難しい
  • 切り返しに乏しく、一旦近づかれると脆い(CS2~)
  • 不利キャラはとことん不利

CS

STGもできるバランスキャラといった調整。
 

 最大の特徴はグラビティシード(以下「重力」)に無敵が付いている事
 使用制限が有るものの、これのお陰で相手がテイガーだろうとガンガン殴りに行く事もできた

 また6Cがバウンド誘発で、低クレセントセイバー5Dで追撃可だったために、
 相手を一回でも浮かせる事ができればそのままコンで高い火力を出せたので、火力は高い部類に入る

 反面、火力を出すためにはある程度相手に接近しなければならず、その辺のさじ加減が課題となる 

 必須のコンボ難易度は軒並み低めで有ったが、「クレループ」と呼ばれるコンボ難易度が高く
 大事な所でコンボを落としてあっというまに逆転されるラムちゃんが多発したとかしなかったとか 

CS2

CSよりSTGセットプレイった。

 特徴は重力無敵削除された代わりにシックルのヒット数が増加したこと
 近接のリスクがかなり上がったが、代わりに起き上がりにシックルを重ねる事でGG並の崩しを展開できる 

 近接は基本弱体化だが、4Bの後退距離増加・2Cの発生高速化・リボルバーアクションの追加など
 やはりまだまだバランスは取れており、キャバリエや3C等からの火力も健在
 各種アクトパルサーも僅かに鈍化したものの、未だその突進距離リターンは破格。 

 遠距離では5Dと4Dが鈍化した代わりにヒットストップが長くなり、レガシーエッジを余裕で繋げられるようになった
 重力を必然的に相手の足止めに回す事になるため、結果的に弾幕が強化。結局テイガー先輩涙目
 ただ、サマナーの攻撃判定が若干薄くなり、少し当てにくくなった 

 火力面では6Cがり付き喰らいとなったために中央で火力を出しにくくなった…
 …と、思いきや重力を使う事で擬似的にを作り出せるため、火力はそこまで下がらなかった 

 余談だがCS2では全キャラで大幅なコンボの整理が行われ、
 Λの場合は中でJDD>J2DDが安定して繋がるようになり、端以外でのコンが削除された
 これが非常にスタイリッシュで評判。

 そして稼動当初各キャラ使いが新しいコンボを模索してる中、キャバリエや重力を使って
 初期から簡単なレシピで高火力叩き出していたので、一時期強キャラになるのではないかと懸念された。
 結局は他キャラに色んなコンボや連携が発見され、中堅に落ち着いたが。

CSEX

CS2をベースに、さらにSTGった。

 近接は全体的に補正がキツくなり、代わりに2DDから6C、4Bへのリボルバーアクションが復活
 ある程度端に近いか、もしくはゲージ50%以上あれば火力が伸ばせるようになった
 しかし3Cの始動補正が大幅にキツくなり、ロマンは減ってしまった 

 遠距離ではクレセントガープラ削りが削除CS2でシックルもガープラ削りが削除されたため、
 今までのような「崩しながらガープラを削る」という真似はできなくなった 

 さらにΛ自身のガープラの数も減少、CAでガープラが一つ消えてしまう事も有り、防御大分下がってしまった 

 ・・・ど弱体化ばかりだが、CSEXでは全キャラを弱体化させる事でバランスを取っているので
 キャラランクは変わらず中堅となっている

BBCP

( ´Λ`)?             者! (・μ・(ν^*)ドヒャァ!!!
 


2014年に予定されているアーケードバージョンアップにて、セリカ=A=マーキュリーとともに
新キャラとして参戦することが明らかになった。exit
何でも新技もあるとかなんとかexit
ν-13とは性が異なるらしい。続報を待とう。

その他

( ´Λ`)<ラムちゃんて呼ばれてしまうと先輩に恐れ多くて困るのだが・・・



関連動画

 


( ´`)随分と調子良さそうだねぇ・・・  ゲームが違う(´Λ` )

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%CE%9B-11

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Λ-11

43 ななしのよっしん
2014/06/08(日) 01:10:51 ID: 0KHFYUfJBT
>>42の補足
本編では一貫してニューとして活動してる
ラムダ自体の魂と人格はテイガーが掘り起こす前に死んでるし、ニューの魂も記憶消去されてるから、全く違う人格になってる
(まぁ、まんまニュー機械モードヤンデレモードの違いと考えたら良い)
44 ななしのよっしん
2014/06/11(水) 22:41:59 ID: NtQJqlpN8O
Λ天使
コンドムシリーズさいかわ
45 ななしのよっしん
2014/07/15(火) 23:51:57 ID: uhM9EpdXvN
ニューラムダカラー追加来るかと思ったらコンパチキャラで参戦きたね
ニューラムダの感覚とずれてるというか、持て余してる感じあったからラムダを使えるようになるのは嬉しい
46 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 15:48:30 ID: e5/4l/+vIt
PEXのえびてんの特典が狙い撃ち過ぎて初タペストリに手が出てしまいそうや
http://www.4gamer.net/games/286/G028648/20150129042/exit
47 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 23:41:14 ID: uOgScM8bEu
ラムダEXギャグシナリオやってみてワロタ。どう見てもキャッツイです本当にありがとうございましたww CSではギャグシナリオの皮を被ったシリアス回だったけど、今回はちゃんとギャグやっててよかった。
というかある意味ブレないニューノエル、軌修正ポジだと思ったら静かに淡々とキャラがぶっ壊れてるラムダが一番ツボったwww
48 長いので分割 1/2
2015/06/21(日) 16:37:14 ID: o81L46b7E1
CP2EX)の記述についてたたき台作っとくね

BBCP2において待望の復活を果たす。
無敵は短いが反確のない切り返し技エクシーガイルを新たに身につけ近接戦での不安感が減少、また、Aアクトから投げとエクシーガの二択を迫ることができ、投げ抜けにカウンターヒットした場合には高いリターンが望める。
ソードサマナーによる遠距離は弾速は遅く、乗算補正はきつく、さらに各種必殺技のC生はすべて削除されクレセントセイバーリーチも大幅に低下するなどSTGキャラとしての性姉妹ν-13に吸われる形で大幅に低下。
ν-13とは違い遠距離攻撃からの火力カウンターヒット確認やラピッドキャンセルをしない限りはたかが知れているため必ずどこかで接近して崩しにかかる必要が出てくる。
それにより遠距離だけでみるとほとんどの性ν-13に劣っており下位互換として見られることも多い。
しかしν-13の下位性といえどももとより遠距離キャラであることには変わりなく、ソードサマナーによる遠距離牽制は頼りになるので遠距離技を布石に近づ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
49 長いので分割 2/2
2015/06/21(日) 16:44:20 ID: o81L46b7E1
ν-13較した違いは

Λ-11の長所
・(一応)ソードサマナーのポケットがν-13より小さめ
・扱いやすく、かつ見えづらい地上中段の存在
・反確のない切り返し技エクシーガ
・接近、突進技の存在とそれを絡めたコンボの運び性
・シックルによる強な起き攻め
・ちゃんとリバサで当たるカラミティ
・CからDへのガトリング
ODカラミティは相手をサーチする

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
50 ななしのよっしん
2015/07/06(月) 00:31:20 ID: NtQJqlpN8O
アニメブレイブルーファンに駄作の一言で切り捨てられなかったのはこいつのおかげだと思ってる
キャラデザは結構良かったけどね
51 ななしのよっしん
2016/06/24(金) 08:52:11 ID: rdQNiNtB0+
全体的に絶望的&殺伐CF世界観でただただ純ラグナ護り隊やってて涙が出てくるわ
52 ななしのよっしん
2016/11/30(水) 00:44:42 ID: jvMyKX6NAf
CF後日談がすごい気になる。
あと普通料理が出来る・・・だと・・・

急上昇ワード