アーマードコア・ネクスト単語

アーマードコアネクスト
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

アーマードコア・ネクストとは、アーマードコア4fAに登場する人型機動兵器である。

劇中ではネクストと略される。

概要

アーマード・コア4に登場する架の物質『コジマ粒子』による恩恵を軍事転用したものの最高峰とされる。
基本的には全体構成するメカパーツ単位で組み替えられ、それによる汎用性を持つのは旧作アーマード・コアと同一の特徴である。

しかし、『コジマ粒子』の存在によって拡された機は既存の兵器を一絡げに「通常戦」として陳腐化させるのに至るものだった。

企業の持つ強大な徴でもあり、解体戦争以降もリンクスネクストは増えている。しかし、どの企業ネクストの技術を秘匿していることや、そのメンテナンス・維持のための費用がかかるという事もあって、基本的にコロニーや武装勢など企業クラスの規模を持たない者たちがネクストを保有することはできない。[1]

戦力価値

上記の動画を見てもらえれば、既存のACとの違いが分かるであろう。具体的には下記・および動画の通り。

これらのどの要素が欠けても「アーマードコア・ネクスト」足りえない。なお4やfA世界におけるネクスト以前のACを「ノーマル」と表現する。

(1) 新ジェネレーターの搭載
に「発電機構」「蓄電機構」「コジマ粒子発生機構」の三つの部位から成り立っている機関であり、ネクストの動。発電機構の原理は燃料電池であり、ここで生み出された電気エネルギーは蓄電機構とコジマ粒子発生機構に供給される。蓄電機構であるコンデンサに蓄積されたエネルギーは、ブースターエネルギー武器の使用など機体の稼働に使用される。蓄積されているエネルギー全に使い切ってしまうと、一時的にブースターエネルギー武器の使用が不可能になる。コジマ粒子発生機構は発電機構から得た電気エネルギーコジマ物質に与えることでコジマ粒子を生成する機構である。コジマ粒子には電気エネルギーを発生させるという特性があるため、生成されたコジマ粒子の一部は発電のための燃料として消費される。このジェネレーターの開発によって、ネクストは長時間の作戦行動が可となったが、流石に限に動けるわけではないため、専用の輸送ヘリによって作戦領域上まで輸送される。
(2) プライマルアーマー
コジマ粒子でネクストを包み込むことでバリア状の装甲にする技術。圧縮したり濃度を変更したりすることで物理的に接触できるを作れるようになり、重量据え置きでも弾やミサイルの直撃に耐えうる強度を誇る。また戦闘中に減衰してもコジマ粒子の供給による再構築が可である。
(3) クイックブースト
コジマ粒子によるエネルギーを利用した小ブースター戦闘機すらにならない全方向への急速な小回りとを得ている。より単純にいえば「近距離で発射された弾すら避けるような発的なスピードをあらゆる方向へ出せるようになった」ということである。ノーマルのようにメインブースターのみの回避行動では困難であった、高速で飛来する弾やミサイル群を文字通り「視認後に避ける」事が可となった。
(4) オーバードブースト
コジマ粒子を利用することにより実現した1000km/h以上の長距離高速巡航。これによって今まで使用されてきた輸送手段が不要になり、単独でも長距離を移動できるようになった(ただし、乗り続けることによる負荷があることや、コジマ粒子の非利用者数の方が多いこともあって、輸送手段そのものは今も存在している)。
(5) AMSアレゴリー・マニュピレイトシステム)による制御
パイロットとなる人間リンクス)がネクスト神経をつなげることで、機械が直接データをやりとりできるようにした制御システム。既存の兵器ノーマルよりもかに高性ネクストでは操縦性が複雑になってしまい、従来のシステムでは制御が追いつかなかった(AMSを使用せずにネクストを制御する場合、非常に高い連携が取れた、10数人のチームが必要である)。
そのため、人の電気信号を送り込んで制御することにより、精度・反応速度を大幅に高めた操作を可にした。 このAMSを扱うためには、機械からへ送られる信号を情報として処理できるという特殊な才AMS適性」が必要であり、このAMS適性を持つネクスト操縦者をリンクス(繋がる者)と呼ぶ。
(6) 積載量の増大による高火力兵装の搭載
ネクストに採用されたAMSは、アクチュエータ複雑系ACS)の制御精度にも影を及ぼす事になる。
これは数万の小アクチュエータが自しつつ相互に関連・連結し、全体で1つの系として動作する特殊な制御技術であり、この制御精度の向上並びに前述の大量のエネルギー供給によってネクストノーマル以上の積載量を獲得。高火力かつ高精度な火器運用を得る事となる。

以上の機を行ったACを、既存兵器の通常戦で対応する場合、このように通常戦側にとって圧倒的に不利な条件が重なる事となる。

  • ネクスト側の火力はどれも致命的である。
  • 通常戦側の火力は「プライマルアーマー」で化される。
  • 反撃を試みても「クイックブースト」で回避されるので、攻撃を命中させる事そのものが困難である。
  • オーバードブースト」の存在で、通常戦の警網を掻い潜り、直接自の中枢を攻撃される危険性がある。

事実、『アーマード・コア4』の作中で告げられている企業側の大規模クーデター、通称「国家解体戦争」では(環境破壊やテロリズム等により統治が疲弊していたとは言え)現代のような国家が有していた物量で圧倒している(通常)戦が、開戦当初は単なるテロとされたはずの企業側のたった26体のネクストによっておよそ一ヶで敗れてしまっている。

「走・攻・守全てが、兵器エラルキーのトップに君臨する兵器

「既存の戦争理論根本から覆しかねないバランスブレイカー

それが「アーマードコア・ネクスト」である。

デメリット

しかし、ネクストは運用する営にとって戦略的恩恵を与えると同時に、致命的な欠陥を持つ兵器でもある。

特に後者の「AMSにまつわる人材問題」により、ネクストは非常に個人への依存性が高く、一騎当千であるが故に、一機の損失が膨大であることから、組織のとしては信頼のおけない存在となってしまっている。

これは後に企業が、「代替え可凡人の集団」で運用できる兵器アームズフォート」を製造・とする直接的な理由の一つとなっている。

(1) コジマ粒子による汚染
コジマ粒子は使われた後も間に残り、環境と人体に悪影を及ぼす(劇中では放射能被曝に似たイメージ、有志による考察では一種の重金属粒子による被曝ともイメージされている)。
コジマ技術の塊であるネクストは「歩く汚染」でもあり、ネクスト戦闘行為を行った地域は、汚染の程度にもよるが、最悪の場合は、不毛の大地と化してしまう。
また、この性質によってネクストの搭乗者(リンクス)は総じて短命であるともいわれる。
(2) パイロットリンクス)が限定されてしまう
前述の通り、ネクストを操縦する際にはAMS適性が必要となる。この適性のい者にはまずネクストを操縦すること自体が不可能であり、適性があったとしてもそれが低い者は操縦時に高い精負荷がかかることになる。 [2]
また、AMS適性の優秀さはあくまで「ネクスト操縦士」としての優秀さであり、「兵士」としての優秀さに直結する訳ではない。いくら適性が高くともそこに戦闘技術が伴わなければ戦として価値がいと言う事である [3]。理想としては「適性・戦闘の両方に優れているリンクス」だが、これはAMS適性者の中でもさらに稀少な人材となってしまう。

過去作のACとの違い

パイロットレイヴンと呼んでいた従来作は『特殊なジェネレーター』というだけでうやむやにされていた設定を再度練り直し、明確にネクストと他の兵器との戦差が整理し直されている。

また、作中でも従来作に登場するアーマード・コアにあたる立場の兵器として「ノーマル」が登場するが、従来作とは世界観を共有していないうえに企業の独自規格パーツで作られているため、厳密な意味では“レイヴンが乗るアーマード・コア”とは異なる小説には統一規格パーツを組み換える機を持つ「ハイエンドノーマル」とされているものが登場するので、従来作のアーマード・コアはこの「ハイエンドノーマル」に近いと見ていいだろう。[4]

開発のフロムソフトウェアは従来シリーズからの脱却をしているため、ネクストについて「従来ノーマルとは全く違う新」と打ち出してはいるが、これらノーマルが従来のものと全く同じであるという意見から、従来シリーズとはかなり違うシステム・機体であると考えるスタッフまでおり、見解は統一されていない。

関連動画

ACを現代兵器較して考察する動画。特に第三回ではその絶望的な強さを明している。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *研究開発のためコロニーに提供されていた機体を傭兵業に利用している者(アナトリアの傭兵)や、コロニーを下に収めている企業の援助によって維持している者(ジョシュア・オブライエン)など、一部だが例外はいる。
  2. *ミド・アウリエルブログの内容によると、「猛な嘔吐感と飢餓感、しい頭痛が襲い掛かった」「AMS切断時に幻肢現が起こる」などといった症例がある。
  3. *逆に、AMS適性が低くとも優れた戦闘を持っていれば頭を現す場合もある。
  4. *ちなみに、コジマ技術を一部流用したノーマルが登場するが、その性は不安定である。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーマードコア・ネクスト

478 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 12:35:10 ID: SKULgmGTxP
そういう物か…?まぁ確かに幾らでも装甲厚くできるだろうから要らなそうではあるか

あくまで流体力学と推現実的成果と言うと、気になるのはやっぱり
転回時のGと(乗組員が一で座席の塗料になりそう)
止まる時どうしてんのかってとこかな(自然減速だと数km位滑走しそう)

あとはあのレーザーブレードの意味かな。
ミサイル叩き落としたネクストを撥ねるだけだっら別にあの質量だけで十分だろうし
(これに跳ねられてダメージで、SoMに踏まれると即死と言う疑問)
通常艦艇相手にもオーバーキルであろうことを考えると、
やっぱり対ギガベース兵装なんだろうか
479 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 23:04:45 ID: H1zbikLWq4
転回や減速は側面や全面に取り付けられた数の推進器で行っているらしい
特に転回用らしき側方推進器群は蓮コラじみた絵面になっている有様
乗組員保護に関しては高速戦闘艇と同じく全着席式、加えて耐Gスーツを着用しているんじゃない?
ちなみに資料集ではスティグロレーザーブレードを「対巨大標的狭大出エネルギーブレード」と書いてあるため、AFやそれに類する巨大標的をぶっ壊すための代物っぽい

あとスティグロに撥ねられても即死しないのは当然と言えば当然
踏まれるのと違ってエネルギー逃げ場があるから
480 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 20:20:08 ID: SKULgmGTxP
ティグロはまぁ巨大ロケット水上滑走してると考えれば、まぁ規模と強度の問題なんだろうけど
流石になのは、アンサラーグレートウォールだな

アンサラーは一体どうやって浮いてるのだろうか。
ブースタ吹かしてる様子はいから反重力機関でも搭載してるんだろうか?

グレートウォールはAF基準でも非常識な巨体を、ネクストをして容易に追いつけない速度で走らせてるが
レールもいのにあの巨体では普通の地面だと間違いなく埋もれるからこっちも反重力で浮揚?
そしてあの基地外じみた質量をあの速度で走らせる推進システムとはいったい…
481 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 00:35:35 ID: H1zbikLWq4
アンサラーKP技術の集大成だからしかない
一応デザイン案では四方の円盤アレイフローユニットとして描かれているが原理は不明
ちなみにカブカン無人機も同様のアレイフローユニットとして描かれているためそれそのものにKP技術は関わっていない可性が高い

グレートウォールの足回りは資料集で詳しく取り上げられていないため不明点も多いが、外観から察する限りではどうも輪や履帯を利用したものではないらしい
ホバークラフトの凄い版みたいな何かを出暴力ゴリ押ししている説が個人的な推し
482 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 18:17:28 ID: SKULgmGTxP
まぁアンサラー技術としか言いようがいと諦めて

一応グレートウォールについて久々に実機起動して足元観察をやってみた
連結部の足元に入り込むと多少は中が伺えるのだが、なんか簀の子みたいな形状なんだよね
…結局何も分かんねぇなコレ
挙動がホバー臭いってのはあるが、ホバーって浮くだけで推進器が別に要るし
の山脈みたいな代物を空気を吸排気で浮かせるとか巨大ハリケーンが出来そうなもんだし…
やっぱりアンサラー同様、なんか浮かせる技術で誤魔化してるんじゃないかな?

しかしめて思ったが、ゲーム内のグレートウォールってホント火力ひっくいなぁ
全幅200m位ありそうな巨大ミサイルランチャーネクストに積んであるミサイルと大して変わらんレベルだし
(まぁサイズ相応の火力なんて発揮されたら一発で消し飛ばされるだろうけど)
483 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 13:58:46 ID: bhQ2GJ/Ij0
>> 479
いやあの巨体があの速度で動いてるんだから、衝突したらネクストだろうがなんだろうが一撃でバラバラになるのでは
逃げ場があったところでどうこうできる衝撃じゃないと思う

まあ衝突したらスティグロ側の被害も酷いことになりそうだけど、そもそもああやって体当たりするために作られてるからその辺の対策はされてるのかな

ゲーム中当たっても気だったのは難易度を下げるためでしょう(避けるのも簡単だし、ぶっちゃけ突進受けたら即死にしちゃって良かったんじゃないかと思う)
484 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 12:47:37 ID: H1zbikLWq4
>>483
現実交通事故もそうだが意外と撥ねられただけなら死なない
逆に轢かれると潰れた内臓にもよるが死亡率が跳ね上がる

あとネクストは元より100Gの狂った加速度で跳ね回るような機動をする機械
なおのこと撥ねられただけなら致命的損傷には至りにくいはず
485 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 10:40:34 ID: 2wd8uX7XKj
現実なら1000km/hの速度で動く物体が衝突したらっただけでバラバラだろうが、
ゲーム内でそんなの再現されたらクソゲーしぐ
ライールやソブレロなんて横QBしただけで全身折しそう
486 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 21:28:47 ID: aqX/03CPHD
質量が著しく異なる二つの物体が衝突した場合の積は
2×(軽い側の物体の質量)×(相対速度)が上限になるので、
重い側の物体の質量をさらに重くしてもダメージはある程度のところで打ちとめになってしまうのです。
487 ななしのよっしん
2020/11/29(日) 17:01:29 ID: VMdBu8ad5k
QBによるほんのわずかとはいえ間的に100G加速のネクストハンパないな

急上昇ワード改