オッレルス単語

オッレルス

オッレルスとは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場する魔術師である。

元ネタ北欧神話格「ウル」の『デンマーク人の事績(ゲスタ・ダノールム)』における別名。オレルス、オーレルス等の表記揺れが見られる。
オーティヌスオーディン)が王座を追放された後、他の々に王として担ぎ上げられたが、オーティヌスの復帰によって王座を追われた。

旧約の概要

魔術師の中でも更に魔術を極め、『魔神』の領域に踏み込みかけた男。「魔神のなりそこない」。

1万年に一度訪れるか否かのそのチャンスを、子猫を助けようとして棒に振ってしまった。しかしそれは決して全な善意と迷いのさで振り切ったものではなく、今でも当時を悔やんでな泣いているという。
他にも、ふらっと立ち寄ったミラノで人身売買組織を壊滅させてきたり、そこで助けた子供100人を連れてかえって来てしまって、一時期養うのにも困ったりしている。要は非常に人間臭い人物。

英国所属の魔術師であり、人の一人でもあるシルビアと同居しており、パートナーのような関係になっているが、もっぱら生活面では彼女の方が強く、恐妻家であると言える。前述の子供拾いなどの際には、庭で出来るお手軽三角木馬お見舞いされていた。彼女いわく「まみれの没落貴族」。 実はギャグも幾らでも出来る人物。

その極まった実故に、自身も魔術サイド全てから命を狙われている立場だが、個人で学園都市にふらっとやってきて、統括理事会に対し原石を守る為の武を用いた警告を行ったりしている。この際に妹達(シスターズ)9名と、学園都市超能力者(レベル5)第七位の削板軍覇戦闘不能に追い込んだ。…やっぱり難しい人かも知れない。

アレイスター=クロウリーの事も知ってる様子を見せ、フィアンマに接触し彼のす「ホルスの時代」への検討を付けようと動く。
なお、彼の座るはずだった魔神の座は、『隻眼のオティヌス』によって奪われているらしい。

新約の概要

新約4巻ではフィアンマと共に上条当麻危機に駆け付け、登場々に『魔神オティヌス戦闘になる。削戦よりもさらに上の数千、数万、数億もの時間の連続性すらめる」を使用。もはや数の概念すらも越した連撃でオティヌスと互に渡り合った。
さらにオティヌスの弱点である「無限の可能性」を見破り、撤退させる事に成功。

新約5巻では学園都市に侵入し、上条魔神のなり損ないの立ち位置から見た『幻想殺し』の正体を告げた。
続刊の新約6巻では、魔術トールに変装して『船の墓場サルガッソー)』に潜入。オティヌスめる『全体論の超能力』を作る為の素体として『学園都市第二位の臓器』を譲渡している。

新約8巻ではオッレルスの命により、隠形で気配を隠していたフィアンマと共にオティヌスの弱体化を図り、『妖精化』という術式を使ったが、オティヌスを負の100%に導き、全な『魔神』として完成させた挙句、逆に妖精化を打ち込まれてオティヌス敗北し、世界の消滅を許してしまった。
ここまでの彼の活躍は、残念ながら「世界の消滅を許した戦犯」に他ならない。

新約10巻ではシルビアブリュンヒルドと上条当麻戦闘に介入し、両腕を犠牲にして戦闘を止めた。
妖精化によって魔神を行使出来ず、身体の修復もままならないようだ。
戦闘を止めた理由については、「上条当麻あるいはオティヌスのどちらかを失う事は、残された者(オティヌス上条)の性質を大きく変えるかもしれない」と言っている。
新約10巻ラスト魔神「僧正」の言動と照合すると、オッレルスも上条本質を理解していた事がわかる。

北欧王座(フリズスキャルヴ)

オッレルスが振るう元ネタ北欧神話オーディンが座する、世界を見渡す事の出来る台座の名前。

魔神として振るうが特殊過ぎたオッレルスが、魔道書の知識を実用化するエネルギーを得る為に利用した論文。 これにより、「生命を魔に生成する過程で『特殊な』に変換させる」事で、かろうじて事なきを得た。

く「説明できない」。その一切が表現不能、説明不能、理解不能に満ちた攻撃術式。本来の伝承に登場する王座には存在しない攻撃機を強引に利用することで、 術式を一層「説明できないもの」へと進化させている。

オッレルス:
この世で最も恐ろしい攻撃は、『説明のできない』だ
どんなに不可思議ながあったとしても、それがと同じように振り下ろしてくるなら、と同じように受け止めれば良い。と同じように撃ってくるなら、と同じように防げば良い。言われて分かる程度の『未知の攻撃』なんてのは、まぁ、その程度のものだ

ところが、『説明のできない」には、そういう対処ができない
この世で最も恐ろしいのは、理解のできない所から、説明のできないが働いて、対策も考えられない内に倒されている事だ。曖昧であるが故に条件の定義づけすらできず、どの方向に何万キロ移動すれば回避した事になるのかも不明なまま戦わせられる

攻撃の範囲や威の定義すら曖昧なまま放たれる「説明できない現」は、攻撃対に何が起きたか全く理解させず、どのくらい移動すれば回避したことになるのかも曖昧なため、回避も困難。ダメージを受けた相手は、体の表面から芯まで、その全てに均等に浸透する不自然ダメージを受けた。
さらに、予備動作をせずにノーモーションで発動させるため、敵対する者にとっては厄介極りない。

本来なら魔術に属するだが、「説明できないを振るう」という意味では削原石)に近い部分があり、もそう大差ないらしい。オッレルスが言うには、『説明のできない』と自覚しているか否かで実に差が生じているようだ。現時点でもまだ不全であるようだが、それでも削板軍覇を圧倒している。

そもそも、『魔神』は一つの世界に収まり切る存在ではない。「この世界で説明できる程度の」では魔神という存在を表現する事すら出来ないので、オッレルスのも本物の『魔神』の域に届いているのかもしれない。

魔神をもし通常の魔のみで扱う存在がいるならば、それは「正正銘の化物」であるらしく、某腹ペコシスター地味にその領域に近づいている様子が見られる。他にも削板軍覇の持つも、これと同質のものであるらしい。

なお彼も、削板軍覇と共に作者が「反則級の強さ」のキャラとして設定した最強キャラの一である。

コラボ小説における描写

作者の作品同士のセルコラボ小説「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情」では、アースガルドに存在するオーディン王座として登場している。本作ではオーディンヒゲ)と、彼と同一存在であることを利用してヒゲの存在に割り込んだオティヌスが座った。

魔神

詳しくは「魔神(とある魔術の禁書目録)」を参照。

彼の至るだった「魔神」は複数いることが確認されており、新約10巻ではんだ位相に「グレムリン構成員」たる魔神が存在していた。
かつてオティヌスデンマークの「ミミル」に体の一部をげ、魔神に至った。オッレルスがしたのは厳密には北欧神話ベース魔神という事なのかもしれない。

オティヌスとの関係は不明だが、新約10巻あとがきによると『理解者』の上条も知らないオティヌス過去の悪行を知っているらしい。オティヌスが本物のオーディンオティヌス)であるため、オッレルスも北欧神話で見られるウル、もしくはオーレルス本人の可性も否定できない。
もし彼が各種資料に残るウル本人なら、オティヌス魔神を手にし編纂者によって記された時期の関係上、恐らく北欧神話の原が成立した時代から生きていると考えられる。

ちなみに起前に誕生した魔神も居るので、魔神級の人物ならそのくらい生きていても不思議ではない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オッレルス

53 ななしのよっしん
2014/10/18(土) 12:03:08 ID: nnorpIX7BP
オッレルス、両腕の、折れるっす。
54
◆oEetFxuilQ 2014/11/02(日) 19:58:56 ID: 2Rnw+TuSSr
>>53


審議中
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
55 ななしのよっしん
2015/09/16(水) 23:47:44 ID: cFfqdDvJ5r
元ネタ聞き覚えがなかったがオティヌスオーディンであるようにこっちはウルの別の呼び名ってことでいいのか?
何をした神様かいまいち染みが薄い神様だな
56 ななしのよっしん
2015/10/16(金) 10:50:43 ID: 7b8Vk+5aXY
CV:小野大輔イメージ石田が合うとか言われているけど……ギャグ面とか考えると小野大輔のほうがあんだよなぁ……
57 ななしのよっしん
2016/10/18(火) 20:36:04 ID: hoNrulNPzk
一番合ってるのは間違いなく小野大輔だと思うよ
それだけは言い切れる
58 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 19:45:03 ID: uEpbyJ/KzI
弱体化しちゃったけどさ、それでもやってもオティヌスと上やんをったのはかっこよかったと思うよ
正直作中で一番魔神に向いてたと思う
ただ魔神連中見てると軒並み強すぎるに困ってうんざりしてるから今のままのオッレルスでいるには魔神にならなくて正解だった
59 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 01:16:24 ID: cnHfCtgIN5
なるほどオティヌスの正体が本物のオーディンだったから、記事に書いてある通りオッレルスが本物のウルである可性は高そう
オッレルスオティヌスに『魔神の座』を奪われた出来事が伝承されていったのが、『デンマーク人の事績』における、オーディンによるウル王位追放なんだろうか
だとしたらオッレルスチャンスを棒に振ったのも年、千年単位で昔の話ってことになるね、てっきり10年20年前くらいの話だと思ってたけど
60 ななしのよっしん
2018/09/03(月) 01:42:32 ID: j93T+ZLNpw
いやオッレルス普通に現代人なんじゃない?
魔神になりそこねた理由が「の手当てするために病院探していた」なんだから少なくとも動物病院があるくらいの時代の事なんだし。

61 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 20:46:31 ID: 13P08DrYjC
アニメ三期尺の都合でSS2巻はスルーだろうから
旧約最後のフィアンマ救出シーンカットで出らず仕舞いになりそうだね・・・
62 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 11:21:18 ID: pTi5unONI5
CV 島﨑信長