キフォイザー星域の会戦単語

キフォイザーセイイキノカイセン
銀河英雄伝説戦闘
リップシュタット戦役
キフォイザー星域の会戦
基本情報
時期 帝国488年 7月
地点 銀河帝国・キフォイザー
結果 銀河帝国正規軍の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 リップシュタット貴族連合軍
指揮官
ジークフリード・キルヒアイス上級大将 ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世侯爵
動員兵
キルヒアイス艦隊(800隻)
ワーレン艦隊
ルッツ艦隊
リッテンハイム艦隊
(総数50000隻)
リップシュタット戦役
オーディン制圧 - 
アルテナ会戦 - レンテンベルク要塞攻防戦 - 
キフォイザー星域の会戦 - シャンタウ星域の戦い - 
ガイエスブルク要塞の戦い - ヴェスターラントの虐殺
ローエンラム侯暗殺未遂事件 - オーディン再制圧
前の戦闘 次の戦闘
レンテンベルク要塞攻防戦 シャンタウ星域の戦い

キフォイザー星域の会戦とは、「銀河英雄伝説」の戦闘の一つである。

概要

帝国488年、リップシュタット戦役のさなかに、辺域を鎮定していたジークフリード・キルヒアイス上級大将率いる銀河帝国軍(リヒテンラーデ=ローエンラム枢軸/キルヒアイス軍)と、本隊から分したリップシュタット貴族連合副盟ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世侯爵率いる貴族連合軍(リッテンハイム軍)との間で発生した戦闘

戦闘キルヒアイス軍の圧倒的勝利に終わり、貴族連合は副盟リッテンハイム侯と全兵の三割を失う大打撃を受けた。

経緯

リップシュタット戦役の開始後、討伐軍を率いる帝国軍最高ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥心であるジークフリード・キルヒアイス上級大将は、アウグスト・ザムエル・ワーレンコルネリアス・ルッツ中将下に置き、別働して帝国域の鎮定にあたっていた。

いっぽう貴族連合側では、装甲擲弾兵総監オフレッサー上級大将の「裏切り」による混乱の後、成立時から内包していた盟公爵オットー・フォン・ブラウンシュヴァイクと副盟侯爵ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世の確執が顕在化。リッテンハイム侯は「辺域を奪回する」という名分のもと、全軍の三割にあたる5万隻の大部隊を率いてブラウンシュヴァイクから分し、キフォイザー域のガルミッシュ要塞に拠点を構えた。

こうして、両軍はキフォイザー域において戦闘に突入する。両軍の一個艦隊規模をえた大々的な衝突は、これが初めてであった。

戦闘経過

5万隻に上るリッテンハイム軍と相対したキルヒアイス軍側は、左翼ルッツ中将右翼にワーレン中将を配置。左翼側が前に出る斜線をとり、リッテンハイム軍の火を浴びながらも前進を開始した。左翼ルッツ艦隊は距離600万キロで撃を開始すると、そのまま前進を続け、両軍は艦載機も使用した近接戦闘に突入する。いっぽう右翼を担うワーレン艦隊はいまだリッテンハイム軍との距離を保っていたが、その影から艦艇わずか800隻からなるキルヒアイス上級大将の直属高速艦隊が躍進し、リッテンハイム軍左側面に回り込んで奇襲撃を加えた。

ワーレン艦隊と向き合っていたリッテンハイム軍はキルヒアイス本隊の攻撃に対応するため急ぎ左方向へ回頭を始めたが、この時ワーレン艦隊が撃を開始し、二方向からの撃を受けたことで一混乱を見せた。キルヒアイス上級大将はこれを見逃さず、直属高速艦隊に突撃を下。もとより各種の艦艇が雑然と配置されていたために秩序な様相を呈していたリッテンハイム軍の中央部を二度に渡り突貫して大混乱に陥れ、事前作戦計画の時点でリッテンハイム軍の内情を見ぬいていたキルヒアイス上級大将眼が明される形となった。

このリッテンハイム軍の混乱が前線にまで及ぶと、ルッツ、ワーレン両艦隊も機を逸する事く突撃に移行、リッテンハイム軍の敗北は決した。恐慌状態に陥ったリッテンハイム侯は旗艦<オストマルク>とともに逃走し、その過程で、後方に控えていたため邪魔になっていた自軍の輸送艦隊を撃するという惨事を引き起こしている。

戦闘結果

戦闘キルヒアイス軍の全面勝利という形で終結した。

貴族連合軍の官たるリッテンハイム侯はガルミッシュ要塞まで逃げ延びたが、官の「味方撃ち」もあって将兵の士気は著しく低下しており、この敗走に従ったのは5万隻の艦艇のうちわずか3000隻未満にすぎなかった。リッテンハイム軍は戦闘だけで18000隻の損を出し、さらに5000隻は官に追従することく逃亡、のこる艦艇は何れもキルヒアイス軍に降伏するかもしくは拿捕される結果となった。

さらに、ガルミッシュ要塞に逃げ込んだリッテンハイム侯自身も、やけをおこしてに溺れた末、叛した部下の自爆により死亡ガルミッシュ要塞はキルヒアイス軍により制圧され、貴族連合軍はナンバー2である副盟リッテンハイム侯と全兵の三割にあたる5万隻のほとんどすべてとを失う結果に終わった。

関連動画

関連商品

原作では本伝第2巻『野望篇』所収。
OVAでは第22話『勇気と忠』前半部だが、シャンタウ星域の戦いの後の出来事となっている(ただし、原作ではキフォイザー星域の会戦が先に記述されているのみで、2つの戦いの時系列的関係は明確ではない)。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E6%98%9F%E5%9F%9F%E3%81%AE%E4%BC%9A%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キフォイザー星域の会戦

2 ななしのよっしん
2016/06/16(木) 15:01:51 ID: lrHxR+2T1V
リッテンハイは絵にかいたようなクズの門閥貴族にして無能
キルヒアイス提督は絵にかいたような民出身の優男にして有能

結果は民率いるキルヒアイス艦隊の完全勝利

こう見ると、リップシュタット戦役の縮図(民・下級貴族VS貴族クズ保守VS気鋭の革新)とも言える戦いだな
3 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 11:17:58 ID: hZH+5qPTKX
アニメだと5万隻じゃなかったっけ?大軍には違いないけど。
5万隻とかどこにいたんだろうね。ガイエスブルグに収容できる数じゃないし、要塞の外に係留していたかどこかの支配地域に駐留していたとか?
4 ななしのよっしん
2016/07/07(木) 17:02:25 ID: m+M5PfTQM4
3、4万ってのはキルヒアイス側の話
リッテンハイムは原作アニメ両方5万で合ってるよ
5 ななしのよっしん
2016/07/07(木) 21:04:08 ID: BOh170aO9D
というか原作キルヒアイス側の数出てたっけ
ルッツ艦隊+ワーレン艦隊+800隻だからだいたい3万隻前後だろうとは思うけど
6 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 09:36:17 ID: m+M5PfTQM4
地の文であった気がする
間違ってたらすまん

艦隊はキルヒ1万ワーレン1万ルッツ一万だけど編成変えて
キルヒ艦隊の各分艦隊を分離しワーレンルッツの下に入れて本隊を800隻までスリム化したんだろうな
あの時点でブラウヒッチアルトリンゲンやザウケンキルヒ配下の分艦隊だったし
7 ななしのよっしん
2016/07/19(火) 23:42:01 ID: dtKHGkXbqR
>というか原作キルヒアイス側の数出てたっけ
という事でざっと原作のその辺の記述見てみたけど・・・

キルヒアイスは全軍の三分の一をひきい、別動隊として活動するのである。

というぐらいしか見つけられなかった・・・

貴族連合の方が総兵上だとか、副盟と全兵の三分の一を失った、揮下の提督ルッツ・ワーレンの二名だった、とかいう事から類推するぐらいしかないようですね。
でも、結局そこから類推するとやはり三万~四万隻という規模になるのではないでしょうか。
8 ななしのよっしん
2017/06/28(水) 23:24:03 ID: n9E4oH0teq
この会戦でのリッテンハイム軍のごちゃ混ぜな艦隊編成だけど、リッテンハイム侯がヘボってだけじゃなく、副盟といえども貴族の手勢と言える艦隊戦を一旦解体して艦種または部隊ごとに再編できる権限を持てなかったことを示してるんだろうなあ。
言ってみれば、室町時代くらいまでの軍勢が、ナポレオン時代の軍隊とっ向からぶつかったみたいな会戦なんだし、そりゃ潰走するのは当たり前でしょ。
9 ななしのよっしん
2017/08/13(日) 00:30:12 ID: eWHQYpjSy6
だいたいどこの描写でも一個艦隊は定数1万2千から1万5千ぐらいだから
ルッツとワーレンの二個艦隊で最大3万、下手すれば2万5千ぐらいだったかもな。
10 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 12:42:10 ID: 1jbeD/7etK
フジリュー版だとあっさり終わるんだよな。
11 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 01:08:09 ID: 3ZsczKtXBs
石黒版の戦術ディスプレィの映像を見ると三個艦隊が斜線を引いていたから、中央のキルヒアイス直属艦隊はベルゲングリューンとビューローが率いていたんじゃないかな。キルヒアイスは麾下から最精鋭800隻を選びあの攻撃を行った。

この会戦では彼らは旗艦の艦にいず、ガルミッシュ要塞占領の派遣部隊として両将が名されていた。その点からキルヒアイス直属艦隊の副官格だったのではないかと感じた。

急上昇ワード