編集  

補給艦単語

ホキュウカン

補給艦とは、洋上を航行する艦艇に対して食料・燃料・弾薬などを補給する軍補助艦艇の総称である。

概要

海外から遠く離れて艦隊行動を行う必要がある軍にとって補給は死活問題となる。自あるいは友好の停泊地があればまだ良いがそうではない場合など洋上で燃料・弾薬・食料などを補給する必要がある。

海外での艦隊行動を行うだけの規模と練度をもつ外洋軍(ブルーウォーター・ネービー)として必須の艦艇であり、正面装備…空母イージス艦フリゲート艦がどれだけあろうとも、そのような補助艦艇がどれだけ充実しているかを見るとその軍の実、本気のほどが見えてくる。

たとえば洋上補給方法として代表的なハイライン方法の場合、波が高い外洋において補給艦と対艦という同艦でもない二隻が横に3050mの至近距離で併走する間にロープを渡し、補給物資の提供などを行う。この方法ではお互い接触する危険性もあり、操艦技術が一定以上の練度を持つ必要があるのが理解できるだろう。つまりそれだけの技量と錬度を(外洋に出る艦艇すべてが)達成してのち有効な艦ともいえ、それはその軍のを示すものである。

第二次世界大戦前後、これらの艦艇は燃料補給用タンカー(AO)、武器弾薬の補給担当の給兵艦(AE)、食料担当の給糧艦(AFS)、貨物弾薬補給艦(AKE)などに分かれていたが、最近では総合補給艦(AOE)として集約されている。
(が、アメリカでもさすがに高価なAOEを量産、運用することは難しく、AO/AKEで分担しているケースもある)

さらに最近では諸外で相次ぐ海外派遣などの任務から、補給艦輸送艦揚陸艦の任務を多的にこなすことを的とした艦艇を建造する動きもでている。後述する英国フォートビクトリア補給艦が嚆矢となって作られており、大きめの飛行甲をもってヘリによる艦艇間補給(Vertrep)だけではなく揚陸時などのヘリ運用拠点にもしようという動きが見られる。これらは統合支援艦(JSS)という艦種で現在カナダオランダで建造が計画、あるいはスタートしている。

マイナーな艦艇分類だが、その中でも有名な艦艇としては太平洋戦争中に日本海軍艦艇・根拠地に食料などを輸送するだけでなく船内でアイスクリーム饅頭羊羹まで作っていた(それも大層美味しく、行く先々でくるのが待ち望まれた)という給糧艦「間宮」があるだろう。詳しく知りたい方はwikipediaサイトを探してほしい。

海上自衛隊では現在、5隻の補給艦が存在している。特徴としてはアメリカ海軍補給艦と同じように補給艦としては速20ノット以上を出せる高速艦でもある。
その中でも「ひゅうが」が就役するまで最大規模の艦艇だった「ましゅう補給艦「ましゅう」「おうみ」)が有名である。ヘリの着艦・格納スペースも備える一方、災害派遣時には病院船の役割も果たせるこの艦艇は、イラク戦争に伴うインド上補給活動において数多く派遣された艦艇の1隻となった。
海上自衛隊補給艦は「ましゅうのほか「とわだ」(3隻)もあるが、艦サイズが「ましゅうより一回り以上小さいため、「ましゅうの追加建造も噂されているし望まれてもいるが…が、昨今の予算不足というか緊縮財政下では難しいだろうなぁ。

各国海軍の主な補給艦

アメリカ海軍

世界最大の艦艇数を保有している事と、世界規模で展開しているため、様々な種類の補給艦を多数保有しているのが特徴。

サプライ級高速戦闘支援艦 (T-AOE-6~9)

正規空母及び随伴する巡洋艦駆逐艦等への艦船燃料、艦隊が搭載する航空機用の燃料、弾薬、食糧、といった艦船が必要とするあらゆる物資を搭載し補給する事ができる総合補給艦である。
貨物・弾薬2500トン、燃料160000バレル等を積載する5万トン近い巨大船でありながら、艦隊に遅れを取ることなく随伴できる速(25kt)を持つのが最大の特徴である。。
当初計画では11隻建造だったが冷戦も終わったため予算削減。4隻にとどまった。
<サプライ>、<レイニア>、<アークティック>、<ブリッジ>の全4隻が就役中。

ヘンリー・J・カイザー給油艦 (T-AO-187204)

名前のとおりのを持っている、オイルタンカーに近いが故に足が遅い!(最大20kt)。に液体燃料を補給するために建造され運用されているが、弾薬、食糧等のドライカーゴを多少積載するスペースがある。
アメリカ海軍補給艦であり、こいつがいないとアメリカ海軍速に艦船を展開させる事が困難なほどだ。
計画18隻中、建造されたのは16隻。
サプライ級の数が足りないので予備艦扱いになったものの再び現役復帰したものがあるものの、流れとしては減勢中。4番艦はメキシコ軍に売却。

ルイスアンド・クラーク級貨物弾薬補給艦 (T-AKE-1~14)

これも名前のとおりのを持つ補給艦。貨物(食糧等の消耗品、部品)、弾薬爆弾弾)、おまけとして燃料の補給が可ルイスアンド・クラークが作られる前までは、貨物専用の船と弾薬専用の船に仕事を分けていたのを1隻に統合した結果がこの補給艦である。サプライ級より一回り小さく、速度は遅く最大20kt、搭載量も少ないがそれでも十分な貨物・弾薬6000トン、燃料18000バレル。
2006年から建造がスタートし、14隻が建造され現在運用されている。

海上自衛隊

アメリカに次ぐ数の大戦闘艦を有するため、補給艦を保有している。
へ侵攻しないのだから、補給艦なんて必要ないと思われるかもしれない。しかし、海上自衛隊が守る域は広大ソマリアまで出掛けちゃったりしている。いくら強戦闘艦を持っていても、燃料補給のために毎度港へ戻り、作戦行動中の半分の艦が港へ燃料補給中とかも当てられない。でも補給艦があればそんな心配も解決さ。

しゅう補給艦

上記の概要のとおり、海上自衛隊最大の艦船である。艦隊が必要とする物資を補給する事ができる総合補給艦
特徴として、①燃料、物資等の積載量の増加、②航行速度が速くなった、③ヘリコプター格納庫を持ち、からの輸にも対応しやすくなった、④ここ重要!各種の最新補給支援設備を導入。まるでシステム化された倉庫のようなハイテク設備によって、従来よりも効率的に補給を行えるようになった。アメリカが持つサプライ級の縮小版と見ても差し支えがないかも。
概要でもある通り世界的にも数少ない、高速で航行できる大補給艦は外洋軍の必須アイテムだ。 
 全2隻就役中。 

とわだ補給艦

燃料、弾薬、食糧等の消耗品、を補給できる総合補給艦で、満載16,000tほどのやや小振りな補給艦。上記の概要にもあるが、この船体規模が問題となった。理由として、設計要時の頃の護衛艦の船体規模にべて、現在護衛艦はより大化したために、補給が追いつかなくなった。さらに、海外派遣で酷使したため想定よりもく老朽化が進んだが、厳しい財政状況から代替艦の建造は当分望めそうにもない、そのために艦齢延長のための修理を行う事が決定された。当分も補給艦になる予定である。
 全3隻就役中。 

イギリス海軍

世界各地に植民地又は領土を持っおり、さらに宗としての元植民地の防衛を考慮しなければならない。
そのため、外洋遠征を重視し、戦闘艦に限らず揚陸艦空母への補給を行う必要がある。

フォートヴィクトリア補給艦
なんでも補給する総合補給艦。特徴としては補給艦の中では広めの航空機格納庫を持っているため、多少の揚陸作戦も考慮されて設計されていると見ることができる。
 全2隻就役中。 
ローバー給油
いわゆるオイルタンカー、とわだよりも小さい船体規模。液体燃料をに補給するが、船体規模が小さいため、大艦の多い艦隊に補給などすれば、すぐに燃料が底をついてしまうため、小艦への補給が中心。老朽化がしい、ていうかまだ動いてるのかな?
 全5隻建造、減勢中。
ウェーブ・ナイト級給油

新鋭の補給艦フォートヴィクトリア補給艦と同じ船体規模を誇る巨艦。将来のイギリス海軍を支える事になり、今絶賛炎上中のエリザベス空母への補給も視野にいれているとかもしれない。船体からすべてを新規で設計した補給艦であるのだが運用上まずい点が多々あり、その一つとして冷たい冷凍食品を荷造りしてクレーンまで運ぶためには全て人の手でやらなければなりません。ましゅうならベルトに乗せるだけの簡単な仕事です♪

タイド級給油

新鋭の補給艦。前述のローバー級が小さく小艦しか給油できないため時代に合わなくなったという反から、代艦は大にしようぜー、ということで計画された。設計は英国で行われたが建造は韓国現在1番艦タイドスプリングが進を終え装中、2016年から全4隻が配備される予定。

フランス海軍

イギリスと同様に世界中に植民地と領土を保有し、宗として元植民地を保護?するために、補給艦を建造した。

デュランス級補給艦
特に特徴がない。とわだに近いサイズ難な

イタリア海軍

補給艦視点から見ると地中海という内海にあるため、他の軍にべれば必要性は少ない。しかし、軽空母を保有しており、空母自身の燃料と艦載機用の燃料補給が欠かせない。

エトナ補給艦

イタリア最新の補給艦とはいっても、30年前の就役した老兵サイズ海上自衛隊のとわだに近い。
イタリアの軽空母と艦載機に燃料と物資を補給するために建造された。しかし、資難に次ぐ資難で中々予算が下りなかった。当然、予算が少ない事は承知していて、小補給艦を設計したのだが、それでも足りなかったのだ。
イタリア艦の特徴として、76mmが好きで好きでたまらず、なんでもかんでも艦に搭載してしまうっていう癖があること。この船も案の定、搭載される予定だったが資不足のために搭載スペースのみが残されている。

中華人民共和国人民解放軍海軍

中国軍は現在ブルーウォーターネイビーをしており、大補給艦の取得・建造を着々と進めている。

中国初の大補給艦
元々現在ウクライナで建造されていた旧ソ連軍の補給艦だったが、建造途中でソ連が崩壊。そのせいで建造が中断しドックの粗大ゴミと化していたのを中国が引き取って完成させた。
満載排水量3万7千トンはましゅうよりでかい
ちなみにその経緯から1隻しか存在しない。

千島補給艦903 / 903A補給艦、福池補給艦とも)

先述のの建造経験を元に建造されたとされる中国二世補給艦より小さくはなったがそれでもましゅうより若干大きい(満載排水量2万7千トン)。現在4隻配備、3隻建造中。
ただ補給艦は立でも、受け取る戦闘艦艇側の補給設備がしょぼくて満足に補給できるか疑問視されてるとかそもそも補給訓練を満足にやってるのかとかあんまりいい噂を聞かない。

中華民国(台湾)海軍

様々な制約付きながらアジア圏では有軍を保有している。この軍の要艦船の共通事項として40㎜、20㎜の機関を搭載しているがこれは隣の高速戦闘艇対策用である。更に艦首シーチャパラル艦対空ミサイル[1]の旋回式4連装発射機を搭載している。

武夷級補給艦

1990年に就役した2013年時点で中華民国軍初の補給艦
建造にあたっては米海軍ヘンリー・J・カイザー級がタイプシップとなったが、サイズは半分になった。(満載排水量1万7千トン)。

磐石級補給艦

2013年11月に進し、2015年1月に就役した最新補給艦
現在の趨勢に合わせて艦上構造物をステルス化し、サイズも大化した。(満載排水量2万859トン)
武装面では前述の各種兵装に加えファランクスと76㎜お前イタリア艦か!)を装備するはずだったが就役時には後者シーチャパラルに変更されている。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *サイドワインダー空対空ミサイルのバリェーションで康定級フリゲートにも装備されているが結論から言うと欠陥品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E8%89%A6
ページ番号: 4259447 リビジョン番号: 2247384
読み:ホキュウカン
初版作成日: 10/01/14 18:57 ◆ 最終更新日: 15/08/16 07:19
編集内容についての説明/コメント: 現況に合わせ加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

補給艦について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2013/10/06(日) 01:11:52 ID: qZJ1IaG7Al
別に、羊羹自体は赤城とかの大艦でも作れるよ。
ただ、間宮には菓子職人が軍属として乗船していて、虎屋をもぐと言われたぐらい美味なことで名高かったのよ。
生産が高い点も見逃せない。羊羹と並んで名高い間宮最中は1日に6万個生産できる。
7 : ななしのよっしん :2013/10/12(土) 03:07:07 ID: j8jNhWMfe/
モナカ6万個ってもはや工場だな
まあ全長130mの船に特に兵装や大出機関も装備してないから余裕はあるんだろうけど

それだけの物を作れるということはそれ以上の材料を積み込めるということなんだろうなあ…
8 : wingsaver :2013/11/16(土) 10:50:21 ID: SnIsRUiykB
追加したネタ
http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/%c8%d8%c0%d0%b5%e9%ca%e4%b5%eb%b4%cf%a1%ca%a1%d6%c4%f7%be%cd%a1%d7%b7%d7%b2%e8%b4%cf%a1%cb
9 : ななしのよっしん :2014/05/03(土) 17:45:40 ID: dZRKQr0o0q
ザクミサイルも食料も全部シャアに渡しに来ました
10 : ななしのよっしん :2014/07/26(土) 19:28:40 ID: uTn5A4go+u
アメリカの十八番ってやつだな、戦前戦後兵站最重要項にしてるくらいだからな。ただし味は・・・
11 : ななしのよっしん :2015/01/18(日) 22:04:51 ID: u+UTtyNPXi
機械に反撃するミデアは許さない、絶対にだ
12 : wingsaver :2015/01/24(土) 10:54:26 ID: SnIsRUiykB
更新ソース
台湾ニュース=中国語
https://www.youtube.com/watch?v=8VgLxuYNz00
https://www.youtube.com/watch?v=zyRQhkS7OjM
フォーカス台湾
http://japan.cna.com.tw/news/achi/201501230004.aspx
13 : wingsaver :2015/02/01(日) 18:49:12 ID: SnIsRUiykB
>>12の続き
https://www.youtube.com/watch?v=NGSGEk79uOQ
14 : ななしのよっしん :2015/04/06(月) 02:50:42 ID: nyqiDPNQtv
2020年代前半には補給艦を建造してほしいな
その頃にはとわだ限界になるから
15 : ななしのよっしん :2015/11/18(水) 23:10:29 ID: YtXRosrh8+
二度と飯の食えない戦場を作ってはならぬ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス