オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク単語

オットーフォンブラウンシュヴァイク
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク(Otto von Braunschweig)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物。

担当声優小林修石黒監督OVA)、斉藤次郎(Die Neue These)。

略歴

ゴールデンバウム王末期貴族公爵ブラウンシュヴァイク最後の当
石黒監督OVAでの座乗艦は<ベルリン>、「Die Neue These」では<アルヴィース>。

ブラウンシュヴァイクは第35皇帝オトフリート5世の治世に起きた跡争いの際、のちの第36代皇帝となるフリードリヒ4世を支持。オットーは彼のを娶り、同じく外戚となったウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世と並んで貴族社会での地位を確立する。その過程で政敵であったクロプシュトック侯らは中央政界から排除され、ラインハルト台頭前後にはリッテンハイ侯爵を除いてその門と係累は類ないほどの権勢を誇った。

リップシュタット戦役

帝国487年。フリードリヒ4世が崩御すると自身のであるエリザベートを位につけようと画策するが失敗。侯爵務尚書クラウス・フォン・リヒテンラーデ伯爵元帥ラインハルト・フォン・ローエングラムにより、フリードリヒ4世の内孫であったエルウィン・ヨーゼフ2世が即位する。不満を抱いたオットー侯爵ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世らとともに門閥貴族たちを糾合。リップシュタット貴族連合と称する反ローエンラム・リヒテンラーデ同盟を結成した。帝国488年4月、部下の暴走と言う形で全面戦争へと突入する。

ラインハルトらに首都オーディンを抑えられ出鼻こそくじかれるが、ガイエスブルク要塞への退避に成功。最終的に正規兵・私兵あわせて2,560万人もの兵を動員することとなる。また、門閥貴族の大多数とメルカッツ上級大将オフレッサー上級大将シュターデン中将ファーレンハイト中将帝国の名だたる名将を擁し、のちにラインハルトの岳となるマリーンドルフ伯さえ参加を考えるほどの正当性・兵を有した。しかし、に関係なく現場指揮官貴族を配置したこと、本来政敵同士であるオットーとリッテンハイム侯との溝、さらに盟であるオットーの狭量な将器とメルカッツを中心に当初から揮統制を危ぶむもあった。

この不安は的中し緒戦のアルテナ会戦レンテンベルク要塞攻防戦で惨敗、オフレッサーシュターデンの両将は捕虜になってしまう。また、自領をラインハルト旗下のキルヒアイスに制圧されたリッテンハイム侯はオットーらの篭策に反発。50,000隻の艦艇を率いてガイエスブルク要塞を出撃し、キルヒアイス艦隊とキフォイザー決戦を挑むと言う独断行動を取る。結果はこちらも惨敗、リッテンハイム侯は退避したガルミッシュ要塞で味方兵士に殺される醜態までさらし開戦からわずか3かで半数近くの兵を喪失する。

戦場はその後ガイエスブルク周辺へと移行。メルカッツの活躍もありいくばくかの局地的な勝利を得ることにも成功するが、逆に貴族らの増長を招き軍規は弛緩。メルカッツの統制が及ばなくなったところでにかけられ機動戦の大半を失うと言う事態に陥り、事実ガイエスブルク要塞は孤立化したのである。

敗北と死

これら相次ぐ敗北軍事費調達を的とした重税に民たちも反乱を画策。ブラウンシュヴァイクの自領であったヴェスターラントでは暴徒オットーの甥であったシャイド男爵を殺し制圧するという事件が発生する。激怒したオットーは熱核兵器による報復を示し、200万人もの領民虐殺。この一連の事件により民心は全に貴族連合から離れ、他の大多数の貴族でさえオットーらを見限ることにつながる。

自暴自棄になったオットーは最期の戦を結集し、艦隊決戦を決意。帝国488年8月、最期の戦いが行われる。当初は決死の覚悟で臨む貴族たちの士気の高さもあり互にわたり合うも戦の差は埋められず、時を置かずして総崩れとなり敗北は決定的となる。日頃の虐待から味方兵士も彼ら貴族に反旗を翻し、凄惨なリンチの末に大部分の艦は降伏した。

混乱の中でオットー臣であったアンスバッハ准将に「を差し出しラインハルト位を後見する」ことを条件とした講和について諮問。可性が皆無であることを諭され、逆に自決を強制された。死の直前、ラインハルトの暗殺をアンスバッハに懇願したことがのちにラインハルトにとって大きな災いをもたらすこととなる。

 評価

選民意識がを着て歩いていると評されるがごとく傲慢かつ狭量な人物。無能な人物には容赦がない銀河英雄伝説でもその描写と結末は凄惨であり、読者人気も当然ながら良くない。加えて、彼が率いた門閥貴族連合は兵士への虐待領民虐殺無能反動と言った作中でも屈の、ある意味地球教以上のブラックであり、帝国内の公式文章では「賊軍」と称されているように当時からローエンラム成立以後の歴史観に至るまで評価は芳しくないことがうかがえる。

ただし、機を見てフリードリヒ4世を擁立した点(もっとも、年齢的にオットーの前の当導した可性もあるが)や政敵の追い落とし、寄り合い所帯ながら不貴族の糾合には成功しており貴族としてはそれなりのがあったと思わせる事跡も存在する。これらを受けてか、臣でありのちにラインハルトの部下となるシュトライト准将は「決して暗愚ではない」と評している。

時代的背景として、戦乱が始まるまでは決して当時の貴族たちの均的思考・倫理観を脱する訳ではない点には留意する必要があるだろう。脅迫されて軍事部門の責任者とされたメルカッツは「精面の病気であり時代の被害者」「100年前ならあれで通じた」と憐れみをもって接していた節もある。この辺は他の悪役たちとも共通する真理銀英伝を通してられる「それぞれの正義」の一種であると言えよう。

また、救いとは言い難いものの、ヴェスターラントの虐殺を政略上の理由で止めなかったラインハルトを憎み弑逆を図った当地の出身者は「ブラウンシュヴァイク残な敗北によりその罪を贖ったのに、ラインハルトは償うどころか虐殺を忘れた大衆に持てはやされている」と心情を吐露しており、キルヒアイスも含め、少なからずその行動がラインハルトの権勢に陰りを与えたことも事実である。

係累・家臣

臣とされている人物は准将・佐官であることが特徴。意外と副官として有能な人物も多く、彼らを使いこなせなかったことが敗北につながる。なお、ファーレンハイト臣ではなくあくまで盟友の一人である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク

98 ななしのよっしん
2020/03/19(木) 12:52:06 ID: O6Qa4x4ulx
>>97
(続き)ラインハルトの『それがどうした?』発言や、直接は関係ながら皇妃ヒルガルドの『面白い時代に私を産んでくださって』発言にせよ、せめて口に出すなら良識らしく義性を取り繕って欲しい物だ。
作劇上の都合の余波に過ぎないにせよ、汎ゆる帝国人の感覚から時に々の理解を越したおぞましい一面が覗くと、痛感している…
因みに、OAV版では『ラインハルト阻止しようとしたが、オーベルシュタイン軍務尚書が実施時間を遅く通知した上で、「まって間に合わなかったので、せめて偵察隊が動画を撮した」と報告した』旨のニュアンスになっている。
動画の出所に関して、ラインハルト側が褄合わせするなら、「実行犯を捕縛した所、報告的で撮した動画の押収に成功した」という論理もあり得る。
とは言え、人民及び領民からにせよ良識貴族からにせよ「動画や実行部隊の捕縛が可なのに阻止出来ないとは、護民軍気取りが聞いて呆れる。大貴族連合軍の悪逆を糾弾する前に、遺憾の意位は表明して責任者の処分でも発表すべきだ」といった批判は免れないだ。(続
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
99 ななしのよっしん
2020/03/19(木) 12:55:27 ID: O6Qa4x4ulx
>>98
(続き)OAVの様に内輪でしてやられるのみならず、公式に不手際を自認するハメになれば、ラインハルト奢な持に取って耐え難いだろう(同情する気にもなれないが)。
ともあれ、どう内補しても本件での帝国世論に対する違和感は払拭出来そうにない…(終了)
100 ななしのよっしん
2020/03/19(木) 20:44:22 ID: 1F23qgtGF2
>>97-99
ヴェスターラント事件でどうも見落とされがちなのは、ブラウンシュヴァイクが自分の支配下のを焼き討ちにしたということ。
これがもし起後のヴェスターラント住民が帝国政府またはラインハルトに対して恭順していたら、あるいは起前に護を公文書なりで約束させて、それがメディア表されていたら、当然ラインハルト帝国軍最高官として見殺しは許されない。
でもそうでなく、賊軍が自分の支配下のを勝手に焼き討ちするとして、討伐軍にそれを阻止する責務は発生しない。
以上の理由で帝国社会において、ラインハルトの「ヴェスターラント見殺し」を真剣に追及する機運は生まれないんじゃないかな。
101 ななしのよっしん
2020/03/19(木) 22:20:31 ID: QEhsBcP5eW
キルヒアイスですら摘されるまで「見殺し」の可性に気付いてなかったし、メディアリテラシー以前の問題というけど実際その準が帝国リテラシーなんでしょ。
そもそも、ラインハルト側がどういう形で表したのかも不明だから、それこそ「衛星が偶然撮してた」ものを回収し、どうやら真実らしいって太鼓判押しただけなのかもしれないし。
102 ななしのよっしん
2020/03/19(木) 22:51:01 ID: QEhsBcP5eW
なお、リテラシー々書いといてあれだが、各メディアでのオーベルシュタインの関与度のぶれ具合含めて、実際にはラインハルトがどこまで関わってたかは定説がない歴史の闇なんじゃね? と思わなくもない。
(積極的に関わるには「民の味方」にはリスク大きすぎるし、偶然にしては出来すぎだしで)
103 ななしのよっしん
2020/05/11(月) 09:15:00 ID: O6Qa4x4ulx
>>100
帝国臣民には、少なくとも皇帝ラインハルトの生前までは「明日が身」という同病相憐れみを伴う危機意識が欠如しているかも知れない…

>>101
「見てないで~」は他的な『惻隠の情』の一環なので、それを唱えた孟子が見たらどう思うやら。
彼が提唱した性善説や易姓革命思想は同盟市民・荀子がそうした性悪説更には法思想は帝国臣民親和性が高そうだ。
歴史の闇』という表現はそそられる。
とは言え、ラストバタリオンよりも恐ろしい『後世の歴史』軍団に取っては、最高に調理欲をそそられる素材だろう。
収集法及び調理法次第では、「ヴェスターラント事件が防げないのはどう考えてもラインハルトが悪い!」的なも登場しそうだ…
104 ななしのよっしん
2020/05/11(月) 09:53:09 ID: O6Qa4x4ulx
>>103
追加すると、「一旦人民からリテラシーの根が掘り尽くされると、再生の為に時間と機運が必要になる」という事かも知れない。
逃亡兵士氏があの程度であれリテラシーを発揮出来た点は、当事者としての皮膚感覚もあるにせよ、彼が「大貴族連合軍の兵士にして置くには体ない程の資質の持ち」だったに過ぎないだろうか。
臣民にしてももっと身近な事であれば、「見てないで助けろよ!(義務及び責任へのリテラシー)」「見殺しにしたんじゃね?(アリバイ及びクイボノへのそれ)」が働いただろう。
それらを戦術レベルでのリテラシーとすれば、ディスプレイの向こう・か彼方の恒星系の出来事をの前・ご近所にまで引き寄せる戦略レベルでのそれが欠如しているかも…
105 ななしのよっしん
2020/05/11(月) 10:23:15 ID: O6Qa4x4ulx
『なぜ、もっとく救援にこなかった!』というブラウンシュヴァイクの発言は人間の素依存心に由来している(支配意識でべっとりと塗り込められている訳だが)。
方や、帝国領侵攻作戦時にラインハルト元帥府の焦土戦術に曝された臣民も、被支配者意識の元であれ思って然るべきだ(「なぜ、火事場泥棒みたいな真似までして逃亡した!」が先だが)。
「身分制度下で臣民積した支配階級への憤懣」はの運命をも左右しているが、皇帝ラインハルト及びローエンラム体制に対するそれは、自由惑星同盟及び民主共和勢への憎悪に紛らわすしかなかったのかも知れない。
(戦略的な)リテラシ-の欠如とはまた違った、帝国臣民のドスい闇を覗き込んだ想いだ…
106 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 19:33:53 ID: KjTDmEzLh5
旗艦は石黒監督版では「ベルリン」、ノイエ版では「アルヴィース」。追記お願い偉い人。
アルヴィースやリッテンハイムのオストマルクは大奇形艦という感じで、要塞の宇宙港に収まるのか疑問。
107 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 17:48:22 ID: 1F23qgtGF2
>>106
アルヴィースやオストマルクについては、設定資料集の解説が欲しいよね。
個人的には、通常の第二世戦艦生存性を強化するために追加装甲や後退用エンジンを増設した、門閥貴族向けの特殊仕様なんじゃないかと見てるが、さてどうかな。