キャプテン・マーベル(映画)単語

キャプテンマーベル

キャプテン・マーベル(映画)とは、アメリカンコミック原作実写映画である。

MCU所属作品。日本では2019年3月15日開。では2019年3月8日

日本では4月26日の『アベンジャーズ/エンドゲーム開に合わせて、前日の4月25日開終了となる。

概要

これはアベンジャーズ誕生前の物語

タイトル
基本情報
監督 アンナ・ボーデン&ライアン・フレック
脚本 アンナ・ボーデン
ライアン・フレック
ジェネヴァ・ロバートソン=ドゥウォレット
音楽 パイナー・トプラク
製作 ケヴィンファイ
配給 ウォルト・ディズニースタジオ・モーション・ピクチャーズ
2019年3月15日
映画テンプレート

MCU初の女性ヒーロー主人公実写映画物語舞台1995年と、開時期から20年以上前の設定となっている。

行収入は4月4日時点で全世界で10億ドルを突破[1]MCU作品で10億ドル突破はこれで7作品となる。

あらすじ

90年代アメリカカリフォルニアレンタルビデオ店「ブロックバスター」に墜落してきたのは記憶のない女性戦士キャプテン・マーベル」だった。

宇宙に大きな勢を広げている「クリ帝国」の精鋭部隊「スターフォース」所属で、「フォトンブラスト」という強を持つ彼女はS.H.I.E.L.D所属のエージェントニックフューリーと出会い、彼女の記憶を探るに出る。どうやら彼女の記憶には何か大きな秘密が隠されているようなのだが…。

一方そのころ、クリーと長年争いを続けてきた「スクラル」もキャプテン・マーベルの記憶を狙って暗躍をはじめていた。

キャラクター

キャプテン・マーベル
演:ブリー・ラーソン
記憶をくし、その代わりに大きなを得たクリ帝国の精鋭兵士。劇中ではヴァースと呼ばれている。
地球墜落し、ニックフューリーと記憶を取り戻すに出ることになる。
ニックフューリー
演:サミュエル・L・ジャクソン
S.H.I.E.L.Dのエージェント。キャプテン・マーベルに同行する。
これまでのMCU作品ではS.H.I.E.L.D長官としてアベンジャーズの結成に努するなど活躍してきたが、今作では若き姿で登場する。
ヨン・ロッグ
演:ジュードロウ
ヴァースの所属する部隊「スターフォース」の隊長にして、ヴァースの教官。「フォトンブラスト」の制御に苦しむ彼女導する。
ヴァースがタロスにさらわれたのを追って、部隊を率いて地球に来るのだが…
タロス
演:ベン・メンデルソーン
クラルの軍人。ヴァースの記憶に秘められた重要な秘密を探り、地球へとやってくる。
ロナン
演:リー・ペイス
クリー軍のエリート部隊「アキューザーズ」の指揮官。その容赦のなさは味方からも恐れられている。

語句解説

クリ
銀河に大きな勢を広げる恒星国家映画の中ではスクラルとの長期間にわたる戦争が続いている。
クラ
クリーと長年戦争を続けているの肌をしたトカゲ宇宙人
他の種族そっくりに変身できるというを持っており、他のに潜入しての工作活動などを得意としている。
C-53
クリー側の地球の名称。実はMCUにおいてクリー人が地球に来たのは今作が初めてではない。

他のMCU作品との関連

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
エンドクレジット後に流れた映像にて、サノス指パッチンで消滅する直前にニックフューリーが特徴的なポケベルを起動している。このときの連絡先がキャプテン・マーベルと言われている。
アベンジャーズ/エンドゲーム
キャプテン・マーベル開の翌開されたアベンジャーズ第4作にも出演した。
エージェント・オブ・シールド
物語舞台90年代の本作ではフィルコールソンも若い姿で登場する。MCU映画作品への出演は『アベンジャーズ(第1作)』以来。ドラマではクリ帝国関連のエピソードも多い。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(第1作)
本作にも登場するキャラクターロナンの初登場作品。GotGではクリー人のロナンクリーとザンダーの和に反対するテロリストとして描かれたが、今作では正式なクリーの部隊に所属している。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *‘Captain Marvel’ Smashes $1 Billion Milestone at Global Box Officeexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャプテン・マーベル(映画)

80 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 14:33:45 ID: 3R7mW6+TpS
>>76
そもそもサノス以外は一人で倒せそうだものね
ただそれを映画でやっても面くないから色々理由つけて登場をかなり遅らせてカタルシスを生み出してる。
遅れる理由も彼女地球から離れた事情を考えると納得いくものだし
81 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 17:48:57 ID: +e9pb0j2LQ
エンドゲームネタバレ






戦闘力もけた外れだけど、宇宙のはてまで単独かつ短時間で往復できる移動のがより便利そう
だけどニックの消滅にショックを受けてるのはすごく人間臭かった
髪型は新旧どっちもすきだなあ。次回作ではまた違う髪型でもいいかもしれない。
クラルの後日談とかも気になるところ
82 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 22:07:01 ID: nwHNHKJFmJ
一作だと頑固で自信過剰なとこが強調されてたけど、EGだと色んな惑星周ってパトロール的な事やってるらしいので、2作はそういう面倒見のよさや思いやりのある部分を掘り下げてくれたらいいな
83 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 08:33:25 ID: b0PsIFgEoB
>>82
それな
というかEGでも感じたんだが、どこか不遜な印が否めないんだよな、MCUキャロル
粘着質なアンチの言い分に加担するわけじゃないけど(ここ重要)、彼女のひととなり自体はもっと今後詰めようがあると思う
まぁあれだけ望外なを得てしまえば、少なからず驕りもするだろうが…
単独作一作では、自身の可性を抑えこまれていたところからの解放、これがテーマだった
なら二作は、純が及ばない対等以上の強敵に出会い、めて自己の人間的な部分、アイデンティティを煮詰めてから戦いに臨む…なんてのが王道だろうが
さてどうなるやら
84 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 02:01:32 ID: +BlUrkLw1U
キャプテンマーベル一作って、如何にもフェミニストリベラル的な、人種的性別的テーマくて、イマイチ何が言いたいかわからん作品、つまり結果的にグリーンランタン女性版みたいな、お気楽で、暴れるだけの、一昔前のヒーロー映画みたいになってしまってる。
個人的にスクラルの問題って今までMCUで扱ったことのない「テロリストとして扱われる少数移民」なので、ここをもっと掘り下げても良かった気がするんだよね……
実際前情報なしだと、あの善悪が反転する間はそれなりに楽しめたから、それこそ謳い文句通り「サスペンス」に振り切っても良かった気がするんだよなぁ。それだけにただの痛快なストレスフリー映画になってしまったのは残念。
85 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 11:59:44 ID: ipKEEbqjtZ
そうかい?
はあるのにないと思い込まされているキャロル」に、監督から女性へのメッセージを感じたのだけれど
クラルに関しては…確かに、もうちょっと掘り下げても面かったかな?
ただ「悪と思われていたが実は」ってオチが、それだけで既存の少数移民への暴走する悪意へのカウンターとして機していた気もする
サスペンスに振り切っても良かった〜ってのはまさにその通りだとも思っていて、むしろ単純な娯楽映画としての煮詰め方の至らなさ、振り切れていない感が問題なんじゃないかな
そういうポリティカルな演出を視すると、展開や構成、アクションなんかがイマイチ「惜しい」作品だったことに、他ならぬこ映画の隙があるんだと思う
とはいえ、均以上の点数は与えられるとも思うし
何より今後に期待できるキャラを創造した点は確かだしね…アンチが騒ぐほどの作品でもないわな
86 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 18:18:11 ID: +BlUrkLw1U
いや、自身キャプテンマーベル映画自体はそこそこ楽しめたんだよ。MCU単体作品ってあれくらい気持ちのいい大暴れってあんまりなかったから、それこそ新鮮味があった。
「抑圧と解放」がテーマであることは、何となくヨンロッグとの訓練シーンと、スプリームインテリジェンスとの会話で理解できたんだけど、女性だけでなく、時代と共に抑圧される人々に対して、良いメッセージだとは思いつつ、正直、ヒーロー作品のオリジンとしてはテーマとしてありがちなせいで、イマイチキャロルでやる必要」を感じなかったなと。
何というか、テーマも構成もマンオブスティールに似てるんだよ。重苦しいか気楽かの違いはあるが。
どうしても面くならないヒーローオリジンに、サスペンスを絡めたのは大正解だと思う。ただそれだけに色々本当体ないんだよ、この映画
オリジンストーリー込みのヒーロー映画がどうしても難しいのは承知の上だが、もっと煮詰めてほしかったなあと。
87 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 18:36:19 ID: b0PsIFgEoB
>>86
横合いから口を挟んですまんが「どうしても面くならないヒーローオリジン」に引っかかったもので…
スレチ気味な話ではあるが、スーパーマンオリジンが一番面いまであると思うのだが
記念すべき映画第一作の「クラークスーパーマンになるまで」なんて、一つの伝説よね
そこを題材にしたコミックも本当にどれも面いし
それがキャロルのことをしているにしても、ちょっとニュアンスが伝わらなかったかな…
ただ、それ以外の点に関しては甚く同意
特に「キャロルでやる必要を感じなかった」はなるほどなぁ…なんてから鱗
抑圧対女性だからポリティカルなメッセージを強調できたけど、それ自体は確かに割とありきたりなものではある
まぁ受け止め方次第で、ありきたりなテーマ女性ヒーローを対に描いたことにこそ意味があると評価する向きもあるだろうがね
何度も同じことを書いてなんだが、そういったところ含めて、今後の描き方が一層気になるヒーローではあるよな、キャロル
88 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 21:52:29 ID: QvwApjm2iS
マーベルさん役の人にぴったりすぎて美人でセクシーカッコいいから2作も短がいい
89 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 23:02:00 ID: RYwsVI6jYQ
>>87
多分だがマン・オブ・スティールは「DCEU一作」のことだと思うぞ。確かにヒーローオリジンが何でも面くないわけではないと思うが、どこか退屈ってのはわからんでもない。
テーマは確かにDCEUMoSと似てるかもね。を使うな、と言われ、育ってきた人間が、ヒーローとして覚めて、を存分に解放する、って感じか。確かにキャロルでなくても成立するテーマではあるな。