グランツーリスモ7単語

グランツーリスモセブン
4.1千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

グランツーリスモ7とは、ポリフォニーデジタルが開発したPlayStation 4およびPlayStation 5向けグランツーリスモシリーズ最新作である。

概要

ゲーム情報
ジャンル ドライビングシミュレーター
開発元 ポリフォニー・デジタル
販売元 SIE
機種 PlayStation 4 / PlayStation 5
発売日 2022年3月4日
価格(税別) 7,900円
年齢 CERO:A(全年齢
その他 -
ゲームソフトテンプレート

グランツーリスモシリーズとしては、PlayStation 3用「グランツーリスモ6」以来となるナンバリングタイトル

PlayStation 4でもプレイだが、次世代ハードであるPlayStation 5版ではより細密に、コースが描き出される。さらにレースなどのデータロードは大幅にスピードアップしている。

また、PlayStation 5専用コントローラーDualSenseでは、アクセルブレーキアナログトリガーに反フィードバック実装され、ABSキックバックトラクションの抜けによるアクセルの手応えの変化などを感じられる。

さらに、今作の大きな魅ポイントとして

グランツーリスモシリーズ25周年に相応しいOP
初代グランツーリスモに初採用されて以来、長年に渡ってグランツーリスモシリーズのOPを務め、グランツーリスモシリーズのもう1つの顔とも言うべき楽曲となったMoon Over The Castleが、GT7仕様リアレンジされて再びOPテーマを飾ることとなった。Moon Over The CastleがOPを務めるのはグランツーリスモ5以来となる。また、これまでのOPテーマMoon Over The Castleを採用したグランツーリスモシリーズは、海外版のみOPを別楽曲に差し替えていることがあったが、今作では海外版もMoon Over The Castleを採用している。
ポルシェの本格的実装
長年EA(エレクトロニック・アーツ)との独占契約により実装できなかった(コンプリートチューンカーRUFのみ実装)が、前作「SPORT」から実装開始。本作では本格的に実装されている。トレイラー動画ではポルシェ911ターボ(930)や、プロトタイプカーの917、グループCカーの962Cなどが姿を見せている。その他にも911シリーズ各世代や旧世代の356EVタイカンなども実装される。
GTモード」が「キャンペーンモード」に進化
ナンバリングタイトルということで、「GTモード」が復活。しかも、「ワールドマップ」で展開される「キャンペーンモード」に進化している。
シリーズサーキット復活
ハイスピードリンクトライアルマウンテンといった、過去シリーズオリジナルサーキット復活する。
前作「SPORT」での要素は踏襲
クルマカラーリングを自在に変更できる「リバリーエディター」など、前作で楽しめた要素は踏襲。前作の収録種もすべて含まれている。

ゲームモード

ミュージックラリー

インストールもしくはダウンロードの途中で遊べるようになる、本作最初のゲームモードネット環境が脆弱なユーザー向けの時間稼ぎモードとか言ってはいけない。

爆音設定で鳴るBGMを聞きながら、前を走るアザーカーをひたすら追い抜いていく。上でBGMリズムシンクロして数値がカウントダウンされて行き、これがゼロになるとゲームオーバー。上手にコース走行距離を伸ばしていくと数値がプラスされてプレイ続行が可になり、オーディエンスから拍手采がもらえる…という昔のレースゲームを思わせる構成。

曲の最後まで走り続けられたらクリアー。その時点での走行距離スコアとなる。

当然やりこみ要素としてゴールドライズ獲得があるため、腕に自信のある人は挑戦してもいいだろう。

キャンペーンモード

本作のメインモード

ワールドマップ」と呼ばれる擬似間に様々な施設が存在し、多様な自動車に関する要素を遊び尽くせるようになっている。

カフェ」という施設でマスターが出す様々な「メニュー」をこなしていくことでプレゼントカーがもらえたり各施設がアンロックされていき、クルマ初心者自然クルマの諸知識を理解しつつ遊びの幅を広げていけるように配慮されている。

リリース時点で実装されているコースを全開放するには、この「カフェ」を全クリアの一つ手前の段階まで攻略する必要がある。そして、同じくリリース時点でのレースイベントコンテンツを全開放するには、「カフェ」を全クリアする必要がある。

なお、セーブデータ運営サーバー上に置かれるため、オフラインでこのモードプレイすることはできない。一応、オフラインモードとして限定された種で走れるアーケードレースがある。走れるコースは「カフェ」のクリア状況に左右されるため、本体上にもオフライン用のセーブデータは存在していると思われる。

ワールドマップ内各施設

ワールドマップの各施設は次のようになっている。

ガレージ
プレイヤーの所有するの置き場。2022年3月31日現在では不要な所有は「売却」できず「手放す」しかない。この点は将来アップデートで売却可になる予定。
カフェ
正式には「グランツーリスモカフェ」。上記の通り、2022年3月31日時点でのクリア標であり、全施設アンロックのためには攻略を進める必要がある。一部特定種に乗っているとカフェの常連客がコメントでウンチクをってくれることがある。なお、あくまでも公式はこのカフェクリアを「グランツーリスモ7におけるカーライフの始まり」と位置づけており、全クリアするとスタッフロールなどが流れるがこれはエンディングではないとのこと。
ワールドサーキット
最大のメイン施設。世界中のサーキットに飛ぶことができ、それぞれのコースで開催されているイベントレースアーケードレースコースを覚えるためのサーキットエクスペリエンスタイムトライアルドリフトトライアルガレージ内のを使って自分で出場を決められるカスタムレースが選べる。カフェ紹介されるシリーズ戦、チャンピオンシップもある。
ブランドセントラ
いわゆる新ディーラー。各メーカーの新をここで買える。一部種は「招待状」をメーカーからもらわないと買えないものもある。
ユーズドカー
いわゆる中古ショップ。十数台のが販売されているが、ラインナップは日が経つごとに売り切れる種がでて、新たな種に置き換わってゆく
レジェンドカー
伝説的な重なを販売するディーラーゲームクレジットにして10億をえるような玉飛び出る高価が並ぶこともある。安くても1千万をえるものばかり。だいたい1週間ほどのサイクルで売り切れて入れ替わってゆくため、当ての種を見つけたらクレジットを懸命に稼いで買う必要がある。最終手段として、リアルマネー¥2200=2億クレジット課金チケットもある。
チューニングショップ
シリーズでおなじみのチューンナップするショップ。新要素として、軽量化などの不可逆チューンを施したエンジン体をもとに戻せる「新品エンジン」「新品ボディ」があるがいずれも極めて高価。
GTオート
これもシリーズでおなじみのを整備するショップ。洗オイル交換、エンジンオーバーホール、ボディ剛性リフレッシュといった整備メニューの他に、新要素としてボディの横幅を広げる「ワイドボディ」(不可逆チューン)が加わっている。また、エアロパーツをつけたり、リバリーエディターで自在にカラーリングする「カーカスタマイズ」。プレイヤーアバターでもあるヘルメットとレーシングスーツを変えられる「ドライビングギア」もある。
ライセンス
またまたシリーズでおなじみのレース参加資格を得るライセンスを獲得する試験センター。「スーパーライセンス」までの5段階あるが、「カフェ」を全クリアするには2段階内A級ライセンスがあればいい。
ミッション
正式には「ミッションチャレンジ」。特定の条件で行われるミッションクリアし、テクニックを磨いたり腕試しが可クリア状況によってプレゼントカーもある。
スケープス
いわゆる「フォトモード」。数多の背景を選んで、所有するを被写体にしての写真を撮ることができる。
ショーケース
様々なユーザー向けの要素を紹介する場所。リバリーエディターデザインしたヘルメットとレーシングスーツを登録した「スタイル」、「ヘルメットリバリー」、「スーツリバリー」。スケープスで撮した「スケープスフォト」とリプレイの場面を撮した「レースフォト」。リバリーエディターで使用する「デカール」。レース場面を再生する「リプレイ」。これらを鑑賞できる他、自らフレンドや一般ユーザーに向けて開したり、他のユーザー開している作品を見ることもできる。
マルチプレイ
2プレイヤー対戦でレースしたり、オンラインレースコミュを楽しむ「ロビー」を遊ぶことができる。
スポーツ
前作「グランツーリスモSPORT」の要素を受け継いだもの。オンラインデイリーレースチャンピオンシップに参加することができる。ちなみに上記ロビーやこれらオンラインレースに参加するには別途サブスクオンラインサービスの「PlayStation Plus」に加入する必要がある。

ルーレットチケット

カフェ」の特定メニュークリアしたり、毎日一回ある程度走行距離をこなすことでもらえるのが「ルーレットチケット」である。

これは、ガレージ内の「ギフト」で表示して任意のタイミングルーレットとして引くことができる。大抵は少額の賞が当たるだけだが、運が良ければ高額の賞、さらには重なやここでしか入手できないチューニングパーツが手に入る。特に新要素のチューンである「エンジンスワップ」を行うためには、ここで対の「新品エンジン」を当てる必要がある。

関連動画

関連商品

関連リンク

グランツーリスモ・ドットコム、「グランツーリスモ7」製品情報exit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A27
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グランツーリスモ7

106 ななしのよっしん
2022/06/23(木) 00:37:56 ID: wtoCqPYDxT
アップデート情報来たね。今回は全体的にアメリカンな雰囲気

フォードロードスターアメリカカスタム文化といえばホットロッド。今回のは1932年式がベースで、レストア歴のい個体としては最も古いそうな。現物はヘンリーフォード博物館に保管されてるみたいね

スズキエスクードパイクスピーク仕様GT2で初登場したみんな大好きモンスターエスクード復活

スズキのVGTGr.3。先情報通り、Gr.3仕様スズキVGT。既にスイフトGr.4もいるからこれでマニュファクチャラー契約に新規参入かな?

コースはワトキンズ・グレン実在アメリカサーキット久々の新規収録ね。現実だとインディカーNASCAR、IMSA。過去にはF1も行われてる
107 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 17:27:23 ID: q3Ffn7Rnpz
エスクードがウイリーするのはグランツーリスモの伝統か何かなのか?
108 ななしのよっしん
2022/07/18(月) 13:48:25 ID: YMkA2SX7eA
GT7どころかGT2時代から極端なセッティングしないとウイリーしないのに伝統といわれても
GT7ならダウンフォースバランス崩してバラスト限界まで後ろに積んだりとか前後駆動配分10:90にしたりとかね

109 ななしのよっしん
2022/07/27(水) 23:11:26 ID: wtoCqPYDxT
ワールドシリーズも開幕して週末には久々オーストリアからライブ大会。そして今アップデート情報

ポルシェの918スパイダーカレラGTの後継でもあるハイブリッドスーパースポーツ

マセラティのA6GCS/53スパイダー2014年のペブルビーチ・コンクールデレガンスGTトロフィーいたヴィンテージカー

日産スカイラインスーパーシルエット。通称トミカスカイラン、グランツーリスモ2以来となる大復活

新たなスケープス撮場所は日本四国トミカタウン道後温泉の前やトミカジオラマの中でを撮出来ちゃう
110 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 11:09:21 ID: Ox7sauppsF
山内さんの一日もコロナからの癒を祈っております

コロナExiv JTCC1995年仕様の採録……は別に祈っておりません
111 ななしのよっしん
2022/08/15(月) 15:06:46 ID: 8xYGBNHz9k
遊んで自然を知れるのグランツーリスモ7しゅごい。あとすっごく運転しやすい。もっとイベント増えてランダムイベントもあったらのんびりやれる。
112 ななしのよっしん
2022/08/20(土) 09:22:39 ID: 24O7oB4Vjx
ホントあらゆるところが進化して更なるリアリティのあるレースになってるし、オープニングムービーもホント最高なんだけど、必ずハズレしか当たんないルーレットどうにかならんかったんか…
113 ななしのよっしん
2022/08/20(土) 18:38:53 ID: ZghoabypVL
長期的な視点で見守ってねってことなんだろ

世の中の大多数のプレイヤーは「今」を見て評価すんのにな
114 ななしのよっしん
2022/08/25(木) 00:11:25 ID: wtoCqPYDxT
夏休みも終盤。今アップデートによる追加種は4台

ポルシェのケイマンGT4。レース用のクラブスポーツに続いての登場。専用のスポイラーウイングの他、911パーツをいくつか流用しているのも特徴

ポンティアックのGTO The Judge。2代目GTOの中でもスパルタンなモデルで、元々は廉価版として売るはずだったのがハイパフォーマンスへと方向転換したという紆余曲折ある経歴の持ち。実はボンネットタコメーターを搭載しているという変わったレイアウトを持つ

デ・トマソのマングスタ(クリスチャンディオール)。フランスファッションブランドとのコラボによる特別リバリーのマングスタ。ボンネットに大きく描かれた「47」は、ディオールが初めてファッションショーを行った1947年を意味する非常に重要な数字

マクラーレンMP4/4。16戦15勝。ポール15回。ファステストラップ10回という圧倒的な記録を持つ1988年F1マシン。この年はアイルトン・セナにとって初のワールドチャンピオンいた年であり、現代の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
115 ななしのよっしん
2022/08/30(火) 19:02:00 ID: wtoCqPYDxT
MP4/4、リバリー作成はOKだった。フォルツァでもOKだったし、昔のF1大丈夫とかだったりするのかな。メーカーの意向もあるかもしれないけど

F1オフシャルのコドマスF1に収録された際もタバコ広告ガッツリ剥がされてたから今回どうなのかと思ってたけどそこら辺のさじ加減は正直わからない…962CやXJR-9もロスマンズやシルクカット文字を修正されての収録だったけどリバリーで文字あり仕様を大量に作られてるしね

ちなみにリバリーだけでなくエアロもいくつか用意されている。これで各ラウンド仕様っぽく出来るかも。ただしエアクープはいので全パターン再現という事は

タイヤレターは元々履いてるグッドイヤーからは変えられない

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ノルマ未達成回 アマナァ 昭和天皇の御学友 ひとくちワッカ