ブレイズ(エースコンバット)単語

ブレイズ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

ブレイズ(Blaze)とは、ゲームエースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」に登場するパイロット(主人公)である。

※本記事には本編ネタバレが含まれているので、未プレイ者は閲覧注意

概要

5のキャンペーンモードにおけるプレイヤーキャラクターTACネームブレイズ」の意味は「炎」。物語中盤まではウォードッグ隊、終盤ではラーズグリーズ隊所属パイロットとなる。バーレットからは「ブービー(Booby)」という渾名を付けられており、チョッパーからもそう呼ばれている。
な搭乗機はパッケージ機体のF-14A。ウォードッグ機は普通カラーリングだが、ラーズグリーズ機は全体をに染めている(これは全機体共通)。一部の使用機体強制ミッションでは、F-5E,ミラージュ2000D,HAWKを使用した。

当初はオーシアの新人パイロットであり、ウォードッグ隊の3番機あるいは4番機であった。その後、当時の隊長バーレットが撃墜され行方不明になったことと、2番機のナガセ推薦もあり、新たな隊長となる。
ナガセチョッパーグリムを僚機として、ユークトバニアに対する数々の作戦に参加し、多大な戦果を挙げる。特に、2隻のミサイル潜水空母を撃沈したことで、いつしか彼の部隊は敵味方から「ラーズグリーズ悪魔」と呼ばれるようになる。
しかし、オーシアユーク間における戦争の長期化を企むベルカの「灰色の男達」の謀略により、チョッパーが戦死。さらに、スパイの汚名を着せられて仲間と共にオーシアから追われる身となってしまう。だが、事前ベルカの企みを察知していたケストレルに助けられ、逃亡することに成功する。ちなみに、逃走時に戦死を偽装しているため、公式にはウォードッグ隊の面々は全員死亡したことになっている。
ケストレルとの合流後、新たにスノーを僚機とし、ラーズグリーズ隊としてベルカの野望を阻止するために奮闘する。ベルカからは「ラーズグリーズ悪魔の『亡霊』」と呼ばれていた。最終的に彼らは第三勢として、ベルカによる工作活動を全に阻止、オーシアユーク間の誤解を解いて戦争を終結させた。かくして、「ラーズグリーズ悪魔の『亡霊』」は、「ラーズグリーズ英雄」となったのである。
戦後ブレイズ達の消息は不明。少なくとも、パイロットとして復帰してはいない。

若い新人パイロットであることを除けば、ブレイズ個人情報や設定は劇中でられることはない。しかし、ジュネットの記事にウォードッグ隊のメンバー写真が載ってあり、ここでブレイズの姿を確認できる。もっとも、チョッパーの腕で顔が隠れており、見ることはできないが。また、一部のムービーブレイズの足が映る場面がある。
5には、一部の線に対して[はい/いいえ/言]の3択で返答が行えるシステムが存在する。そういう意味では「喋る」ことができる主人公である。まともな返答をするのもいいが、的外れだったり空気が読めない返答をして敵味方を困らせるのも面い。

他の主人公べると、ブレイズは成長要素が強いキャラクターである。最初のミッションでは、まだ才が開していない新人という一面が強調されており、バーレットからは「飛び方を考えろ」と言われたり、チョッパーからは「隊長、こいつ大丈夫ですかね?」と心配されていた。だが、彼が隊長となって数々のミッションをこなしていく内に、僚機だけでなく、友軍からも信頼されるほどのパイロットとなっていった。劇中の中盤でチョッパーを失った挙句、濡れ衣を着せられたことで所属する軍から見捨てられるという憂きに遭いながらも、それを乗り越えて戦場に復帰している。終盤では、スノーから「この(戦っている)間でさえ成長している」と言われ、かつてバーレットおやじさんを撃墜したグラーバク1から「君達がここまでできるとは思わなかった」と評されるようになった。
また、劇中で多くの仲間に恵まれているのも大きな特徴として挙げられる。ウォードッグ隊の隊員達は論、おやじさんやジュネット、ケストレルのスノーアンダーセン艦長、シーゴブリン隊、ユークレジスタンスや「少佐」ことナスターシャ、そして、ハーリング大統領にニカノール首相と数多い。「灰色の男達」との決戦前には、グムラクを始めとする3隻のユーク艦が協している他、好戦ではないオーシアユークの多数の部隊が大統領演説に理解を示し、ブレイズ達に加勢した。仲間が多い主人公に6のタリズマンなどが挙げられるが、ブレイズの場合は、第三勢に所属しながらも協者が多かったこと、トップ人間が2人も支持してくれたこと、本来敵である、あるいは敵になってしまったの軍人も味方になってくれたことを考えると特筆に値する。
ブレイズには、ファンから想像または考察される要素が豊富なため、しばしばそれに関する話題が上る。例として、ウォードッグ隊の隊員達とのプライベートな関係、とりわけ、ナガセとどのような関係になっているのかということや、戦後の彼らの動向、環太平洋戦争に関する全報告が開される2020年にはどうなるのかといったことが挙げられる。

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA%28%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブレイズ(エースコンバット)

18 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 09:13:57 ID: 4G2RhmKt5j
シリーズ主人公同一人物説の最大の障
周囲からは全にルーキー扱いの上親父さんが疑われる段階でもノータッチだから(当たり前と言えば当たり前だけど)
経歴詐称という裏技も使えないという鉄壁ぶり
19 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 08:02:53 ID: htfRfP4wXQ
7のプレイヤー(管制の会話内容から、新人パイロットではない)と同一人物かな、とも思ったけど、ナガセの帰還する軌道エレベーターの破壊に反対しなかったのを考えると、別人なんだろうか。
20 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 11:25:47 ID: q2ZVvGn1tg
短編小説によると、かつてのラーズグリーズ所属メンバー全員軍を除隊してるらしいからなぁ…
・スノー大尉は潜艇の操縦手
ナガセ宇宙飛行士
ブレイズ(不明)
グリム(不明)
21 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 13:56:52 ID: FHresbGkmm
グリム田舎に帰ってそうだな
ブレイズはわからん
22 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 20:22:03 ID: n7T5CSH/mB
ラス面でグリム兄貴と一緒に実家に帰る的なこと言ってたしな。

ブレイズはなんだかんだで飛行機に乗ってそう
23 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 22:40:03 ID: NifVel/2eZ
PS4移植版だと「キッド」になってるんだけどどういうこっちゃ
24 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 22:42:51 ID: htfRfP4wXQ
ラストで「彼らは二度と戦場を飛ぶことはかった」とか言ってたから、実際その通りだったんだろうけど、7の状況でブレイズ戦場を飛ばないワケねぇよな、と思った。でも、対小惑星ミッションナガセと一緒に宇宙へ出てたなら納得出来る。ていうか、エース級とはいえブレイズの2番機でしかナガセにだけ、そんな重要ミッション任せるか、という疑問もあるし。少し長めの新婚旅行ですかね……。
25 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 22:06:26 ID: pupzL8rCAU
メビウス1心臓病のない三
ブレイズ:大か岬太郎
サイファー日向小次郎

こんな感じ
26 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 03:12:26 ID: 1edR64kA95
ブービーキッド問題、PS2の頃から日本版と海外版で英語が違ったらしい
PS4移植版は両方入ってて言設定をENG[JPN VER.]にするとブービーになる
27 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 00:57:23 ID: zfar9Y1Kt1
どうもブービースラングで「おっぱい」と聞こえる可性があるってんで海外側からの変更要請があったとか(開発スタッフツイートより)

5のエンディングカークが飛行機を見上げるシーン、あの飛行機飛ばしてるのがブレイズだって当時思ってた

急上昇ワード