山内一豊単語

ヤマウチカズトヨ

山内一豊(1545~1605)とは、流浪の身から織田豊臣、徳の三英傑に仕え、最終的に土佐一の大名へと出世したが、「内助の功」の妻の方が有名だったりするちょっと地味戦国武将である。 

概要

岩倉織田氏の重臣、山内盛豊の息子として生まれるが、岩倉織田氏が織田信長に滅ぼされると同時にが戦死。流浪の身となるが、いろいろあって信長に仕えることになり、やがて秀吉の与につけられる。

の戦いのころになると、秀吉臣になる。秀吉の出世とともに配下の一豊の所領も増え、小牧長久手の戦いの後には長浜2万石の領となり、中村一氏堀尾吉晴らとともに豊臣秀次の宿老となる。地震によって一人を失ったのはこの長浜時代である。
小田原攻めの後に秀次が尾に移るとともに掛川になり、5万石を領有する。

秀次事件では関係の立場を貫き、処分を逃れる。秀吉死後、関ヶ原の戦い直前の小山評定では東海道に所領をもつ大名の中で先駆けて家康に領地を献上し、家康の歓心を買う(これは尾忠氏の案を盗んだとも言われるが)。この功績により、関ヶ原本戦ではこれといった手柄はなかったものの、土佐一を与えられる。

土佐入後は長宗我部氏の旧臣(に一領具足と呼ばれる連中)による反乱を武制圧。この禍根が残り続けたため、山内士を「上士」、長宗我部士を「郷士」とする土佐独特の身分制度が幕末まで続くことになる。 

1605年、高知にて死去。享年60
子がいなかったため、甥の山内忠義が山内を継いだ。 

内助の功

武将としての均的な一豊が一にまで立身出世した理由として挙げられるのが、一豊の妻、千代(名前は諸説ある)の「内助の功」である。偽が明らかでない話もいくつかあるが、戦前の教科書には賢妻のモデルとして採りあげていたりする。有名なのは以下の二つ。

  • 入りの際の持参で名を買う。⇒えで織田信長を引き、一豊が出世する。
  • 関ヶ原直前、石田三成からの西軍への寝返りを誘う書状を未開封で家康に渡すように一豊を促す。⇒家康に対し一豊の忠義を示すことに成功。  

小説などにおける山内一豊

戦国時代を扱う作品は多々あるが、一豊はなかなか出てこない。小山評定でワンシーンあればいい方であろうか。

山内一豊が登場する作品としてはやはり、司馬遼太郎の「功名が辻」が挙げられる。
2006年大河ドラマ化されたということもあり、現在の一豊のイメージはこの作品によるところが大きいのではないだろうか。ちなみに山内一豊を演じたのは上川隆也である。

関連動画 

 

関連商品

補足

信長の野望シリーズにおける山内一豊の力一覧。
武将の概念ができた戦国群雄伝から登場。特に飛び抜けたもなくやっぱり均的である。
一応織田の武将らしく適性の方が足軽適正にべると高い(それでもな武将の域を出ないが)。
但し、関ヶ原時の抜け駆けが影してか、義理が低めなのが難点である。

軍事 内政
戦国群雄伝(S2)   戦闘 61  政治 65 75 野望 53
武将風雲録(S2) 戦闘 60 政治 59 62 野望 28 教養 65
覇王 采配 64 戦闘 65 智謀 25  政治  59 野望 28
天翔記 戦才 124(B) 智才 70(B) 政才 118(B)  魅   64  野望  49 
将星 戦闘 56 智謀 60 政治 54
烈風 采配 49 戦闘  50 智謀 59 政治 52
世記  采配  35 智謀 49 政治 43  野望  42
蒼天 統率 44 知略 45 政治 59
下創世 統率 42 知略 45 政治 60  教養   49 
革新 統率 66 武勇 48 知略 51 政治 67
統率 66 武勇 48 知略 51 政治 67

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E5%86%85%E4%B8%80%E8%B1%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山内一豊

70 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 22:33:33 ID: 2oCjyUp+hj
信長の野望での的な物足りなさは、宝に「賢妻」があれば一気に解決すると思うんだな。
できればネガティブ宝「愚妻」も欲しいところ。
71 名無し
2018/09/24(月) 22:42:21 ID: dF0H0TYAi1
68
>逆にで実直な武将である一豊が、あそこまで苛な事をするなんて

結局は懐柔出来ないからって一領具足虐殺するのが山内一豊の本性だってことでしょ
秀吉みたいに「人たらし」って呼ばれてたけど関白なってから悪逆非やったのが本性なのと同じように
てか山内一豊みたいな妻に図されるような愚図が心に闇抱えてないワケないんだよなぁ
72 削除しました
削除しました ID: /rCVBoAvGT
削除しました
73 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 19:24:32 ID: 6Ph+W9DZfi
一豊が懐柔に転じるのは、長宗我部が最後に仕掛けた本山を経験した最晩年だよ。5日かけて一は鎮圧したけど、首謀者は取り逃がすし、協した農民は虐殺を恐れて逃走するしで、本山領内が荒れて、結局、部下が採用した懐柔策を黙認して大半を不問にするしかなかったし、本山に隣接する豊永の領(元から土佐にいた一族)を上士扱いにして山間地域の不満解消を図ったりしてる
74 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 15:52:31 ID: TXXhjKRKB5
自領で領に従わない不穏分子始末するのが非行為に当たるなら秀吉秀忠期の移封大名なんてどが非な領だな

を組んで領向かう行為自体は九戸や豊前宇都宮氏、葛西大崎氏なんかと同レベルなんだが、土佐の異常さはそれを関ヶ原後にやってるってことだ
流刑だった土佐の土地柄なのか単に長宗我部氏が人領層の近世化を図れてなかったのか分からんが、ここまで大規模に内乱起こしてた連中は土佐以外だと常陸佐竹旧臣くらいだろ(それでも規模が違う)
75 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 13:24:26 ID: ED/bMTcBbE
>家康に領地を献上し、家康の歓心を買う
これは微妙だよね。小山評定が実際にあったという前提だが、家康が一豊を評価してるのは、外様組がどう動くかまだ分からない中で東軍支持という流れを作ったこと。領地の献上はその手段であって別に家康に媚びたから出世したわけじゃない。
76 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 19:55:13 ID: /rCVBoAvGT
もその恩賞が土佐一って、割に合わないよね。
実高は20万石あっても、時勢を理解できない一領具足を統治何て一豊には厳しいだろう。
それでも、手段を選ばず統治に成功した一豊はたいした男だよ。
逆に長曾我部盛親は人間アホ殿様。
77 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 12:34:44 ID: S4Nr2i5Axm
>>76長宗我部信親死後の後継者争いが
いて利権でいがみ合ってるような
土地柄だしな。長宗我部盛親
西軍について睨まれてるにもかかわらず
東軍側の保険にしといたはずの津野親忠
やっちゃうとかゴダゴダにもほどがある
真田や九鍋島は西軍就いた側は身を引いて
命脈保ってるのに。

従う気なしで勝手にヒャッハーしてたらそら
山内一豊としても引き締めざるを得ませんわ
78 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 21:15:54 ID: ED/bMTcBbE
>>76
財政的には余裕のある土佐もらって幕末まで易されることもなかったような遇が割に合わないとか何言ってんの?
あと唐突に盛親disる意味が分からん。
79 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 22:37:19 ID: RZsndfTMdu
信長の野望で捕まえたら取り合えず殺す武将ランキング第二位

急上昇ワード