日本女子サッカーリーグ単語

ジャパンウォーメンズフットボールリーグ

日本女子サッカーリーグとは、日本女子サッカーの全リーグプロアマチュア混合リーグ)である。1部・2部のディビジョン制となっている。(後述

リーグの冠スポンサーは、「ほっともっと」や「やよい軒」でおなじみの株式会社プレナスである。

※「なでしこリーグ」で動画検索したい方はコチラ通常検索exit_nicovideoタグ検索exit_nicovideo

概要

リーグ設立~全盛期その1

1989年により開始。平成時代に入って初めて出来た全リーグでもある。

開始当時、男子日本サッカーリーグJSL)を模して「JLSL」というリーグ呼称がつけられた(「JLSL」の2番の「L」はLady'sを意味していると思われる)。

男子と違って、女子にはそれまで全リーグが存在しなかったものの、第11回アジア競技大会にて女子サッカーが正式種として決まった事で、女子リーグ設立の機運が高まっていたのが誕生の起因である。ちなみに、日本代表男子天皇杯に値するオープントーナメントは、このリーグよりもくから誕生している。
なお、2年後には下位カテゴリとして「JLSLチャレンジリーグ」を開始し、また、1993年には事実上のオールスター戦である「JLSL東西対抗戦」を開始した。

1994年男子Jリーグを模して、呼称を「L・リーグ」に変更する。
この頃にはクラブ体制から実業団体制に衣替えしたチームが既に多くなっており、ほとんどのチームが専用のクラブハウスやグラウンドを所有していた。それと同時にプロ契約選手も増えていき、さらには世界中から有選手が集まっていたことから、代表の成績とは反例するものの、世界最高の女子リーグ」と言われた

暗黒時代

しかし、そんな時代もつかの間、日本代表アトランタオリンピックグループリーグ3戦全敗し、さらには第3回の世界選手権(後のワールドカップW杯))でのグループリーグ敗退によりシドニー・オリンピック出場を逃したことで観客が減する。

アジア通貨危機による更なる不気により、解散するチームも出た(フジSCマーキュリー、日ドリームレディースがコレにあたる)。
逆に、解散せず、元々のクラブ体制に戻ったチームもある(松下電器パナソニックバンビーナ⇒スペランツァF.C.高槻、プリマハムFCくノ一FCくノ一バニーズ⇒宝塚バニーズ(現:バニー京都SC)がコレにあたる)。

ただ、その他の理由によって解散したチームも相次いだことにより、チーム数は減。1996年を以ってJLSL東西対抗戦が終了した他(入れ替わる形でリーグカップ戦である「L・リーグカップ」が開催されたが、1999年を以って終了している)、もはや下位カテゴリとして機していなかったJLSLチャレンジリーグ止したり(1996年から即に、L・リーグ最下位チームとL・リーグ参入希望チームの入替戦を行う大会となっており、「JLSLチャレンジマッチ」と名称を変更していた)、新たに試験的な試みではあるが大学チーム日本体育大学女子サッカー部)を参加させるなどして、チーム数を一定数えた。

とはいえ、支えた多くの企業の撤退は相当いており、リーグレベルの低下だけは免れなかった。ちなみに初めて大学チームとして参戦した日本体育大学女子サッカー部は、レベルが違いすぎる」という理由で、わずか1シーズンリーグを脱退した(後にこのチームは、2010年度よりチャレンジリーグEASTに参戦する形で、リーグに再所属している)。

2000年代に入ると、L・リーグリーグを東西に分ける。東西に分かれて出た成績によってさらに上位リーグと下位リーグに分けて、最終成績を決めることにした(詳細:PDFファイルexit)。その上で、経費削減として、入場料を無料としたが、その影で、リーグ戦の使用スタジアムにはスタンドや得点表示のい所での試合も見られた

リーグ復興への道

2003年W杯W杯はこの年からオリンピック予選を兼ねなくなった)での注Jリーグの試合の前座としてL・リーグの試合が行われるなど、リーグへの模索が本格的に図られることになる。

2004年L・リーグディビジョン制を施行し(L1とL2、JLSLチャレンジリーグ以来のトップカテゴリ直属の下位カテゴリを設けることとなる。ただJリーグとは異なり、L・リーグ自体を上下に分割することでディビジョン制を開始した。また、当時の上田栄治監督率いる日本代表がアテネ・オリンピックにてベスト8の成績を残したこともあって、女子サッカーへの注度も上がる。これを機に日本代表に「なでしこジャパン」の称が付けられるようになり、その影呼称も「L・リーグ」から「なでしこリーグ」に変更していった。

2005年に入ると、なでしこリーグ1部覇者全日本選手権大会覇者リーグ開幕前に対戦する「なでしこスーパーカップ」が開始される。もちろん元ネタ男子サッカーで行われているスーパーカップであるが、2007年度大会を最後に終了してしまった。2007年にはL・リーグカップ以来のリーグカップ戦である「なでしこリーグカップ」が開始される。こちらの大会は2008年度大会と2009年度大会は中止されていたが、2010年度から復活した。この二大会と共に、2006年からはリーグ初の冠スポンサーとしてイベント会社のモックと3年契約を交わしたが、後にモック自体の破産が影し、契約は途中打ち切りとなっている。スーパーカップの終了も、リーグカップの二大会連続中止も、この契約打ち切りが原因である。

その後、2008年からは現在の冠スポンサーであるプレナス契約する。この頃から「なでしこリーグオールスター」が開始される。だが、この年を持って、長年リーグを支えてきた名門・TASAKIペルーレFCが親会社の経営危機により解散を発表する。TASAKIは同じく神戸ホームとするヴィッセル神戸と移管交渉を行っていたが、折り合いが付かずに解散へと至った。

2009年には、浦和レッズレディースがさいたまレイナスFC時代以来2回の優勝を成し遂げた。

日本代表のW杯優勝による女子サッカーブーム~全盛期その2

2010年には、ついに現在リーグ体制となる。それに伴ってJリーグに倣ってなでしこリーグ準加盟制度を開始し、1部リーグのなでしこリーグへの昇格には、準加盟した2部リーグのチャレンジリーグ所属チームだけ可となった。また、お隣韓国女子リーグが開催されたことを受け、「日韓女子リーグチャンピオンシップ」も開始される。今のところ法則発動はい。

そして2011年、ついに日本代表W杯優勝を成し遂げたマスコミにも大きく取り上げられたこともあって、なでしこリーグの観客動員にも大きく影し、前の女子サッカーブームを築くこととなる。

一度は挫折と苦しみを味わいながらも見事に復した日本女子サッカーリーグだが、2011年現在ブームを「女子サッカー民的定着」へとどう変わらせていくか、また、東日本大震災の影などで休部(のち部)した東京電力TEPCOマリーゼがベガルタ仙台レディースとしてクラブチーム化したことで、ついに2012年度では実業団チームが1チームも所属しなくなる状況がどう影するのか、今後に注である。

リーグについて

日本女子サッカーリーグピラミッド
1部 日本女子サッカーリーグ1部(なでしこリーグ) ←イマココ
2部 日本女子サッカーリーグ2部(チャレンジリーグ
2010-2011年は東西2地区
←イマココ
ここから上が全リーグ/ここから下が各地のリーグ
3部
(3/4部
又は
3/4/5部)

地域リーグ
北海道東北関東北信越東海関西中国四国九州
※一部のみディビジョン制:北信越九州は2部制、関西は3部制

4部以下
(5部以下
又は
6部以下)
都道府県リーグ
(都府県リーグ北海道地区リーグ
最下部 市区町村リーグ
都道府県によっては「地区リーグ」や「支部リーグ」になっている)

1部であるなでしこリーグと下位カテゴリの2部であるチャレンジリーグに別れている。
2部は2010年2011年は東西に別れて実施されていた。

日本サッカーチームの登録制度においては、女子男子とは異なり登録区分(年齢による区分)が決まっていないが、リーグ小学生以下の参加は認められない

1部リーグ(プレナスなでしこリーグ)

計10チームの2回戦総当り(各チーム18試合)で行われる。
2011年東日本大震災の影東京電力マリーゼが出場を辞退したため、9チームでの実施となった。

なでしこリーグ⇔チャレンジリーグ での入替制度

まず、なでしこリーグへの参入を希望するチームは、「なでしこリーグ準加盟」の申請を行う。これによって運営状況や設備などの審を受ける。

入れ替え制度は年によって変化しているものの、近年では以下のようなレギレーションとなっている。

2部リーグ(プレナスチャレンジリーグ)

2012年は、12チームによる2回戦総当り(各チーム22試合)で実施される。

2010年-2011年は、参加12チームを東西の地域別に分け、東西共に6チームによる3回戦総当り(各チーム15試合)で実施された。

チャレンジリーグ⇔リーグ外 での入替制度

2010年-2011年は、東西リーグの各最下位チーム(2チーム)と、審の結果リーグ参戦可であるとされたチームによって入れ替え戦が行われた(自動昇格はない。ただし2011年については、シーズン末をもってのチャレンジリーグ脱退が1チームあったため、1チーム自動昇格できた)。ただし、リーグ参戦可であると審されたチームが2チームえた場合は、それらのチームで予選を行い入れ替え戦参戦チームを決定した。ちなみに2010年2011年ともに、チャレンジリーグから入れ替え戦に出場したチームはいずれも敗れて地域リーグ降格となっている。

2012年については、2013年からチャレンジリーグが16チームに拡大するため、リーグ外から最大6チームがチャレンジリーグに昇格できる。うち4チームは自動昇格、残る2チームはチャレンジリーグの下位2チーム(11位・12位)と入れ替え戦を行う。

リーグピラミッド上、チャレンジリーグの直下のカテゴリ地域リーグになるものの、そんなことは関係しにどのカテゴリに所属しているクラブでもリーグからの審を受けられる高校チームの常盤木学園高校サッカー部や大学チーム日本体育大学女子サッカー部、加盟するまで東京都リーグ1部に所属していたスフィーダ世田谷FCが、そのな例である。

関連動画

…ていうかINACの試合動画ばかり多すぎるだろバカチンが!

関連商品

…ええい、リーグ関連のグッズはまだか!

関連コミュニティ

関連項目

以下は男子サッカーにおける各々の大会

リーグ公式サイト

日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイトexit

関連サイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本女子サッカーリーグ

1 記事作成主
2011/11/13(日) 20:12:50 ID: LaHWODUptc
途中投稿すみません。

ちょっと休憩してきます…。
2 記事作成主
2011/11/14(月) 00:09:49 ID: LaHWODUptc
編集了しました。(`・ω・´)
3 ななしのよっしん
2012/02/03(金) 11:32:35 ID: uL7Cwk3HKb
記事作成乙であります
2012年の各リーグ所属チームも紹介されていると
さらによろしいかと思われます
4 ななしのよっしん
2012/05/13(日) 20:30:02 ID: A7Z4UuDmKP
リーグ人気も定着してくれるといいなぁ。INACだけじゃなく。
ところで「Jリーグクラブの下部組織チームとしては初めてのトップカテゴリ優勝」ってレッズではなくベレーザ(ヴェルディ下)では?90年代から優勝を重ねているはずなので。。
一般会員なので編集できませんが…。
5 ななしのよっしん
2012/05/22(火) 00:40:09 ID: LxhdAkYrda
4月末に高槻の試合を見に行ってきたぜ。
チケ代安いし、観客のほとんどが家族連れとかだから、サッカー観戦初心者も行きやすいと思う。
チケットはコンビニの端末(Famiポートやローソンチケット)で買えば予約扱いで安くなるよ。
高槻の試合では\800だった)
スタジアムによっては、観客席に日除けのい所もあるみたいだから、帽子分は忘れないようにな。
6 ななしのよっしん
2012/10/27(土) 01:30:51 ID: Z8GnbRWCc8
本格的な女子プロサッカー明期だね。
いまなら加入しやすいな。
7 導線
◆H.HIRo.8mA 2013/11/01(金) 14:23:58 ID: +xPP4nRvNL
プレナスチャレンジリーグ】HOYOスカラFCチャレンジリーグ退会に伴う入替戦の取り扱いについて
日本女子サッカーリーグ | ニュース
http://www.nadeshikoleague.jp/news/index.php?id=359exit