格安航空会社単語

カクヤスコウクウガイシャ

格安航空会社とは従来の航空会社よりも低価格のサービス提供する航空会社である。

LCC(Low-Cost Career, ローコストキャリア)と略されることが多い。
なお従来航空会社はFSCFull-Service Career, フルサービスキャリア)またはレガシーキャリアLegacy carrier)と呼ばれることが多い。

概要

FSCよりもサービスを簡素化させ、駄を底的にくことによって安価な運賃を提供している。簡素化の度合いはマーケットや航空会社によって異なるが、に以下に挙げるような工夫が行われる。

  • シートピッチ(座席間隔)を狭くする
    シートピッチを狭めることによって、より多くの座席が設置可になる。一部、座席間隔が広い席(非常口席や最前列など)も存在するが別料が設定されている事が多い。
  • 受託手荷物の全有料化
    FSCでは、ある一定の重量までの受託手荷物は無料だが、LCCにおいては重量にかかわらず有料となる場合が多い。もしくはFSCよりも条件が厳しい場合が多い。
  • 運航機材の統一
    メンテナンスの効率化などの的で運行する機種を180席~200席クラスであるボーイング737エアバスA320などに統一する事が多い。ただし、中長距離の路線、または事業が拡大した場合には大機材の導入が図られることも多いため、一概には言えない部分でもある。
  • 人件費の削減
    キャビンアテンダント(CA)が地上係員(搭乗受付)、機内清掃などの業務まで行う。もしくは係員が複数の業務をこなすマルチタスク化。これによって雇用するスタッフの数が削減できる。

これらの特徴を備えた航空会社は、だいたい1970年代頃に海外で形になりはじめ、90年代アメリカでサウスウエスト航空が大成功を収めたことで一気に台頭した。
日本では、規制緩和によって90年代後半にスカイマークが就航したぐらいで、なじみのあるものとは言えない状態が続いていたが、2000年代後半から海外の大手格安航空会社が相次いで参入し、世界FSC各社も子会社または関連会社としてLCCを手掛けるなど、内外問わず近年にわかに活発化してきている。 

安全性

運賃こそ低廉ではあるが、安全面でのコストダウンは行われていない(というよりも政府航空当局や国際機関から許可されない)ため、FSCとLCCでは安全上の差はない。
航空機の運航には非常に厳格な安全基準が定められているので過度な心配は不要だと言えよう。

しかし海外では、バリュージェット航空アダム航空など、新規参入したLCC事故を起こした前例もある。これらはスタッフの訓練不足などが原因となっており、その根底にはやはり、安全性の確保やスタッフの育成よりも便数の期確保・維持を優先する経営体制があったと言われる。
そもそも、苛な価格競争とコストカットが、パイロットの過労や劣化機材の放置などによってトラブルを招いた事例は、航空業界に限らず数多い(2012年関越自動車道でおきた格安高速バス事故などが典的な例である)。

こういった理由から、LCCは決して使わず信頼のおけるFSCのみを使うことに決めている人もいる。格安航空会社の安全性が不安視されがちなのもある意味では仕方ないところもある。

利用する場合の注意点

サービスが他の航空会社にべて控えめなのは、搭乗中に限ったことではない。LCCの利用によるトラブルも多発しているようである。以下に注意点を簡潔にまとめるので、利用する場合の参考にして欲しい。

チケットはWebサイトから自で予約するのが原則
航空券の手配は旅行会社に任せる方も多いと思われるが、LCCの場合は自での手配が原則である。各社のWebサイトから予約を行い、クレジットカードコンビニで支払いを行う。
日本ではLCC各社の予約センターから電話予約もできることが多いが、Webサイトでの予約より割高となる。

運賃は大きく変動する
格安航空会社の運賃は需要や席数によって大幅に変動する。今さっき予約した便の運賃が1時間後には2倍になることも、逆に半額になることも日常茶飯事である。
運賃が下がっても差額の払い戻しなどは行われないので、損をした場合でも潔く諦めよう。また、宣伝文句として使われる運賃は最安値のものであり、実際に予約するとその数倍だった、といったことも良くあるので気をつけるべきだろう。
基本的に週末や休暇期間の運賃は高くなる傾向にある。めに買っておくといろいろ割引が利く辺りは他の航空会社と同様。 

払い戻しは行われない(と思うべし)
航空会社や運賃にもよるが、キャンセルに対しての払い戻しは、フライトの何日前であろうと行われない場合が多い。
行われたとしても現ではなくポイント(マイレージ)や次回搭乗時の割引クーポンとして払い戻される場合が多いので、予約する場合は覚悟を決めておこう。

遅延・欠航時のサポートはない(と思うべし)
や機材トラブル遅延・欠航等が発生した場合でも、原則として他社便振替は行われず、払い戻しのみの対応となる。しかもキャンセル時同様、ポイントクーポンとして払い戻されることが多い。
乗り継ぎの場合で遅延・欠航等により、乗り継ぎ便へ搭乗できなかった場合、後便への振替ができずにめて航空券を手配しないといけないことが多い。
何があっても自己責任、である。受験や急な出張など、遅れが許されない場合や代替交通機関を確保する自信がない人は、値がってもサポートの厚い航空会社を使うべきであろう。

主な格安航空会社

以下にな格安航空会社を列挙する。

スターフライヤーソラシドエアアイベックスエアラインズなど、規制緩和で近年設立された航空会社(≒JALANA以外)も一括りにLCCとして扱っているWebサイトも見られるが、この記事においては従来の航空会社と較して明確にコスト削減と運賃の引き下げが行われている航空会社を「格安航空会社」として定義する。

日本

海外

アジア・オセアニア

欧米

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A0%BC%E5%AE%89%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BC%9A%E7%A4%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

格安航空会社

31 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 21:17:17 ID: Xpzt1Pjc9Q
おっと、反映されてないと思って二重に書き込んでしまった
やっぱり日本の格安航空が安全性で劣ってるはおかしいやろ
>>20が思ってるほど日本人も許認可出してる日本国交省もそこまでいい加減じゃねーから
32 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 21:28:48 ID: aH2pIbF+WC
安かろう悪かろうって印つけたいの?
33 荷車の騎士
2018/11/26(月) 16:17:59 ID: 7xI8PFi6Mb
機内食レバノン料理が出なけりゃいいや。
34 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 21:13:47 ID: aUljDudonf
国交省の審がいかに厳しいかはエアアジアジャパンの2度め就航がどれだけ長引いたかを見れば分かること。
エアアジアインドネシアでも2014年に落っこちた問題グループ

迷列車(北陸)の人の作品とか見りゃそのほどがわかる。
35 削除しました
削除しました ID: xXx3FFRIGu
削除しました
36 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 22:25:38 ID: TjzVbUT3hK
レガシーレガシーで飲問題が笑えないくらい多くて機体はともかく信用は落ちてる
こんだけ多いとLCCも同じかもしれないと思ってしまうが、レガシーだからってちゃんとしてるとは言えなくなった
37 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 00:42:42 ID: 38DK9Vh9QS
安全性がどうであろうと、確率的にそれが自分が乗る便に当たる可性は非常に低いと考えて気にしていない。
LCCが危険だと言うなら、事故死する可性がさらに高い自動車なんか当然使っていないんだよな?
38 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 23:25:17 ID: SsIh8iBUMY
>>36
https://www.asahi.com/articles/ASLCF6F5PLCFUTIL03X.htmlexit
レガシーキャリアは飲した後に呼気検をごまかそうとしていることが問題視されていたけど、LCCの一部はそもそも検すらしてなかったって言う安全性の話ならワンランク下の状態だったんだよなあ
39 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 02:17:48 ID: Eoj/0H5E3b
大阪東京間に限定すればLCCって物凄いハイリスク・ローリターンだな
新幹線なら28000円前後 LCCなら空港までの交通費 手荷物過料も十分あり得る 額も閑散期以外は1万えるし、 冗談抜きで色々厳しいだろ
40 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 04:58:15 ID: TbvQltBkOi
パイロット不足だから問題のあるでも辞められたら困る
っていう昔とは別の意味での問題が起きてるんだな

昔はブラックすぎて質の悪いのしか集まらない
今は足りないから質が悪いからと言って首に出来ない
>>34
エアアジアが問題グループでもアレだけでかくなっちゃうんだよなあ
特にアジア圏は元から安全性はお察し