無限の剣製単語

151件
アンリミテッドブレイドワークス
2.6千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

無限の剣製(unlimited blade worksアンリテッドブレイドワークス)とは、TYPE-MOON作品に登場する魔術固有結界の一つである。

また、そこから生してFate/stay night関連作品の副題などとして使われている。

この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。

ここから下はタイガー道場を全て見るなりしてから突き進んでください。

曖昧さ回避

  1. PCゲームFate/stay night』およびコンシューマーゲームFate/stay night [Realta Nua]』での遠坂凛ルート副題
  2. 劇場版Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』 - 2010年劇場版アニメ
  3. Fate/stay night [Unlimited Blade Works] - 2014年テレビアニメ該当記事参照。
    1. 上記アニメの第20話のサブタイトル「Unlimited Blade Works.」
    2. 上記アニメの第24話のサブタイトル「無限の剣製」
  4. Fate/stay night[Unlimited Blade Works] - 2022年2月号から『月刊コミック電撃大王』で連載されているコミカライズ作品

概要

TYPE-MOON世界においては、世界を自分の心風景に書き換える「固有結界」という大魔術が存在する。

「無限の剣製」もそのような固有結界の一つであり、初出は『Fate/stay night』。同作では「無限の剣製」の使い手として衛宮士郎、およびアーチャー(Fate/stay night)が登場している。

その後の作品においては衛宮士郎アーチャー(Fate/stay night)キャラクターもこの固有結界を所持していることが多いが、心風景依存した魔術であるためか、各々が微妙に異なる性をしている。

どの使い手においても大元となっているのは、一度見たを解析・複製・貯蔵するという特性固有結界の中には数のが突き立てられ、さながら墓標のようである。固有結界を展開せずとも、【投影魔術】でのみを作り出すこともできる。ただし、複製したランクが一つ下がる。また、兵器は複製できない。

各々の使い手の解説は使い手の記事に詳しく書かれているので、以下の「詠唱」の項からそれぞれの記事を参照。

詠唱

アーチャー(Fate/stay night)

I am the bone of my sword.(――― 体はで出来ている

Steel is my body, and fire is my blood.(血潮はで、心は硝子

I have created over a thousand blades.(幾たびの戦場を越えて不敗)

Unknown to Death.(ただの一度も敗走はなく

Nor known to Life.(ただの一度も理解されない

Have withstood pain to create many weapons.(彼の者は常に独りの丘で勝利に酔う

Yet, those hands will never hold anything.(故に、その生涯に意味はなく

So as I pray, UNLIMITED BLADE WORKS.(その体は、きっとで出来ていた)

衛宮士郎

体はで出来ている。(I am the bone of my sword.

血潮はで心は硝子(Steel is my body,and fire is my blood.

幾たびの戦場を越えて不敗。(I have created over a thousand blades.

ただ一度の敗走もなく、(Unaware of loss.

ただ一度の勝利もなし。(Nor aware of gain.

担い手はここに独り(Withstood pain to create weapons,

の丘でを鍛つ。(waiting for one's arrival.

ならばが生涯に意味は不要ず。(I have no regrets.This is the only path.

この体は、(My whole life was

無限で出来ていた。("unlimited blade works"

美遊の

I am the bone of my sword.(体はで出来ている

Steel is my body, and fire is my blood.(血潮はで、心は硝子

I have created over a thousand blades.(幾たびの戦場を越えて不敗

Unaware of beginning.(たった一度の敗北もなく

Nor aware of the end.(たった一度の勝利もなし

Stood pain with inconsistent weapons.(遺子はまた独り

My hands will never hold anything.(の丘で細氷を砕く

――――yet,(けれど、

my flame never ends.(この生涯はいまだ果てず

My whole body was(偽りの体は、

still(それでも

“unlimited blade works(で出来ていた――――!!

無銘

I am the bone of my sword.(体はでできている

Steel is my body, and fire is my blood.(その体はと炎

I have created over a thousand blades.(戦場を選ばず

Unknown to Death.(折れることはなく

Nor known to Life.(築くことはなく

Have withstood pain to create many weapons.(勝利を分かつこともなく

Yet, those hands will never hold anything.(故に、生涯に意味はなく

So as I pray, UNLIMITED BLADE WORKS.(その体は、きっとで出来ていた

ネット上での扱い

この固有結界の展開には長い詠唱を必要とし、その詠唱きのこ節による中二心あふれるものであった。

また、固有結界の効果が数のを生み出し、それを自在に使えるというこちらもやはり中二心をくすぐるものだった。

以上のような経緯で、初出のPC版が発売された2004年以降、様々な二次創作パロディが多く作られ、詠唱変の元ネタとして様々なネタに使われている。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

平沢進 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 樹葉 緑
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

無限の剣製

31 ななしのよっしん
2024/02/05(月) 21:25:44 ID: DjxsgHqH4Y
他人のものを丸写しした経験があるとこ同士のコラボか。Xを見た感じだとどっちのファンも大満足みたいだな。
👍
高評価
5
👎
低評価
11
32 ななしのよっしん
2024/02/06(火) 20:14:53 ID: tXK3nMqLdZ
日本刀だからBLEACH!とか言ってるが言ってるけど
FGO和風UBWで日本刀バージョン固有結界やってるんだよなぁ
まぁどちらにせよパクり前提でられてるのが笑うわ
👍
高評価
8
👎
低評価
4
33 ななしのよっしん
2024/02/08(木) 09:18:09 ID: Z4DJ9slQOD
今になって存在を知ったけどこのネーミング和英どちらかが犠牲になるのは仕方ないにしても絶妙にどっちも理があるというかカッコつけきれてないのが気になる
英語ワークスが会社の名前みたいだし、日本語製がきはいいとして造語の割に字面が地味すぎる
もっとニ心にグサグサくる作なのかと思ってた
👍
高評価
7
👎
低評価
11
34 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 18:52:38 ID: +B7yr4SDIZ
ふた昔前くらいの二次創作でオリ(笑)転生特典にやたら使われたイメージ
👍
高評価
3
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 19:13:57 ID: LKMBp0v/I5
>>33
がすげえな。今日日チンピラですらそんなふっかけ方しないぞ
👍
高評価
3
👎
低評価
6
36 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 19:33:16 ID: yeu9367d4k
>>33
厨二」じゃなくて「ニ」(※カタカナ)になってますよ。
変換できないからしゃーないと一思ったけど、「ちゅうに」から「厨二」に普通に変換できるっぽいから……。
👍
高評価
2
👎
低評価
4
37 ななしのよっしん
2024/03/04(月) 06:26:16 ID: 6cJi34aga1
現代の漫画家って大抵は昔の漫画に嵌ってた人、オタクが描く側になったんだから嵌ってた世代の漫画の模倣になりやすいというか意図的にそうしがちってのはあると思う。見は意図的だとは思うが。

無限の剣製王の財宝は似たようなのは結構あるがもう作品としては古いのでFate知らない人もいるだろうし、ジョジョ時止め自体はそれ以前からあるがバトル物で流行ったきっかけはこの作品だろう)とかもはや定番化・生しすぎてオマージュパクリとか言われなくなったのもザラだし。コピー能力もそう。

七人の侍足利義輝の逸話を元にしたって話はあるがきのこが意識してたかはわからんし、「沢山のが刺さった」「落ちてた武器を使う」ってのは定番としてよくあるしそれらが七人の侍足利義輝を意識してた訳ではないだろうしなぁ。
👍
高評価
0
👎
低評価
1
38 ななしのよっしん
2024/03/04(月) 14:33:45 ID: 6ZPcQLrYTl
ネコアルク「体はで出来ている」
👍
高評価
0
👎
低評価
3
39 ななしのよっしん
2024/03/04(月) 16:57:21 ID: XDTFGH6UuM
>>33
そりゃあ彙が貧弱で浅学なのに理するとそうなるわ

厨二病ネタどが黒歴史扱いされたり笑われたりするのもそう
なんかドイツ語とかラテン語とかでそれっぽいこと言いたがるけど
実は意味はき違えてたり文法滅だったりでクッソ痛々しい

他人と違うアピールしたがるに、文字からしハードルを感じる
ギリシャ語アラビア語みたいな言葉はほとんど選ばないってのも底の浅さが透けて見えて面いし
👍
高評価
1
👎
低評価
2
40 ななしのよっしん
2024/03/04(月) 18:09:50 ID: bTXhO2RO/W
とりあえずアーチャーの英文を訳してみた。英文自体は別にそんなに悪くないと思う。


だ。(名詞構文っぽく)
は体で、火は血だ。
幾千の創造した。
死に至るは不詳で、生き様は知られない。
たくさんの武器を作るために痛みを堪えて来た。
だが、この手には決して何もない
だから私は祈る、無限の剣製を。
👍
高評価
0
👎
低評価
1