燭台切光忠単語

ショクダイキリミツタダ

燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)とは、である。

  1. 燭台切光忠 - 伊達政宗が所有していた太刀本稿で扱う。また2.にも一部に史実の記述あり。
  2. 燭台切光忠(刀剣乱舞) - ゲーム刀剣乱舞-ONLINE-』のキャラクター当該記事参照。

概要

備前 無銘
長二尺二寸三厘(長さ 66.75cm
鎺元九分九厘(元幅 3.0cm
横手下七分三厘(先幅 2.2cm
厚二分二厘(元重ね 0.7cm
反五分(反り 1.5cm

伊達政宗が所有していた太刀で、備前の忠の作。「しょくだい『き』り」と「しょくだい『ぎ』り」の読み方ブレがあるが前者のほうが一般的。
現在は確認できないが『武庫纂』に残る押形と『大日本刀史』の記述に撚れば蕨手丁子の変り出来の、忠らしいやかな紋のであったという。
長さは二尺二寸八分、二尺三寸など諸説あり。なお現在の分類では打刀と扱われる長さであり、徳ミュージアム打刀としている。茎に釘孔が二個あることから磨上げられた可性がある。
伊達政宗臣をった際に製(などとも言われる)の台をもったことから台切と号が付いた。のちに水戸に渡る。

仙台侯政宗近侍之臣有罪、隠燈架之陰、政宗之、燈架落、故名之斫、燈架之俗称也
政宗第、政宗持刀語其由、終置之坐右、請是、政宗之不強持之去


伝えていわく、仙台侯政宗近侍の臣に罪ありて、褐の燈架の陰に隠れる。政宗すなわちこれをり、燈架とともに落とす。故にこれを名付けてという。台すなわち燈架の俗称なり。
かつて政宗第に臨む。政宗このを持ちてその由をり、終わりてすなわちこれを坐右に置く。まさに帰らんとし、このを請う。政宗これを愛し与えず。すなわちこれを強く持ちて去るという。


伝わっている話によれば、あるとき仙台の政宗の臣が罪を犯し、製の台の陰に隠れた。政宗は台もろともり捨てたため、そのと名付けられた。台とは燈架の別称である。
[1]は昔、政宗の邸宅にお邪魔したことがある。政宗はこのを手に持って逸話をり、傍に置いた。は帰る際にこのを欲しがった。政宗が大事なものだからと断ったものの、何度もお願いして譲り受けて帰ったという。

慶長元年(1596年)に伊達政宗豊臣秀吉から忠を賜っているため、これが燭台切光忠であったとする説がある。
また織田信長類の忠好きとして有名であり、集していた二十五振りの内の一振りが後の台切であったとする出典不明の史料もある。台切の写しを造るプロジェクトに携わる工の推測によると、織田信長は手に入れたを二尺二寸に磨上げる趣味のあった人物であり、現在の燭台切光忠はまさにその二尺二寸のため信長所有説の裏付けである、としている。
水戸への伝来も諸説あり、号の由来を聞いた徳川光圀が欲しがったが伊達政宗が譲れないと断ったので強引に持ち出した、徳頼房が「忠を等に入らせへ」と乞う、あるいは頼房が「その忠を聟(むこ)に貰ひへ」と徳川家光に後押しされた、など正確なことは分かっていない。
もし事実であれば燭台切光忠は、織田信長豊臣秀吉伊達政宗→徳頼房()と名だたる人物の間を渡ってきた可性がある。

江戸時代に入ると小石川水戸上屋敷(現在の小石川後楽園)に、明治時代には本所の徳公爵小梅邸(現在隅田公園)に置かれていたとされている。
大正12年(1923年)、関東大震災小梅邸が被災。蔵が開けられたことによるバックドラフトにより蒸し焼き状態となり、収められていた多くのたちと共に燭台切光忠は焼失した。

……と、2015年までは思われていた。

脚光

2015年1月サービスが開始したゲーム刀剣乱舞-ONLINE-』に燭台切光忠が登場すると、「燭台切光忠はここにあるのか?ないのか?」と水戸の所有する資料を管理・展示する徳ミュージアムに問い合わせが殺到。更には「のために使ってほしい」と300万円の寄付が来るなどミュージアム側も燭台切光忠にが当たったことを認識。4月に焼身の状態で現存していることが表され一躍話題となった。

水戸としては関東大震災以降も燭台切光忠や同じ蔵に収められていたたちが現存していることは既知のことであった。しかし焼身のに美術品としての価値がいことからあくまで「代々水戸に伝わる宝物」という扱いで、徳ミュージアムに収めることなく水戸個人の所有物とされてきた。2016年の時点でも燭台切光忠は徳ミュージアム所蔵ではなく水戸15代当斉正氏所有のである。
ちなみにこの「宝物」がどれぐらいの扱いだったかというと、第二次世界大戦中にからの供給のため蔵のを供出するようめられた際に断るほど。水戸学を尊ぶ水戸が、先祖伝来とはいえとしての価値はない物たちを守るため断ったのは余程のことだったと推測できる。
また焼となってしまったバックドラフトについても、蔵の中に収められた水戸の宝物が事かどうか心配だった者が蔵を開けてしまった結果起きたことであり、開けた人物はその影で亡くなっている。

現在茨城県水戸市の徳ミュージアムに保管されている。
2015年5月17日に焼ける前の押形を収録した『武庫纂』とともに期間限定で開された。2015年7月11日から9月23日まで一般開された後、2015年10月10日から12月13日まで羽田空港のディスカバリーミュージアムで展示された。
2016年1月5日から3月30日まで徳ミュージアムの常設展で展示……のはずだったのだが、延長やら色々あった結果2018年4月現在に至るまで通年展示の状態となっている。
「美術品としての価値はないものを入館料を取る美術館に置くのはどうなのか」「焼けた姿を見たくない」といった否定的な意見もあるが、「美術とは別の価値がある文化財である」という観点から展示に至ったという経緯がある。
保存などの観点からフラッシュ撮影はご遠慮ください。

2016年2月より寄付を募り、燭台切光忠と同じく災した児手の二振りの写しを造るプロジェクトが開始。手がけるのは備前伝の作を得意とする宮入法。寄付は振込の他にプロジェクト協賛のグッズや飲食物の購入でも行える。
数振りの試作を経て2017年12月完成2018年1月20日より先に完成していた児手写しと共にプロジェクト成果展にて展示されている。
プロジェクト再現作の作の他に、の維持管理や研究を行うことも含まれている。様々な理由によりクラウドファンディングを行えないそうなので、プロジェクトが気になるなら是非募や協賛グッズ購入をオススメする。

また2016年から「水戸まつり」とのコラボも行っている。2017年からはアニメ刀剣乱舞-花丸-』とのコラボも合わさり、グッズスタンプラリーなど様々な展開をしている。

2018年9月28日には徳ゆかりとしては初めてとなる、水戸市ふるさと納税の返礼品『燭台切光忠を実際に手に取れる体験会』が話題に。受付開始から約2時間後には全てのが埋まりニュースにもなった。ちなみに納税額は10万円のため、控除額によっては意外と安価重な体験が出来ることとなる。

忠は有名な作が多いが、その中でも台切は知名度の低いであった。
例えば最初に挙がるのは、上記の通り忠コレクターであった織田信長がこよなく愛したという実休忠が筆頭である。他にも生駒忠などの宝、最上忠などの重要文化財に重要美術品と有名な忠が多く、またかつての所有者(とされる者)たちもそれぞれ有名な所有があるため、刀剣乱舞サービス開始以前では歴史シミュレーションゲームなどで台切が登場することはなかった。
更に水戸と言えば徳川家康関ヶ原の戦いで佩いたという随一の宝、児手が名高い。他にも徳川家光が所有した鉋切長後鳥羽上皇が作した菊御作など有名を多く所有し、ここでも特段注される存在ではなかった。

何がどうなるか分からないものである。

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *説と頼房説がある。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%87%AD%E5%8F%B0%E5%88%87%E5%85%89%E5%BF%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

燭台切光忠

1 ななしのよっしん
2015/07/04(土) 07:45:51 ID: 1eMZyoarsZ
記事作成乙…といいたいところだが

>すなわちこれを強く持ちて去るという。
>強引にもらって帰ったという。

は強奪してはおらず、一度は断られたものの、何度もお願いして最後には譲り受けた説を
ミュージアムブログで採用してるから載せるならそっちか、脚注を入れるべきじゃないかな
…あたかも奪ってきたような印になっててもにょる
2 ななしのよっしん
2015/07/04(土) 09:00:44 ID: 2Qr7r3Til2
>>1
“何度もお願いして譲り受け”に変更しました。
3 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 04:53:35 ID: kwIhyluCHV
じゃないしね。頼房。
何にせよ政宗が気に入ってた人物だから強奪なんてやりとりもまあまあで済ませてもらってるみたいな話は聞いたことがある。
4 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 08:08:38 ID: 2Qr7r3Til2
>>3
説と頼房説の2説あるようですので書き加えました。

急上昇ワード