徳川家光単語

トクガワイエミツ
1.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

徳川家光1604~1651)とは、江戸幕府第3代征夷大将軍である。

概要

徳川家康徳川秀忠とこれまでの将軍たちは戦国時代に戦った経験があったが、関ヶ原の戦いより後に生まれ、大坂の陣の頃もまだ幼かった、徳川家光は新しい世代の人物であった。

そして幕末以前における、最後の大規模な軍事行動である原の乱の鎮圧を遂し、いわゆる「鎖国」を完成。また武諸法度の制定によって、大名に対する統治を確固たるものとした。

家光の将軍就任

徳川秀忠と正室の江(崇源院)との間に生まれる。

の長丸はすでに亡くなっており、竹千代の幼名を与えられ嫡男とされた。として福(春日局)、小姓として稲葉正勝、松平信綱らが与えられた。この後数多くの創作物によって有名な、(後の徳川忠長)との後継者争いが勃発するが、祖徳川家康によって事解決され、元和3年(1617年)に次期将軍になることを明確にされた。

の上と内大臣就任、江戸城本丸への移動、正室・鷹司孝子との婚姻と以後はとんとん拍子に進み、元和9年(1623年)に征夷大将軍に宣下。以後、徳川秀忠大御所時代が続くが、寛永9年(1632年)の秀忠の死によってついに政権が立した。

実は徳川家光の幼少期に関する同時代史料があまりなく、ここまでの下りはほとんど後世の書物によって伺えるにすぎない。そのため、実は家族関係から元等の通過儀礼に至るまで、論争が現在もなお進行している。

将軍就任後の家光

将軍就任後彼が最初に行ったのは、旗本の再編による将軍直轄軍団の強化、そして加藤清正息子加藤忠広の易である。このように徳川家光の時代は付・大付による監視が厳しく行われ、不行跡を咎められた・忠長も自害に追い込まれている。

代替わりの上を終えると、寛永12年(1635年)に武諸法度を発布。これはあくまでも徳川家康徳川秀忠が定めてきた慣習を明文化したものであったが、以後の幕府の大名統治に大きくかかわるものであった。

またキリシタン禁制、対外政策の変更も徳川家光を有名なものにした要因だろう。寛永14年(1637年)に起こった原の乱はその徴であり、結果として松前アイヌ対馬李氏朝鮮長崎オランダ薩摩琉球という、いわゆる「4つの口」を除いて「鎖国」体制が完成された。

さらに寛永の飢饉対策によって大名への幕府からの干渉が強まったのも、徳川家光の時代である。一方で病気がちだったは、江戸幕府の職制を整備。ワンマン経営ではなく、複数の重臣に権が移譲されていった。

しかし、もともと病気がちだった徳川家光はわずか48歳で没することとなった。これに際し、堀田正盛、阿部重次、内田正信、奥山安重、三枝守恵らが殉死した。死後いったん寛永寺に遺骸が預けられ、日光東照宮に移される。死後、正一位・太政大臣が追贈され、法名は大猷院に定められた。

余談

  • 一説には男色好みの性癖があったとされ、長らく子を為さなかった事から後継ぎ問題を生じさせる一歩手前だったとされる(徳綱が誕生したので解決はしたが)。
  • 狩野から絵を学んだとされ、非常に個性的な絵を残している。「木図」「図」のほか、ネットで「ぴよぴよ鳳凰」と名づけられた「鳳凰図」が伝作として現存している。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける徳川家光の力一覧。

大坂の陣にすら参戦していない人物なのだが、知名度のためか基本登場している。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 138 智才 150 政才 174 88 野望 75
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 75 智謀 53 政治 81 野望 89
蒼天録 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 52 武勇 65 知略 73 政治 81
統率 52 武勇 65 知略 73 政治 81
創造 統率 59 武勇 62 知略 71 政治 76

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川家光

23 ななしのよっしん
2022/05/20(金) 11:34:12 ID: qzrAt8EU37
というか、教科書等における秀忠の扱いがやたら薄くて酷いのが原因
家康存命時は全部家康の功績、死後は全部の功績みたいな扱いになってる
歴史マンガとかでも総じてそんな扱い、いてもいなくてもどうでもいい繋ぎなだけの立ち位置にされてた
今はどうかは知らないが、自分の幼少時はそんなんだった

まあ教科書だと大阪の陣が終わって家康が死んでからは
だいたい江戸初期の人々の生活キリシタン関連に話が移っていくので
農民政策や参勤交代などの基盤が固まり、原の乱などが起きた時代の将軍として
メインになってきちゃうんだよなぁ
時代の流れが秀忠をディスりにきてるんや
👍
高評価
2
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2023/02/17(金) 07:45:26 ID: 5t1q2C7AUe
小学生の頃、担任が家康と綱吉と吉宗と慶喜だけ覚えとけばいいよ、あとはゴミみたいなもんだからとかひでえ事言ってたなあ

参勤交代って移動中に病で倒れたり山賊に襲われた大名、もいたのかなあ
日本も当時はまだ健在だったろうし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2023/02/17(金) 07:48:29 ID: KV4PsalGMB
>>23
>>24
そのほうがわかりやすいんだからしょうがない
小学生に徳15人全員事績覚えろったって理や
👍
高評価
1
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2023/06/03(土) 12:38:12 ID: qKrq3RcRSs
女性が嫌いで、偏屈な性格で、奇行が多くて、この人は本物の将軍だけど、どっかの半将軍みたいな人だな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2023/08/13(日) 01:09:11 ID: La30UpSZMh
>>24
参勤交代中に病に倒れたりした大名は居ただろうね。
だから、その時はに継がせるって書類を用意していたらしい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2023/09/19(火) 14:23:47 ID: OdhAy/fuv9
秀忠の評価が不当に低くての手柄になりがちなのは、将軍の座自体はに任せて自分は裏でを発揮してた時期が割と長かったっていうのもあるんじゃないだろうか
自分の調べが間違ってなければ、家康の死から秀忠将軍の座をに譲るまでが「7年」で、そこから秀忠が死ぬまでが「9年」

つまり二のトップだったのは7年間に過ぎない
家康存在感が大き過ぎるので、秀忠が表向きのトップを務めた時代の業績も全部家康の手柄にできてしまうが
秀忠は同じことはできないだろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2023/11/25(土) 00:09:14 ID: CKPO+Jy2Bj
自分の名君説は学研漫画
春日局の暗躍や衆道夫婦仲最悪は成人して知った。春日局は正義面で描かれてた
倉の圧政、秀忠夫妻の半虐待とか今じゃ危険だな。倉は半分お前のせいじゃねーかw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 23:00:06 ID: BV4f4LPh1J
徳川家光という人物の歴史における貢献って、将軍の嫡男として生まれ、そのまま将軍となり、将軍として死去した生涯そのものだった。
つまり、「実」やら「望」やらがあれば下上はできるという野心的な幻想を打ち消し下泰を確定させるのに、この君は実に良い配剤だったってことじゃないかな。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2023/12/20(水) 17:33:17 ID: edoa4yYA2+

過大評価するほど名君でもなければ、過小評価するほど暗君でもない。
けれど、「何もしない重臣任せ」という評価から、人を見るはあったのでは? と思う時がある。

下手な重臣に任せたら、それこそ取り返しのつかない失政に繋がりかねないのに、良くてあるのが浪費・財政破綻のみ。
いや、それも笑えん失政ではあるんだが⋯⋯倉勝較したら、マシに見えちまう。

個人的に、倉のせいで=キリシタン弾圧=クソ風評被害を受けてるような気がして仕方ねえ。少なくとも、学校教科書を読んだ時、そんなイメージを吹きこもうとする悪意を感じた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2023/12/20(水) 17:40:48 ID: edoa4yYA2+
>>29

私、未だに=キリシタン弾圧=クソイメージに、倉勝のやらかしが多分に含まれてるだろって思う時がある。

天草原の乱を教科書でやる割に、その後のことがられない辺り、悪意すら感じるね。
調べてみたら、この二つの領を幕府領にして復支援して、特産品も生まれたと出てきて、ちゃんと最後まで面倒見てるやん。なんで、そこまでらんの? って思いましたわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0