GIN単語

ジーアイエヌ

GINとは、

概要

大麦やライ麦、ジャガイモなどを原料とし、ジュニパベリーなどのボタニカルで香り付けされている蒸留である。日本酒税法ではスピリッツに分類される。元はとして17世紀に生まれたジェネヴァであったが、現在は19世紀半ばより登場したよりアルコール度数の強いドライジン流。それ以外にはドライジン以前に流だったオールド・トムジンや、スローベリーで香り付けしたスロージンなどがある。

一般にカクテル材料としてよく使われる。
ジンベースとしたカクテルの中でもジン・トニックバー名刺代わりのカクテルとして有名。 

ジンの銘柄

ビーフィーター
最も著名な銘柄の1つ。ラベル英国兵を基調としたもの。基本を押さえながらもが控えめなため、カクテルベースとしてよく使われる。実際、ビーフィーターを名するカクテルも非常に多い。
洋梨の甘い香りをつけた「ビーフィーター・ウェット」、柑橘系の香りをつけた「ビーフィーター・クラウンジュエル」等の限定品も存在する。クラウンジュエル美しい紫色の瓶は非常に評価が高い。
スーパーでもよく売っているが、サイズが小さいと少し値がる。沢山飲む場合は大きめのサイズを買うとよし。
ゴードン
強い味わいが特徴の銘柄。カクテルにしてもその味わいは健在であるため、特にジンの香りを楽しみたい場合に向く。007 カジノ・ロワイヤルでジェームズ・ボンドが注文したヴェスパーというカクテルも、このゴードンベースとしたものである。
タンカレー
すっきりとした口当たりとやかな香りが特徴の銘柄。緑色の瓶が印。タンカレー社最古の蒸留器を用いた少量生産の「タンカレーNo.TEN」、ライムの香りでやや甘口の「タンカレーラングプール」等の銘柄もある。
ケネディ大統領などの著名な人物にされたことでも知られ、「ジンロールス・ロイス」の異名を持つ。
ボンベイ・サファイア
バーライトの下で映える、サファイアのようない瓶が特徴の銘柄。ラベルはヴィクトリア女王日本では木村拓哉ドラマの中で飲んでいたことから人気に火がついた。ヴェイパー・インフュージョン製法によるやかな香りが特徴で、ボンベイ・サファイアそのものが既にカクテルであると称する人も多い。
カクテルにすると香りがかき消されやすいため、なるべく手を加えずストレート等で飲むと最も香りを楽しむことができる。また、ボタニカルとして使われているオーリスアンジェリカがトニックウォーターの苦味だけを和らげるため、ジンニックに用いると香りを引き立てることが出来る。
ジンの中では較的飲みやすい銘柄であるため、初心者が手を出すのにも向いている。が、ボンベイ・サファイアしか飲んだことがないのにジンるとハードコアジンから文句が出るので注意。
意外と誤解している人が多いのだが、瓶がいだけであって中身は普通に透明である。
また、透明な瓶のボンベイ・ドライもある。バカルディ社としてはボンベイ・ドライジンニック向けとのこと。 
ヴィクトリアン・ヴァット
一般的なジンの倍量のジュニパー・ベリーを使用することで、苦味の効いたドライな口当たりに仕上げた銘柄。
通常、ジンは作られた後すぐに瓶詰めされて出荷されるのだが、この銘柄は一度で数ヶ寝かせてから出荷される。そのため、ほぼ一と言える「カスク」の概念が存在するジンである。
生産量が少なく入手しづらいが、爽やかな香りを重視する他の銘柄とは異なる非常に太な味わいは、ジンならば一度味わっておくべきだろう。

ジンベースのカクテル一覧

レシピ

関連項目

関連サイト

トップバーマン大槻健二氏、ジントニックの極意を語るexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/gin

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GIN

27 ななしのよっしん
2017/07/08(土) 16:06:33 ID: FhNH9BI11+
(まとめて書けばよかった)

個人的にはサントリーにはプロフェッショナルジンを再販してほしかった
採算合わなくてやめたらしいけど、
丁寧に作られた素直でおいしいジンだったよ
28 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 02:02:01 ID: mKoAkVfG1O
ジンは安いのでも美味しいのが多いと思う
29 ななしのよっしん
2017/11/09(木) 22:46:57 ID: rtXGRHajIE
最近飲んだ中だとモンキー47は美味しかったな
香りがすごく良かった
30 ななしのよっしん
2017/11/10(金) 19:09:58 ID: FhNH9BI11+
>>28
ジン3000円も出せばトップレベルの味の銘柄買えちゃうのがいいよね
それ以上のやつは少量出荷とかそういうのでプレミアム価格を乗せてて
味的にはこのあたりである程度頭打ちな感じ

ジンは作ってすぐ出荷できるから
ウイスキー等の寝かしてなんぼのべて
場所代がかからないっていうのが大きいんだろうね
31 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 07:49:36 ID: rbKMkpo0Uv
もっと日本ジン流行らないかな
32 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 08:50:12 ID: J1bTuCxS71
>>31
最近ではクラフトジンと言って、規模の小さな造会社が少量生産で質重視のオリジナリティ溢れるジンを造ってるね。
京都日本初のジン専門の蒸留所ができたり、和歌山梅酒メーカーが地元産の柑橘類高野槙を使ったジンを発売したりしてる。
ジンの基準ではジュニパベリーが必須だけど、それ以外にもどんなフレーバーを加えても良いことになっているから、その土地のフレーバーと合わせやすい余地がある。
徐々にこれからも日本でのジンの消費量は増えていくのではないかな。
33 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 00:17:46 ID: FhNH9BI11+
最近世界的にウイスキーの蒸留所がちょこちょこ新設されてる&
不足でそもそもウイスキーをなかなか出せない

ウイスキーは世に出せるようになるまでに何年もかかる

設備を流用できて寝かす手間がいらないジンつなぎで作る

っていうのも日本含めて世界的にクラフトジンが増えてる一因だね
まあつなぎだろうと何だろうと面ジンが出てくれるならうれしい限り
34 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 04:59:29 ID: 5Yq5XEmp1l
世界一ジンの消費量が多いフィリピンと聞いて意外だった
東南アジアだしヤシとかラム酒イメージが強かったがジンをよく飲むんだな
35 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 02:11:21 ID: rVHSQJjSGV
最近静画で配信を始めたある漫画に影されてビーフイーターを買ってみた
長らく安いウイスキー焼酎を飲んできた身としては爽やかな香りが新鮮でいいね!度数の高さを感じないのがちょっと怖いけどwww
果実の香りは好きだけど飲むと「ウッ」となる身としては穀物爽やかないい香りがするこの分野も楽しめそう
36 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 19:05:23 ID: GP9JRzLQZJ
熟成させる必要がないから値段がお手頃なのも嬉しいよね
3千円も出せばプレミアムジンと呼ばれる高級品が手に入るし、クラフトジンと呼ばれるものでも5千円ちょい
ウィスキーじゃ高い物は1本数万円、数十万円するからこうはいかない