ウォッカ単語

ウォッカ

ウォッカ(водка、vodka)とは、ロシア人の燃料である。
最近はよりロシア語に近い発音としてウォツカウォトカ、ヴォトカなどとも表記される。

もしかしてウオッカ - 日本競走馬

概要

ロシア中東欧などで広く飲まれる蒸留ジン焼酎と同様、様々な素材を原料として作られる。ライ麦・大麦ジャガイモなどを原料とすることが多い。原白樺の炭で複数回ろ過するので、ほぼ色透明臭のお酒である。ジンラムテキーラとともに4大スピリッツと呼ばれることもある。

カクテルに用いると、素材味を生かしたままらしく仕上げることができる。カクテル作りではジンと並んで出番の多い蒸留である。バンドで例えれば腕の立つベーシストドラマーといったところか。
フルーツジュースとの相性は抜群で、生フルーツを用いたカクテルを作るときにアルコール分を確保するのに重宝する。氷結など一部のチューハイでは焼酎の代わりに原料として用いられている。

本場ロシアではストレートで飲むことが原則とされ、や氷を加えたり、カクテルにするなどの飲み方は本来は邪とされる。冷凍庫で冷やすか、厳寒期には戸外で氷点下まで冷やしとろりとさせたものをストレートで飲むこともある。ただしアルコールは全身の血管を拡し、結果として体温の発散を高めるために、ほんとに寒いときはアルコールの摂取は避けた方がいい。死ぬよ?

その他、しばしばロシア文学民間療法などに登場し、ロシア人とロシア文化の要な一を担っている飲料である。ロシアではウォッカアルコール度数は40度が標準となっているが、これについてはウォッカの製造法を標準化し度数を定めたのは周期表で有名な科学者メンデレーエフだという俗説がある。

飲みで有名だったボリス・エリツィン大統領一行が来日した際には、泊まったホテルにあったウォッカが払底し仕方なくジンブランデーを供したなどと言う逸話も残っているが、現在ロシアでは経済発展に伴って健康志向が広まっており、ウォッカの消費は冷え込んでいる。

ほかの蒸留と同様、様々なブランドが存在し、それぞれ個性がある。自信があるならば飲みべてみるのも一。本来は精製された臭で純エタノールに近いものが上質とされるが、スパイスや香などで味をつけたフレーバード・ウォッカも普及している。

ちなみに、英語のwaterと同で、印欧祖 *wed-/wod-””。それが変化して出来たロシア語を表す "вода(voda)" に縮小辞をつけたもの。ようするに、のようなもの、に準じるものというのが本来の意味。

ウォッカにまつわる伝説

…そして最後にディミトリー大公が、タタールの軛からロシアを解放した。彼は1380年、ドン河畔の戦闘ママイ汗を打ち破り、それによってドンコイと言う尊称を得た。これはドンの、と言う意味で、の精が大公に加勢したので、迷信深いタタール軍が逃走したといわれている。

そうだったにしても、の精の魔は長持ちしなかった。すでに二年後にはトフタムイシ汗が押し寄せて、土を荒らしモスクワを - 初めて - 焼き払っているからである。なるロシアは戦りつした。

大公ディミトリー・ドンコイは逃げた。遠くから自分の町が燃えるのをながめた。彼は切りしゃがみ、あごに手を当てて泣いた。その前につぼがあった。あつい涙がつぼに落ちた。なるディミトリーが立ち上がって、さらにを走らせたあと、一人の百姓がそのつぼを見つけた。彼は、だと思って、のどが渇いていたので飲んだ。舌を刺すような味がしたが、うまいことはうまかった。つぼを飲みほして、百姓酔っぱらった。

なるディミトリーは」

と彼は鼻歌を歌った。

「お泣きであった。おれが、涙を飲んでやった。これを飲むやつは泣かなくちゃならん。」

ぼの中には少し麦が入っていたのだ。それがモスクワ火事にあぶられ、大公の涙がひたすうち、ウォッカになったのである。ウォッカはディミトリーの涙からできたのである。ウォッカは人を悲しくする。

「ディミトリー大公の涙」より(世界伝説1、 / ぎょうせい / 1979)

関連動画

関連商品

ロシア
 

ポーランド
 

韓国

ぶどうで造ったウォッカ(フランス産)

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォッカ

94 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 20:42:04 ID: 6fs5HqLcTm
だいたいそういうもんにはウォッカジンだな
95 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 18:33:05 ID: 4hpvgs/S4t
以前TVで、AK-47の形をした瓶に入ったウォッカがその名も
カラシニコフ・ウォッカ
ご丁寧にも梱包用のを納める木を模していて、
お土産に欲しいと思ったが空港で大騒ぎになるだろうな…
96 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 23:51:06 ID: lCHJA8uzjB
勘違いされがちだけど、本場では大さじ2~3杯ぐらいをクイッって飲むのが普通であって、ごくごく飲むものではない。また、ちびちび飲もうとするとアルコールむせるので思い切りが大切
97 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 09:12:01 ID: 0YWVSlYXdG
ロシアく、ウオッカを飲んでも酔いすぎないようにコツがあるそうだ。
ヨーロッパ人、中国人アメリカ人は、飲みながらつままない。だから2杯、3杯のリュムカ(ウォッカショットグラス)を飲んだ後、商談ができなくなってしまう。
ロシア人がウォッカを好きなのは、体が温まり、またロシア料理とよく合うから。ウォッカを飲む時は、サワークリームでも何でもいいから、必ず脂質を取らなければいけない。
ゆでジャガイモまたは炒めジャガイモパンサラミ、チーズ、脂の多いもつままなくてはいけない。酔わないでお手頃価格のものはたくさんある。ロシア人の多くは新年の祝いの前に、生卵を1個食べる(飲む)。」

 「外国人の問題とは、カクテルなどと”ちゃんぽん”し、ウォッカをちびりちびり飲むこと。ウォッカショットで一気飲みし、口ではなく、鼻から息を吐かなくてはいけないと、いつも説明している。これによってロシア人はたくさんウォッカを飲むことができるし、”へべれけ”にならない(笑)
98 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 22:46:26 ID: SJMZm6RVR1
>>73
さっきストリチナヤ初めて飲んだけど(論凍らせて)結構甘みがあっておいしかった。飲みやすくていい
・・・ごめんなさい結構酔ってるww
今度ソビエスキー飲んでみたいな。
99 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 22:32:00 ID: SmaJwgZgwF
最近復刻したストロワヤはヤバい。
ストレートストレスなく飲めることに対する異常なこだわりを感じる。
海外アル中を増やすための戦略兵器にさえ思えてくる。

製法は押麦浸砂糖シロップと邪そのものだがな。
100 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 16:04:34 ID: LaY/L4coUa
>>97
同志、それはいいのだが、まさかの前にあるショットグラスが三本とか四本に分裂していないだろうね。
101 ななしのよっしん
2018/12/11(火) 21:15:03 ID: bIXGvr5GqN
>>93
これを計算に入れると日本ウォッカ消費量って結構なものになるのかな
102 削除しました
削除しました ID: VzFgHhHGzd
削除しました
103 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 22:33:14 ID: iH61M4A+Yq
>>97
脂モノなぁ…
つまり唐ポテ最強