SAKURA TABOO単語

サクラタブー

SAKURA TABOO(サクラタブー)とはゆかり作の漫画である。週刊モーニングで連載中。

概要

62ちばてつや賞一般部門入選を果たした、同作者読み切り作品『い紋章』から設定を引き継いだサスペンス作品。

主人公警察官僚である警視正。優秀だが、上を次々と破滅に追い込んでいることから「失脚屋」の異名を取る人物である。物語は、警察内部にある腐敗や姦計と権謀術数を使って戦いつつ、事件の相に迫っていくというもの。

タイトルの「サクラタブー」とは、不祥事など警察に不利な事柄を意味する報道隠語タブー」のこと。

あらすじ (#001より)

警視庁警務部教養課の五月玲奈巡査部長は、上の漆原参事官の示で成田空港を訪れていた。ロンドン研修を終え帰し、警務部教養課長として赴任する警視正を迎えるためだ。は「失脚屋」とあだ名されており、噂によると彼は移動の先々で上を破滅させているという。

五月が到着ロビーで待っていると、そこに現れたのは異名とは一見不釣合いなほ爽やか青年であった。挨拶もそこそこに、二人は五月の運転する桜田門へと向かう。その時、対向線で何台もの警察車両とすれ違った。何か大きな事件が起きたのは明である。スマホニュースを調べると、美警察庁長官が何者かの撃を受け射殺されたという。それはまるで、19年前の同じ日に発生した高松警察庁長官狙撃事件をなぞったような事件だった…。

登場人物

警視庁

    • 警視正。警視庁警務部教養課長を経て調監察室長(新設)。今まで何人もの上を破滅に追い込んだことから、失脚屋の異名を奉られている。またその異名に違わず政治的交渉に優れ、権謀術数を駆使し、保身に勤しむ者を手玉に取る。
    • 実は正義感が強く、に働く警察官が報われるような警察組織にしたいという思いがあり、またそのような者に対する敬意と思い遣りは深い。彼の悪辣な手法も、常にその様な者を守り事件を解決する為に使っている。
    • 父親は交番勤務の巡査長で出世とは程遠い人物だったが、正義感が強く市民にもされており、も尊敬していた。だが彼が子供の頃、通報を受け駆けつけた現場で撃され殉職。死亡の直接的な原因は被疑者による撃ではあったが、捜にあたって刑事部と警備部の縄り争いがあり、救出が遅れたことも間接的な要因となった。
    • かなりの辛党七味唐辛子携帯し、カップ麺辛いものを食し、パスタ料理にはタバスコをドバドバかける。
  • 五月玲奈
    • 巡査部長。警務部教養課にいたが、上であると共に調監察室に異動する。根が善良で、警察官の割りに騙されやすい。席監察官の謀略で広報課長との不倫疑惑をでっち上げられたが、にそれを救われる。というか不倫疑惑のでっち上げ自体、を使うための駒に過ぎなかったが。

警察庁

用語解説

実際の事件との比較

劇中で発生する事件は架のものだが、参考にしたと思われる実在した事件がある。尚、以下の括弧内は本作品中で該当する事件。

関連動画

ないので、ラムネ動画でもどうぞ。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sakura%20taboo

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SAKURA TABOO

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • SAKURA TABOOについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!