WipEout単語

ワイプアウト
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

WipEout(ワイプアウト)とは、プレイステーションで発売されているレースゲームシリーズ

概要

初代プレイステーションから続くレースゲームシリーズで、反重力技術が発達した近未来舞台に、ミサイル地雷といった豊富な火器を駆使してライバルを一掃(ワイプアウト)して勝利ゲームシステムが特徴。シリーズを通して、ハウステクノトランスドラムンベースといったクラブ音楽大御所アーティストによるな楽曲群を採用しているのも大きな売りである。今は亡きPsygnosis社(後のSCE Studio Liverpool)が開発。シリーズ初期作は独特で強デザインレコードジャケットで有名なThe Designers Republic社(以下TDR社)がアートディレクションを行っている。

日本においては知名度が低く、過去作のいくつかは未発売のものもあるが、レースクラブ音楽の本場である欧州においては同ジャンル人気シリーズF-ZEROと並び称されている。

シリーズ一覧

タイトル 対応機種 特徴
WipEout PSセガサターンPC シリーズ第一作欧州にて1995年9月29日発売(日本では1996年3月22日発売)。
WipEout XL PSセガサターンPC バランス調整が図られ遊びやすくなった。欧州ではWipEout 2097というタイトル名。
WipEout 64 Nintendo64 任天堂ハードリリースされた一の作品。XLの一年後という設定でリーグ名が共通している。各チーム固有のスーパーウェポンが初登場。(日本未発売
WipEout 3 PS エネルギー消費でブーストが出来るハイパーラストがある一の作品。日本版には初版にない追加コース有り。更に過去コースを加えたSE版もあるが欧州限定。この作品以降、TDR社がデザイン担当から外れた。
WipEout Fusion PS2 徐々に速度が上昇するなかで限界に挑むゾーンモードが初登場。シリーズでも異色な要素多数。スーパーウェポンがあるのはFusion64のみ。(日本未発売
WipEout Pure PSP 初めて携帯機にリリースされた作品。中でエネルギーを消費して加速するバレルロールが初登場。これ以降、よりストイックなゲーム性に進化
WipEout Pulse PSPPS2 時系列で最も未来に位置する作品(2207年)。コースり付くマグストリップエリアが初登場(時系列最初期の2048にも存在するが禁止されたという後付け設定)。PS2版PSP版のDLCを全て含んでいる。(日本未発売
WipEout HD PS3 PurePulseから数コースずつHDリメイクしたもの。時系列は両者の間に設定されている。DLCのFuryパックで更にコースモード、高性機体が追加。
WipEout 2048 PSVita 時系列で最も昔に位置する作品(2048年)。この作品を最後に開発元のSCE Studio Liverpool(旧Psygnosis社)が閉鎖されてしまった。
WipEout Omega Collection PS4PSVR HD(+Fury)と2048をリマスターしたもの。PSVR対応。PS4 Proでは4K解像度対応。

ウェポン・アイテム

レースる物騒な火器群。コース上にあるウェポンパッドを通過することであらかじめ設定してある確率からランダムに入手できる。撃つか、吸収してエネルギー回復するかはあなた次第。アイテムはマ〇オカートほど強くはなく、有効なタイミングを見計らう腕前が試される。

ミサイル

ロックオン後に発射する追尾弾。コーナーに弱いので直線で使おう。

ロケット

直線上に三発発射する誘導弾。複数の敵に当てることも出来れば、至近距離発射で大ダメージを狙う事も出来る。

プラズマ

長い溜めの後に、ゆっくりっ直ぐ飛ぶ高威弾を発射。通常、当てるには高度な先読みが必要だが、狭い直線や混戦地帯では非常に有効。エネルギー回復量が多く、命中率が悪いためバレルロールの糧にされることも多い。南

クエイク

前方の長距離衝撃波を発射、コース上にあるもの全てを破壊していく一発逆転ウェポンクエイクの警告が聞こえた時にシールドを持っていなかったら自分の不運を呪おう。

マイン・ボム

マインは後方に5個の小機を設置、ボムは大きめの爆弾を1個設置する。モロに命中すれば大幅な遅れは必至なので見通しの悪いコーナーでは警告アナウンスに注意しよう。

キャノン

30発の弾丸を連射する。一発一発は弱いが、連続ヒットさせることで減速効果を発揮する。マインボムを掃除することも出来る。

ターボ

ダッシュキ〇コ。使用すると一気に最高速を大幅オーバーしてスッ飛んでいくので制御不能にならないように注意。ショートカットバレルロールチャンスを増やす上級テクニックにも必須。

シールド

ミサイルやらクエイクやら物騒なものから守ってくれる頼りになるヤツ。警告アナウンスが聞こえたら即座に使おう。作品によっては自動で使ってくれる見守り機きなことも。

オートパイロット

真剣レースに自動運転機とはけしからん!・・・とはならず、頼りにされるアイテム。このシリーズには非常に難しいコーナーが多く含まれているので有効に使おう。シールド付きの作品も。

リーチビーム

ロックオン後に敵にビームを照射、エネルギーを吸収し続ける。敵機に近づくほど吸収速度が上がり、離れすぎるとビームが切れてしまう。

チーム一覧

様々な籍、特徴を持つレーシングチームがある。ステータスの値はOmega CollectionにおけるFury追加機体に準拠。

チーム スピード最高速 ターボ(加速) ハンドリング シールド
FEISAR EU 80 85 100 80
AG-Systems 日本 80 95 90 80
Auricom アメリカカナダ 90 75 70 90
Qirex ロシア 85 80 85 90
Piranha ブラジル 100 70 65 90
Goteki 45 太平洋 80 100 75 80
Assegai アフリカ連合 85 85 90 70
Icaras イギリス 100 75 75 60
EG-X 中国フィンランド 85 90 75 70
Triakis オーストラリア 95 70 70 100
Harimau マレーシア 90 75 90 70
Mirage アラブ首長国連邦 85 85 80 90
Tigron ロシア 100 75 70 70
Van-Über ドイツ 85 90 100 65

ゲームモード

レースゲームにしては豊富なゲームモードが用意されている。

作品によって若干内容に差があるが、ここではOmega CollectionにおけるHD、Furyの仕様に準拠。

シングルレース

通常のレース。ウェポンアイテムバレルロールを駆使して一位す。

タイムトライアル

規定の周回数を走り、合計タイムを競う。ターボは周回ごとに入手でき、エネルギーは自動回復する。

スピードラップ

単周のタイムを競う。練習にも最適。ターボは周回ごとに入手でき、エネルギーは自動回復する。その周のタイムを破棄してターボを再入手できる便利機もあるのでミスしたら使おう。

ゾーン

時間が経つほどに徐々にスピードが上昇していく中でどれほど長く生存できるかに挑戦する。全値がMAXの専用機体で挑むことになる。ブレーキアクセルオフで減速することは出来ないが、一定時ノーダメージエネルギー回復出来る。

ゾーンバトル

多人数で競うゾーンモードゾーンパッドを踏むことでゲージが貯まり、ブーストかシールドに使うことが出来る。ブーストをすることでゾーンカウントを進めることが出来、規定カウント到達で勝利。なお、ブースト使用時に障物を生成するので、どんどん上昇するスピードの中、敵機の障物を避けるか、シールドを使うか、カウントを進めるか判断していくことになる。

エリミネーター

ウェポンしか入手出来ないバトルモード。射撃命中ポイントを競う。ウェポン吸収でエネルギー回復出来ないが、短時間シールドることが出来る。エネルギーは周回で回復。なお、機体を360度高速転回させて逆走が可

デトネーター

特殊キャノン装備の専用マシンで挑む、徐々に難易度が上がる的撃ちシューティングモード

関連動画

関連音楽

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/wipeout

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

WipEout

1 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 18:39:14 ID: zec6Cxgtff
これでも20年以上現行機まで全部続いてるシリーズなんだぜ、なんで今の今までパルスしか記事かったんだ
開発元閉鎖されてるがPS5で新作待ってるから。オメコレ作った所よろしく
2 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 11:37:33 ID: j3fweA9Emq
オメガではユーバーだけ初回限定なのが不満だった…
だから焼き直しでも良いから全(にできる)版がほしいよね
3 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 20:33:44 ID: FCQY26X0K2
インストールして今まで起動してなかったHDやったけど中々面白い
これはOmega Collectionが欲しくなるわ

急上昇ワード改

2021/01/24(日)03時00分 現在

おすすめトレンド