収穫加速の法則

1 ななしのよっしん
2009/10/09(金) 00:19:36 ID: e0hbz6GMGI
誰だwww
偉人の中にググレ・カスを入れたやつはw
2 ななしのよっしん
2009/10/09(金) 00:36:59 ID: hANL+DDoRd
ゴーギャンの代表作に
々はどこから来たのか,々は何者か,々はどこへ行くのか」がある。
近代文明から逃げた人だから一覧に載せてあげていいかも。
ていうかググレカスwwwwwww
3 ななしのよっしん
2009/10/25(日) 22:52:38 ID: j3nYuLt1jS
なんつーか、恐いよ。世の中について行けなくなりそう。常に何かから急かされて生きるようになってしまいそうだ。

曲がりなりにも、こうやって動画サイトのさらにこういう項掲示板に書き込んでいる、そこそこPCネットワーク興味のある20代後半のでさえそう感じるなら、今の3040代、もっと上の人たちはこの話や紹介動画を観たらどういう感想を持つんだろう。
4 ななしのよっしん
2009/10/25(日) 23:10:21 ID: cm2AvUVg9B
>>3
自分なりのペースで生きれば良いんじゃないかな?
法則法則であって、それで人一人の一生が劇的に変わる訳でもいと思うんだ。

いつも通りが一番だと思うな。
少なくとも、今の俺達には「そうすること」しか出来ないとも思うし。
…それが最も恐ろしいことかも知れないけど。
5 ななしのよっしん
2009/11/01(日) 14:20:55 ID: sR0d4+2naw
まさにニュータイプになるってことか
6 ななしのよっしん
2009/11/26(木) 00:12:25 ID: pRoujEReV9
ググレカス入れるなw
7 ななしのよっしん
2009/12/14(月) 20:11:05 ID: Xg+DC05VHF
>>3

技術的特異点に到達する前に、人間はそれに備えて心構え
をしておく必要がある。って偉い学者が言ってたな・・・。
それを阻止する事は容易じゃないって事だね。ただ、それに
適応するための技術も同時に発展すると思われるので、悲観
する事もないだろうと思う。

医学関連の技術的特異点を生きてる間に期待してる、恩恵
は計り知れないからね。
8 ななしのよっしん
2009/12/27(日) 02:23:05 ID: 1ezITmyYZR
>>7
医学関連の進歩か… となると、近いうちに死もされるようになるのかねぇ?
よく仮想(てか物語)の世界では自分の体のクローンを使って々だの、すごーい機械を接続する事で々(現在でも人工呼吸器とかはあるけどね)、とかやってるけど
技術の進歩によって死が全にされるようになったらそれはそれで嫌だなぁ。 なんか生き物として正しくないような気がする(これ以上は宗教や観念的な事になっちゃいそうなのでここでやめとこ)。
9 ななしのよっしん
2009/12/27(日) 02:42:00 ID: aPkuIafWkw
>>8
生き物としての正しさ」というのも、現在のパラダイムに生きる々から見た主観的なものにすぎないのかもね。
人類が生まれてから今まで変化がないのは、安楽める本ぐらいのものじゃないだろうか。
それがいいのか、悪いのか、判断は出来ないけど。
10 ななしのよっしん
2009/12/27(日) 07:57:17 ID: Xg+DC05VHF
>>7>>8

何にせよ、一番大事なのは特定の層や権者に、良い様に使わせない事が重要になってくるだろうね。うまくこれらの技術を使えれば、社会轢もいくらか善できるだろうから余計にそう思う。
11 ななしのよっしん
2010/01/15(金) 23:03:01 ID: HVdzookze6
すごい記事だな
おすすめ記事に入りそうだ
12 ななしのよっしん
2010/01/19(火) 20:50:53 ID: HTeHb/8FVj
すげー記事だな。ポストヒューマン誕生は気になってたが、ますます読みたくなった。konozamaで買ってこよう。

このまま楽しい未来がやってきてほしいもんだ。戦争とか起きて文明が後退するようなことにはなってほしくないなぁ。
13 ななしのよっしん
2010/01/21(木) 03:42:38 ID: rBbfIcozc4
ニコニコ大百科にこういう理知的な記事が作られるのはうれしい。
名人の言葉でオチをつけたのもまたニコニコらしさが出てるよねwww
14 ななしのよっしん
2010/01/25(月) 04:04:40 ID: qQnWipp36M
この記事にある「進化」ってのは「進歩」のことだよね?
生物学における「進化」とは全く別の意味なのに、
それと関連付けて書かれてるのがものすごく違和感あるんだけど・・・
理に進化を持ち出さなくてもいいんじゃないかと思うんだ
15 ななしのよっしん
2010/01/25(月) 06:10:14 ID: gduUbVLf3T
>>14
カーワイルは技術的な変化を進化の原理によって説明しようとしているんじゃないかな。進化義的に。
ポストヒューマン誕生』日本語訳版中では、(特に第2章で)「テクノロジー進化」っていうフレーズがよく出てくるし、「進歩」を「進化」と区別していない部分もある(もしかしたら訳の問題なのかもしれないけど)。

だから、この記事の「進化」はそのままの意味だと思うよ。 
・・・もしそうだとしたら、「発展」「進歩」の部分は「進化」に変えた方がより客観的かもしれないけど、今のところ技術は々にとって較的より良い方向に向かっていると思うし、ここでは敢えて厳密に区別する必要はないんじゃない?
16 ななしのよっしん
2010/01/25(月) 06:13:08 ID: gduUbVLf3T
以下は関連していると思われる箇所の引用です。

生物進化プロセス、さらにはそれに続くテクノロジー進化プロセスなどにおけるパラダイム・シフトにおいては、ひとつ段階が進むごとに複雑さが増大していく、という考え方は、先に定義したように、妥当な見方である。
たとえば、DNA進化によってさらに複雑な有機体ができ、(中略)カンブリア紀の大爆発の頃、動物の各種の身体設計(体制)ができあがった。それで、進化プロセスは、大の発達というさらに複雑な仕事に集中することができたのだ。
テクノロジーについていえば、コンピュータの発明によって、人間の文明では、ますます複雑な一連の情報を保存し操作する手段を獲得した。インターネットコンピュータを広範に相互連結することにより、さらに規模の大きい複雑さを手にすることになった。
しかし、「複雑さを増す」ことそれ自体は、進化プロセスの究極の的でも最終的な産物でもない。(中略)そこで、また別の概念をとりあげてみよう。それは、秩序だ。(中略)
秩序とは、的にかなった情報のことである。秩序を測る基準は、情報がどの程度的にかなっているかということだ。”(P.58-59)

”簡単にまとめると、進化によって秩序は高まるが複雑さは増えることも減ることもある。生命体であれテクノロジーであれ、進化速度が増す理由のたるものは、増大する秩序のうえに進化が成り立つことで、情報を記録して操作するいっそう洗練された手段を手に入れることができるというものだ。
進化から革新的なものが生まれると、それがまた、進化を促し、進化速度を速めることを可にする。生命体の進化の場合、もっともそれが顕著にみられる初期の例がDNAである。(中略)テクノロジー進化の場合は、人間が開発した情報記録の手法が常に良され、テクノロジーの前進をさらに促す。
最初のコンピュータは、の上で設計され、人の手で組み立てられた。それが今では、コンピュータワークステーションで設計され、次世代の設計の詳細の多くをコンピュータ自身が書き、製造は、すべて自動化された工場で、人間の手をほとんど借りずにおこなわれる。”(P.61-62)
17 ななしのよっしん
2010/01/25(月) 09:09:35 ID: qQnWipp36M
>>15
進化ってのはあくまで環境に対応する形質の「変化」にすぎないから、
それをテクノロジーに応用すると、例えば核戦争が起こって世界の人口が減して
文明レベル現在より後退しても、それは進化と呼べてしまう。
この法則が扱ってるのはあくまでテクノロジーが進歩する現だから、
それを進化という言葉で表現するのはやはり適切ではないと思う。

訳者の問題なのか、カーワイルの説そのものの問題なのかは分からないけどね。
18 ななしのよっしん
2010/01/25(月) 18:27:32 ID: gduUbVLf3T
>>17
進化」と捉えると、例えばその様な致命的な危機が起きた時に、テクノロジー指数関数的成長を保てなくなって法則の原則と矛盾してしまうっていうだよね?
でも、生物進化においても今まで5度の大量絶滅を経験したにも関わらず進化指数関数的傾向は損なわれなかったし、それと同様のことがテクノロジーにも当てはまる(つまり、基本的に矛盾は起きない)っていうのがレイの考えなんじゃないかな。(ただ、グレイ・グー等で人類文明が全に消滅してしまう場合はこの限りじゃないと思う)

20世紀にテクノロンジーは多くの覚ましい成果を上げた反面、(中略)人類の破壊的な性格を増幅する恐るべきをも見せつけた(中略)
こうした脅威は複雑系(人類やテクノロジーのような)のもつ、効率、知などの加速を妨げるのだろうか?地球上に見られる複雑性の増大は、長い歴史の中で内外の要因による大災害に何回となく遭ってきたにもかかわらず、なめらかに加速してきた。
これは生物進化(大きな小惑星流星との遭遇という災害に見舞われた)にも、人類の歴史(途切れることのない一連の大戦争が時代の節となってきた)にもあてはまる。”(P.536-537)
19 ななしのよっしん
2010/02/28(日) 17:55:39 ID: Xg+DC05VHF
まぁマース=ガロー・ポイントを考慮しても、最低でも今から3040
以内には何らかの技術革新がある事は間違いないだろうね。何せ毎日遺伝子分野や半導体分野では発見や開発のだし、10年もしない内に調べつくされて基礎研究は終了するんじゃないかなぁ?。
20 ななしのよっしん
2010/03/02(火) 10:56:37 ID: HVdzookze6
進化で合ってると思うな
生物進化の担い手がDNAから技術に変わってるだけで、
今までの生物学的進化感を拡した感じになるんじゃないか?
をよくしたいという進化DNAの変化だけでは限界があるけど、
通信という技術を使うことでその限界を打ち破れるようになったということで。
"具は手の延長である"という言葉もあるしな
21 ななしのよっしん
2010/03/10(水) 05:06:42 ID: XC48g/QWJD
ポストヒューマン誕生は、一つのをたくさんの根拠を示して補強してるって感じ。あそこまで分厚くする必要はあったんだろうかw
でも、あんなにたくさんソースを挙げられると、さすがに真実かもと思ってしまう。
個人的には真実であってほしいんだが、2045年になっても何も起こらず平和日常だったらと思うと下手に信じ切らないほうがショックは大きくなくて済むのかも。
22 ななしのよっしん
2010/03/25(木) 02:20:32 ID: rVzgsziKDS
すごく興味深い記事なんだけどググレカスで笑った
23 ななしのよっしん
2010/04/05(月) 22:43:24 ID: CU2hfSjzSa
特異点についてはドラエモンでも似たようなこと言っててな
24 bb
2010/06/17(木) 02:48:40 ID: lHnJDNaYiG
人類の文明を全な形で機械が残してくれるのであれば
それはそれでいいことなのかも。
25 ななしのよっしん
2010/07/28(水) 23:05:03 ID: rhIcrxfN3N
ニコ百はたまに妙に学術的でクオリティの高い記事が見つかるなw
26 ななしのよっしん
2010/08/25(水) 20:37:52 ID: t3V3rROQ4X
寿命は是非されて欲しいなあ
培養液漬けでもいいからさ
生物学的な死にしても否にしても、
自分の死について考えるのはもう少し先延ばしたい
27 ななしのよっしん
2010/09/20(月) 13:23:17 ID: XdKSkybGJU
進化自然淘汰の結果偶然起きるもの、原動は外部にあるもの。
進歩は自発的な訓練研究によって起こすもの、原動は自らの意思にあるもの。
・・・って感じで自分の中では進化と進歩は全く別物のイメージ

なので、いままで進化にゆだねられていた「知恵」は人類の登場により急速に進歩されている、って考えるとすっきり。
28 ななしのよっしん
2010/09/21(火) 20:37:57 ID: 1zcrfR1Mz2
なんか胡散臭い法則だな
29 ななしのよっしん
2010/09/21(火) 21:16:54 ID: YzDbpDQWty
絶滅とか入ってないしなぁ。
30 ななしのよっしん
2010/09/21(火) 21:56:39 ID: 37plh0BPzo
くっそ全に油断してググレカスに吹いた

急上昇ワード