今注目のニュース
りゅうちぇる、「裏切られた気分です」 突然の投稿に思わず爆笑
コンピュータ同士がだまし合う 「ターミネーター2」に隠された認証シーン
ユニクロのオーダースーツは高級スーツブランド涙目レベル

ナイトメア(株)単語

ナイトメアカブシキガイシャ

掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ナイトメア(株)とは、『Yes!プリキュア5』に登場する敵組織の名称である。
(株)とついているが、株式会社かどうかは定かではない。というかブラック企業

概要

本社外観

デスパライアが築き上げた企業であり、ドリームコレットを手に入れるために日活動している。

構成員は皆、敵がモチーフにされている。

非常にブラック企業方針が採用されており、上からの圧日常茶飯事で、嫌味、脅し、制裁などは事もげに行われている。

もっとも恐ろしいのは、役立たずとみなされると使い捨て扱いされてしまうことであろう。

役立たず扱いされたものは、が渡される。これを使うと超獣変身し、凄まじいを手に入れる。だが、を失ってしまう

仕事をとるか、自分をとるか、あなたならどうしますか?

まぁ、やめるなら屋上へ来ていただきますが・・・。

 

企業方針

  1. 全てはデスパライア様のために。
  2. 皆はデスパライア様のために、デスパライア様はデスパライア様のために。
  3. 過去の栄意味。今有益な存在かそうではないかである。
  4. 役立たずはせめてを使って役に立ってから死すべきである。
  5. 役に立つ気すらないは、会社の屋上から飛び降りるべきである。

平社員

ギリンマ

「すご~く痛いよ!

ドリームコレットを奪取するため現れた第一の刺客で、カマキリの怪物。声優勇者王檜山修之

人間の時は、妙にニヤついた付きをしている、を持ったスーツ姿の男で、いつもメガネをかけている。両腕のを使っての切り裂き攻撃が得意。パルミエ王侵攻時はそのを多く振るっていたという。しかしプリキュアが現れてからというもの、失敗に失敗を重ね、どんどん業績が伸び悩んで行ってしまう。

プリキュアの前では強気であるが、それは普段上であるブンビーさんにイジめられているからであり、本来は気が小さく臆病で、ブンビーにはほとんど反抗できない。

「そんなに言うなら自分で行きやがれ・・・!」くらいしか口答えをしたこともなく、とかくブンビーには頭があがらない。昔は何かとり明かす仲だったようだが、今ではブンビーさんが一番嫌味を言いやすい相手として君臨している。にいくつを開けても足りない・・・。

業績不振が続いたため、カワリーノさんから辞が届き、決死の覚悟で超獣化したが、プリキュア5ひき逃げ合体技の初犠牲者となって散ってしまう。彼の死は、当時多くのファンを号泣させた。

ブンビー、そしてファンからは「ギリンマくん」でお染み。本編でお亡くなりになった後も、プリキュアショーではまだまだ元気な姿を見せ、キュアルージュキュアレモネードふしぎなおどりで操るなど、かなりノリノリであった。

ガマオ

「ウーッス・・・

ナイトメア契約社員ぶっちゃけバイトくんで、第二の刺客。ガマガエルの化け物。どういうわけか日本人みたいな名前だが、どこ出身かは不明。声優陶山章央

人間の時はちょっと恰幅のいい、しかしの死んだニット帽男の姿になる。プリキュアに一度負けて以来、バイトをフケてあちこちを放浪。人間世界バイトも経験したが、どれも長続きしていない模様。ドリームコレットブンビーに売りつけるため、プリキュアに日夜戦いを挑む。

長い舌を器用に使った攻撃が得意。だがナイトメアから抜けた後は収入がなく、常にかせていたため、それに苦しむこともしばしば。初期に登場した刺客だが、こういった経緯から後半まで生き残っている。

カワリーノさんからブンビーを通さず復帰のチャンスを与えられ、いろいろと奔走するも、最後はをカワリーノさんからい手口で手渡される羽になり、その効を知らないまま理矢理取り込まれて、超獣になってしまった。

ブンビーとの交流は、登場話での一会話だけだったが、彼からはちゃんと部下とみなされていた。良かったね、ガマオくん!

アラクネア

仕事を!」

ナイトメア第三の刺客。バリバリのキャリアウーマン。ちょっとスタイルの良い蜘蛛女に変身する。声優沢海陽子

人間時はいかにもキャリアウーマンっぽい姿の女性になる。その見た通りプライドが高く、ブンビーさんの嫌味にはいつも反抗している。

蜘蛛の糸を使って戦い、これはコワイナーの防御を底上げすることも出来る優れもの。カワリーノさんにも評価されるなど、戦闘力は下級構成員としてはかなり評価されている模様。

かなりの自信であるため、負け続けているのにも関わらずプリキュアの好成績のグラフを見て自分達のものと勘違いし、「右肩上がりで調子がいい、自分が幹部になる日も近い」と妄言を吐いているなど、自分のことが見えていない感がある。(もっとも、これはギリンマも似たようなことをやっていた)

そのプライドの高さが災いし、カワリーノに直訴してを入手して、プリキュア最後の戦いを挑みにいく。この際ブンビーさんにも止められているが、「自分の部署が危ういからでしょ」と半分図をついて黙らせている。その後も必死の説得も虚しく、アラクネアくんはそのままプリキュアに倒され帰らぬ人となった。

・・・と思いきや、その有能さを買われてプリキュアオールスターズDX2ではまさかの復活を果たす!その時には超獣化をコントロール出来るようになっているなど、さらにをつけて帰ってきて、ダークフォールカレハーンと共にフレッシュプリキュアメンバーを追い詰めている。

いつまで寝てる、カレーパン」は観客の笑いを誘った。意外と良いコンビなのかもしれない。

幹部

ブンビー

「言い訳はいいわけなんだよ、もう一回言うよ、言い訳はいいわけ、結果を出して!」

みなさんお染み、三馬鹿下級社員達の上であり、ナイトメア幹部。人間変身するナイスガイな中間管理職。声優高木渉

詳しくはブンビーさんにて。

ハデーニャ

「あぁら、心配してくれるの?優しいのね、カワリーノちゃんってば!」

新たに現れた、ナイトメア大幹部。の化け物に変身するオバさん。声優小宮和枝。

人間の姿はちょっと金太りしたようなオバさん・・・というか細木数子です、はい。典的なやかましオバさんであるが、この姿になるとココが「何か出たココ!」できなくなるなど、実は結構有能な人。カワリーノさんに冷や汗を流させるのだから、それはもう有能ですとも。

鳥人形態では羽を飛ばして攻撃するのが常であるが、強な腕から繰り出される拳もなかなかのもの。何か物体を持つことでそれを武器に変化させることも可で、劇中ではを生成してアクアと騎戦を繰り広げた。

意外にも登場回数は一番少ないが、新部署編では一番出撃しているため、結構印に残った視聴者も多いのではないだろうか?最期はカワリーノさんに理矢理仮面を被せられ超獣化し、そのままプリキュア5に葬られた。

カワリーノさんすら脅かすその投げキッスのおかげか、プリキュアオールスターズDX2でも復活幹部に抜モエルンバミズ・シタターレと共にプリキュア5ミルキィローズと交戦した。開口一番に「久しぶりだねぇ」と挨拶したり、ミルキィローズ変身していたミルクを見て「お前か」と言ったり、ファンにはちょっと嬉しい掛け合いが見られた。ちなみにこの時はあれだけ嫌がっていた超獣化を自ら行っている。

ブラッディ

「カワリーノ・・・!」

ナイトメアの中でも、カワリーノが敬するほどかつて功績を残したと言われる幹部で、コウモリの怪物。声優丸山詠二

人間形態がの姿ではないかというくらい、普段はずっとシルクハットにステッキ姿の老人形態でいる。ほとんどしゃべらず、初登場時も顔を見せていたのにも関わらず喋らなかった。カワリーノさんとはかつての上司と部下という複雑な関係。

古くから勤務しているため、何かと近代の手法を用いるカワリーノの方針を毛嫌いしている。

自ら戦っても強い(人間形態でも)が、彼の持ち味は巧みな精神攻撃であり、彼の巧みな話術に挫折しかけるメンバーも少なくなかった。くわえて使役するコワイナーは間をまるごと覆い尽くしてしまうタイプのみであり、それもまたブラッディの話術を後押しする。

の姿は二回のみの登場と、非常に少ない。おまけコウモリ形態は異常に貧相な姿をしているため、人間形態よりも弱いと思われがち。実際活躍したイメージはあまりないような・・・。

最期は超獣化することもなく、「ピンキーった」という美味しい情報だけ搾り取られたあげく用済み扱いされ、仮面を強制的に被せられたまま、絶望の淵に捨てられてしまう。

しかし、最後の最後で自らをしたカワリーノを自分と同じ絶望の淵に引きずり込んだ。その際、一応彼も超獣化しているのだがその全貌は明らかになっていない。

上層部

カワリーノ

「そんな責任なこと・・・許しませんよォ!

デスパライア様の側近で、社長を除けば一番偉いのは彼。ぇデカッ!声優結城比呂。(現在優希比呂

細身の体で、不敵な笑みを常に浮かべている人間状態でに登場する。

とにかくデスパライア様のために働いている人で、それ以外のものにはとても冷たい、というかどうでもいいと思っており、基本的には関心である。常に慇懃礼な態度で部下と接し、キレのある嫌味でブンビーさんプチプチけていく、ブンビーさん敵。

物語当初から登場し、その存在感をじわじわと見せつけていたが、新部署になってからはほぼ毎回登場するなど、一気に出番が増した。同時にブンビーさん痛も増した。

非常に戦闘力は強く、とてもかつてブラッディさんの部下だったとは思えない。超獣化したギリンマくんを片手で抑えつけたり、本気を出すとナイトメア本部が壊れるなど、とにかく恐ろしい実の持ちとされたいた。

実際、の姿は二対のデッカイしっぽを持つカメレオンのような魔人で、超獣化幹部と同等、あるいはそれ以上の体を持つ化け物である。変身するといつもの性格はどこへやら、ちょっとハイテンションプリキュアと戦う。

散々部下をしてきた罰か、最期は元上ブラッディさんの連れにあって退場という、なんとも悲惨な結末を終えた。

5で消滅した敵キャラであるが、5GOGOでもブンビーの口から度々その名があがるほど、彼の心に大きなトラウマを残した。

しかも、その執念からか、5GOGOの最終回では人間世界にカワリーノさんソックリ人間が登場し、あろうことかブンビーカンパニーに就職した。しかもこの就職難のご時世に社長アゴで使うような態度で勤務しているなど、良い根性をしている。ちなみにはカワリーノさんとちゃんと同じ。

さらに、プリキュアオールスターズDX2・DX3にもモブ出演しちゃうなど、何気にブンビーさんと同じく人気キャラクターである。

にしても、ェ、デカァッ・・・。

デスパライア

「何故夢を見られる?」

ナイトメアボス、すなわち社長である。シリーズでは初の女性ラスボスで、また稀なラストを迎えた相手。声優杉山佳寿子

常に仮面をしており、素顔は不明。ドリームコレットを手に入れ、永遠の命をが物にしようと画策する。大ボスであるため、当然のごとくほとんど登場せず、モニター越しで部下達と対話する。

夢や希望などを嫌っており、最終決戦に先駆けてプリキュアと戦った時は、そのに押されて恐怖を感じてしまうほどであった。

ようやく最終決戦ドリームコレットを手に入れ、願いをえて永遠の命を手に入れた、その際若返ったらしい素顔をプリキュア達やカワリーノの前にした。しかし、ドリームコレットが失われた後も小さな希望を持ち続けてなおも立ち上がるプリキュア興味を示し、和解に向かおうとする。

しかし、カワリーノがブラッディに引きずり込まれたことで絶望暴走、自らプリキュアに封印されることを選んだ。現時点で和解エンドを迎えたラスボスは、彼女と「スイートプリキュア♪」のノイズ(ピーちゃん)・「ハピネスチャージプリキュア!」のレッド(ディープミラーの正体)である。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP