今注目のニュース
やるからには勝つよ『オーバーウォッチ』より「D.Va」がfigma化
許せない、、幕張メッセで行われた「ジャンプ」のイベントで撮影された少年達のひどすぎる行為が拡散され炎上!
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える

フルアーマーガンダム単語

フルアーマーガンダム

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

フルアーマーガンダムとは、デザイン企画MSV』に登場するガンダムシリーズモビルスーツである。

概要

FULL ARMOR GUNDAM
フルアーマーガンダム
FA-78-1
頭頂高 18.3m
重量 62.5t(本体) / 93.1t(全備)

1,380kw
60,500kg
搭乗者 ハインツ・ベア
装甲 ルナチタニウム
武器

かつて一年戦争末期モビルスーツRX-78ガンダム」の一機あたりの火力戦艦と同等クラスにまで引き上げ、ニュータイプによる小数精鋭を編成するという計画があった。

FSWS(Full-armour System and Weapon System)と称されるNT用重武装プランRX-78が誇るルナチタニウムの優れた防御性と、一部で既に戦艦に匹敵すると言われる火力をさらに向上させる計画である。
Federal Suit Weapon Systemとする資料もある。

RGC-80ジム・キャノン」の脚部装甲で得たノウハウを援用し、較的使用頻度の高い胸部、肩部、部、腕部、脚部に簡易装着する増加アーマー方式を取った。

武装面は背部可動式5連装360mmロケットと右腕部2連装ビームガンを装備。肩と脚にミサイル・ベイも取り付けられ、低下した機動を補うべく背部ランドセルにスラスター、脚部にコアプースター並の推を持つスラスターを増設している。

FSWS計画はRX-78量産型RX-81「ジーライン」と並行して開発が進められた。

異説

RX-78フルアーマー装備が一年戦争に投入されたのかは不明瞭で、資料ごとの見解には差異が見られる。
完成したかどうかも定かではないFAガンダムは、宇宙世紀におけるアングラサイトや自称リークなどのいわゆる“都市伝説”としてられ、先述通り現実に存在した・しないかのレベル情報が錯綜していた。

これは創作寄りだが、「パーフェクトジオング戦(MSV、1/144BOXアート)」や「ジョニー・ライデンの乗るザクⅡR-2フルバレットザクと交戦した(CM、BOXアート、MSV戦記)」といった話に枝分かれしている。
現実になぞると架空戦記・新説・都市伝説大河ドラマ・・・脚色の有名どころで言えば『三国志演義』『仮名手本忠臣蔵』などが該当するだろうか。MGインストの言葉を借りると宇宙世紀でもコンテンツ匿名掲示板などで「ネタ」として浪費していく内、人々は一年戦争過去の物として捉え、急速に色褪せていった、とのことらしい。

近しい物としては「ジョニー・ライデン」やクロスボーンガンダムゴーストでのGP計画(都市伝説)が宇宙世紀上の軍事マニア間で似たような扱いを受けている様子。特にGPシリーズは軍内部でも当時の士官(デラーズ紛争から70年が経過しており存命の者はほぼ居ない)が知るのみで、一般に知られていない機体である。こっちのガノタにとって“常識”の機体でも、宇宙世紀の軍ヲタには「都市伝説」なのである。

なお書籍『戦略戦術大図鑑』では、FA-78-1は完成してハインツ・ベア中尉が搭乗し、撃墜数7位にランクインしたという記録が残っている。これは元連邦宇宙大将のビク・ハボクック予備役中将が編纂した(宇宙世紀上の)書籍『1年戦争全記録』の記述である。

実在の是非はどうであれ、一年戦争時にフルアーマー技術が確固たるものとして存在するのも事実

他にも増加装甲案はもはや伝統となり、計画で得た技術は後の世代にも継承されている。一年戦争時のフルアーマーオペレーションは“ノウハウを確立した”という点で一定の成果を残していた。

元ネタ

元は当時コミックボンボンで展開していたプラモ狂四郎の改造キット「パーフェクトガンダム」をMSVキット化する際に小田氏が軍事用にデザインし直した機体。
その後、パーフェクトガンダムとしてプラ狂に逆輸入することになった。

フルアーマーガンダムTYPE-B

メカニックデザイン企画MSV-R』に登場する本機の発展あるいは仕様変更版。

→詳細は「フルアーマーガンダムTYPE-B」を参照。

フルアーマーガンダム(サンダーボルト)

漫画機動戦士ガンダム サンダーボルト』に登場。
搭乗者はイオ・フレミング式番号:FA-78-1

放電現が起こるサンダーボルト宙域任務の為にシーリング処理を施し、武装も追加・変更されたFAガンダム。連邦サイド役機であり、ジオン側のサイコ・ザクとは対の存在。

→「フルアーマーガンダム(サンダーボルト)」を参照。

フルアーマーガンダム陸戦タイプ

MSV-R』に登場。式番号:FA-78[G]

ジオン地上部隊殲滅の為、陸戦部隊を統括する上級士官の要望から「フルアーマーガンダム」の設計データを転用して開発された陸戦フルアーマーガンダム。稼働域は地球に限定されているものの機動性の上昇を考慮して増加装甲の減量を進めた結果、装甲面積FA-78-1の70%に縮小したが機体ウェイトは55にまで減量に成功した。

火力は見劣りするが、ジオンの地上部隊と較すると充分なほど高かった。しかし本機はシミュレーション上のコンセプトプランであり実機の制式採用がなかったとされている。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP