ポートピア連続殺人事件単語

ポートピアレンゾクサツジンジケン

  • 14
  • 0
掲示板をみる(88)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ネタバレ注意

この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
犯人はヤスです。
タイトル画面 ポートピア連続殺人事件
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PC-6001 / PC-6601PC-8801
ファミリーコンピュータ、ほか多数
発売 エニックス(現スクウェア・エニックス
開発 堀井雄二オリジナル
チュンソフトファミリーコンピュータ移植
発売年 1983年
価格 5,500円(税抜)
その他 FC版は1985年11月29日発売。

ポートピア連続殺人事件とは、エニックスが発売したアドベンチャーゲームである。

概要

1983年PC用、1985年ファミコンゲームソフトとして発売された。開発は堀井雄二FC版への移植チュンソフトが行っており、この堀井チュンの組み合わせは後の『ドラゴンクエスト』につながっていく。例えば、PC版では「キーボードを使って日本語で打ち込む」形式であったコマンドについて、FC版では「画面上に表示済みのコマンド十字キーで選択しAボタンで決定する」形式にしているが、これも堀井が「FCRPGを作る」ためにあたためていたアイディアを先取りして用いたものである。

このゲームからをプレイした人間達から生み出された「犯人はヤス」という言葉はあまりにも有名。
ヤスとはこのゲーム主人公の部下、間野康彦のことで、チュートリアルキャラとしての役割を果たす。そのヤス犯人であるという衝撃の結末を迎えるため、ゲームファンの間でいまだによく使われる決まり文句となっている。
推理アドベンチャーとしてはほぼ禁じ手に近い(一方で、推理小説であれば「叙述トリック」や「信頼できない語り手」類似のものであり手法としてはありふれている)事を、ファミコンでのジャンル第一弾作品でやってしまう辺りが実に憎い。

ちなみにポートピアとは1981年神戸の埋立地で行われた「神戸ポートアイランド博覧会」の称「ポートピア'81」のこと。作中では神戸ポートピア近辺が事件の舞台となる。

本作「ポートピア連続殺人事件」、「オホーツクに消ゆ」、「軽井沢誘拐案内」の3作品は全て堀井雄二シナリオを手掛けたアドベンチャーゲームであり、これら3つを合わせて「堀井ミステリー三部作」と呼ぶ。3部作全て携帯電話アプリ移植されており、現在でも遊ぶことができる。

関連動画

最速プレイ動画

実況プレイ動画など

色々な機種のポートピア

その他

パロディ動画

アイドルマスター

アイドルマスター世界になっても、相変わらず犯人はヤス

東方

関連商品

関連のある項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/06(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/06(土) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP