今注目のニュース
黒い、黒すぎる... 福岡に爆誕した「真っ黒バーガー」がインパクト抜群
トマトケチャップを盗んだ報い 新品を返し手紙で謝罪
妊娠も出産も赤ちゃんの死も全て嘘 ギフトや葬儀費用まで募った強欲夫婦

ユニオンプロレス単語

ユニオンプロレス

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ユニオンプロレスとはDDTプロレスリングの別ブランドから分社化し、2015年まで株式会社TECが運営していたプロレス団体である。代表は何回か変わったが、最後に代表だったのはナオミ・スーザン

かつて、流山市を本拠とした同名のインディープロレス団体(通称:旧ユニオン流山ユニオン)があり、
2015年まで存在したユニオンはそれを再したものとして扱われている。

概要

団体のカラーは、怪しく胡散臭くしく、それでいてアットホームなところ。
怪奇デスマッチハードコアエクストリームお笑い女子プロレスミックスマッチロックンロールガイジンA、ストロンスタイルと様々なスタイルの試合が、一つの行に詰められているのが特徴的(前半はカオスな展開で、セミファイナルメインイベントはがっちりとした試合を見せることが多い)。
DDT本体にべて規模は小さいが、それ故フットワークも軽く、他団体との交流(もしくは抗争)は盛んだった。その独特な、よりインディーらしい雰囲気に惹かれるファンも少なくなかった。
木髙イサミ石川修司が定期参戦している大日本プロレスとは、特に結びつきが強く、2012年には対抗戦(だったりして)という名の合同行も行った。

解散するまで、ペース新木場1stRING横浜ラジアンホール新宿FACE、北千住シアター1010、北沢タウンホールなど、較的小規模な会場で行を打っていた。
また、マッスルを受け継いで、後楽園ホールでのビッグマッチを開催(当初は年2回だったが、その後は年1回ペースとなった)。
2014年までは恒例のDDTビアガーデンプロレス(闘うビアガーデン)でも、ユニオンデーを開催していた。

団体史~旧ユニオンプロレス

1993年に、鶴見五郎高杉らによってインディープロレス団体の統括組織として「レスリングユニオン」の設立が発表されたが、いつの時代もプロレス団体の合従・連衡がうまくいった試しはなく、いつの間にかうやむやになる。その後、当時レスリングユニオンに加わるはずだったIWA流山が『ユニオンプロレス』として、1994年に旗揚げ、活動を開始する。当時のレスラーポイズン澤田松崎駿
のちにDDTプロレスリング設立に参加したNOSAWA論外も、高校生時代に練習生として加わっていた(ただし、デビュー前に退団)。

しかし、インディープロレス団体は当時も乱立しており、かつ情報発信もほとんどプロレスマスコミ頼りしかない状況下、地元行以外は苦戦を強いられ、1995年4月に活動を停止した。

だが、この旧ユニオンポイズン澤田が行った「ノーロープ有刺線ランバージャックマムシデスマッチ」は 当時のプロレスファンの間でそれなりに話題となり、後に澤田DDTで「界転生」のポイズン澤田JULIEとして ブレイクするきっかけ、さらにはユニオンのきっかけとなったことは確かであろう。

ユニオンプロレス再興

2005年、血清によって界分が抜けたポイズン澤田DDT後楽園大会でユニオンを宣言。
DDTからはポイズン澤田の他に石川修司チェリー726(なつる)、KAIENTAI-DOJOを退団してフリーとして活動していたisami(現・木髙イサミ)らが正式所属となり、11月3日に再旗揚げ。
ちなみに、当時の代表である武井(たけいただし)は旧ユニオンの代表でもあった。

この頃のユニオン流山ユニオンの流れを受け継ぐ澤田エースであったが、それ以上に話題を呼んだのは、なんといっても「メカマミー」である。
インディーマット界ではおなじみの怪奇メカという新要素を加えたメカマミーユニオンだけではなく、みちのくプロレス鈴木みのる行など様々な行に出場。
そのいかがわくしくも大人げない動きで、プロレス界を席捲し、2006年には東京スポーツ催のプロレス大賞で話題賞も受賞した。(ついでに言うと、大家健のユニオンプロレス移籍も2006年である)

だが、旗揚げ当初はDDTファンやどインディーマニアが食いついたものの、次第に内容が飽きられたのか、行も赤字が続くようになる。それゆえ、DDT社長に就任した高木三四郎は不採算部門のユニオンを潰すことを考えるようになった(表向きは、武井代表と澤田の抗争の終焉からユニオン最終回という形)。
そんな高木に対し、選手たちは「自分たちでやっていきたいんで待ってくれ」と請願。そして、2007年1月12日の新木場大会で行われた石川修司&isami佐々木恭介&田村タッグマッチを見た高木が感動し、「お前らならやれるよ!」とユニオンを続けていくことを許可したと言われている。

武井代表がユニオンを勇退したあとは、かつてDDT美人マネージャーとして活躍していたナオミ・スーザンを後任として招き、2007年2月28日の新木場大会から、石川修司エースとした新体制として再スタートを切ることとなった。

ユニオンプロレス再出発

ナオミ・スーザン代表のもとで再出発したユニオンは当初、北千住シアター1010など新木場1stRINGより小さい会場を活動の中心としていたが、スーザン体制でのアットホームな雰囲気が、徐々に新たなファンを獲得していった。
選手たちも、2006年大日本プロレス参戦をきっかけにデスマッチファイターとして成長した木髙イサミ、巨体を生かしたファイト2009年には飯伏幸太を降し、素顔でKO-D差別級王者となった石川修司2007年1月DDT後楽園大会で引退が決まるも、ユニオンリングで復帰。そこからユニオン初の後楽園大会で獣神サンダーライガーシングルマッチを行う前後までに、不思議な人間を発揮するようになってきた大家健(カリスマ号泣師)など、しだいに知名度や実をつけるようになり、いつしか「ユニオンDDTリストラ部屋」と呼ぶ人も少なくなってきた。

この流れを受けて、2010年には高木三四郎がさらなるテコ入れとしてDDTから移籍。
2011年にはマッスルのあとを受けて1月3日後楽園ホールで二度の大会を実施。
2009年8月31日に行われた初めての後楽園ホール大会は、営業と宣伝の弱さからか席が立ったが、二度の大会は高木社長アイデアである全席2000円という破格値もあり、大入り満員を記録した。
さらにサムライTVでもドラマティックファンタジアテレビ中継「ユニオンファンタジア」が放送された。こちらは毎回、アイドルから女子プロレスラーまで、プロレスに関係の深い女性ゲストを招いていたのが特徴的だった(AKB48中田ちさともゲスト解説で出演していた)。
DDTの週一レギュラー放送は一度終了したが、2012年10月から1で復活。ユニオンの試合が流れることもあった。

2012年1月5月後楽園大会は満員を記録。8月DDT武道館大会には石川セミファイナルハードコアタッグマッチイサミが第一試合ののガントレットタッグマッチ諸橋ダークマッチのマッスル(プロレス)、福田が第二試合のアイアンマンランブルに出場した。チェリーアイアンマンながらも、残念ながら風疹で欠場してしまった。

三四郎DDTに復帰してからは団体としての規模を縮小したが、スーザン代表としてはムリして大きな会場で行を打つよりも、一つ一つの行を確実に満員にする方を優先したらしい(事実、それ以降の行は満員を記録していた)。

2013年10月からは運営が、DDTプロレスリング子会社であるTEC(元DDTテック)に移り、経営的に全に分社化した(事務所DDT本体とは別フロアーとなっている)。2014年からは後楽園大会もDDTとは別に単独開催されることとなった。

2014年ガンバレ☆プロレスWorld MEN'S CLUB(WMC)、佐藤光留などの外敵がいくつも襲来し、それらとの戦いが中心となる中、異色の女装アイドルレスラーであるレディ・ビアードの加入やヤス・ウラノの参戦などさらにカオスの極みをみせる。特に木髙イサミを降してユニオンMAX王者となった佐藤光留の存在は、団体に勝負の厳しさを持ち込んだ。

ニコニコプロレスチャンネルが開設されてからは、各大会が毎回ニコニコ生放送で配信されることになった。地方大会がなかなかできないユニオンプロレスだったが、これによって地方ファンも試合を見ることができるようになった。

ユニオン解散

2015年、前年に佐藤光留を倒してユニオンMAX王者となったFUMAヒールターンし、MEN'Sテイオー、宮本和志、SAGATらとともにユニットキングレギオン」を結成。行はユニオン正規軍とキングレギオンとの抗争が中心となった。

そんな中、7月16日スーザン代表が10月4日後楽園ホールで行われる団体の10周年記念行で代表を引退することを表明。さらに8月17日には選手たちの話し合いによって団体そのものの解散も決まった。こうした流れの中、8月大会でイサミユニオンMAX王座を奪還、9月大会でFUMAキングレギオンの解散を宣言。9月21日には紫雷美央が現役を引退と解散に向けて慌ただしく事が進む。

そして10月4日メインイベントでユニオンプロレスを背負ってきた木髙イサミ石川修司によるユニオンMAX王座タイトルマッチが行われ、これを以てついにユニオンプロレスは約10年に渡る歴史に幕を閉じた。
解散を惜しむはあったが、選手間または選手とフロントの間で醜い争いが起き、そのまま空中分解するケースが多いプロレス団体の歴史に対し、きちんと解散行ができたユニオンプロレスは幸せだったのではないかと、ファンの多くは思っているだろう。

その後のユニオンプロレス

木髙イサミが設立するプロレスリングBASARAに参加

フリーランス

DDTプロレスリングに復帰(入団)

その他

主な王座ベルト

旗揚げからずっとベルトなどとは関係な状況が続いていたが、イサミ2011年韓国のキム・ナンプンからDDT EXTREAM級を奪取したことで、これがユニオンシングル王座として機するようになった。しかし、事実ユニオンのベルトとなってからはエル・ジェネリコ宮本裕向(暗黒プロレス組織666)、石井慧介(DDTプロレスリング)、ケニー・オメガら所属外の選手に流出した(DDTからしたらベルトが戻ったのだが)。

その後、DDTからの分社化をきっかけにユニオン独自のシングル王座ユニオンMAX王座」が制定される。「いつでも全、大きくなりたい」という意味を込めたこのタイトルは、石川修司ロシアイワンマルコフによる初代王座決定戦の末、イワンが初代王者となる。イワンは初防衛戦でFUMAを降したが、2014年3月23日のラゾーナ川崎大会では木髙イサミ敗北。その後、木髙イサミ佐藤光留FUMAを経て、イサミが第五代王者として解散行で石川修司を相手に防衛。ユニオンの解散によって王座は封印されたが、将来的には復活する可性をイサミが口にしている。


女子2013年3月に「ユニオン認定Fly to Everywhereワールドチャンピオンシップ」というシングル王座が制定され、初代王座決定戦を制した米山香織が初代王座いた。コミッショナーには風間ルミが就任。2013年5月3日後楽園ホール大会にて、3WAYマッチを制したチェリーが第二代王者なる。その後、レディビアード紫雷美央チェリーハイスカみぃ紫雷美央→希あおいチェリー王座は変遷。第九代王者のチェリーが解散行で高梨マサ子を相手に防衛。現在のところ、王座行方明らかにされていない。


え? ユニオン非認定U.S.ヘビー級王座? いやあ、あれは…。

関連動画

伝説といわれた旧ユニオンの試合

所属選手

解散時の所属選手 解散直前までのレギュラー参戦選手

過去の所属選手

それ以外の過去の参戦選手についてはWikipediaexitを参照

関連項目

最後に

3.2.1ありがとうユニオン

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2012/07/26(木) 11:38:47 ID: dLOADjXunh

    DDTとの違いとしては、妖しさ、泥臭さ。
    日本のストロングBJとかと相性が良いよね。

  • 2ななしのよっしん

    2013/01/16(水) 10:01:33 ID: dLOADjXunh

    元・潮吹の三富が入団。
    今年プロデビューかな?たしかベストストレッチで仕事してたような・・・

  • 3ななしのよっしん

    2014/04/06(日) 12:35:42 ID: AU1+bUQHX8

    分社化してから
    ますます行としてのレベルが上がっていて
    さらに楽しくなったなあ
    ガンプロレスラーいい意味で荒らしてくれるし

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP