今注目のニュース
【広島】運転手が女性だと確認すると、急ブレーキで車を止めさせ窓を叩いてきたドライバーが物議!
バンブルビーのフル可動ハイエンドフィギュアが登場
インフルエンサーがインスタに「バリで休暇中」と投稿→「実はIKEAで撮影、渡航費0円」のドッキリ

日産・セフィーロ単語

ニッサンセフィーロ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・セフィーロとは、日産自動車1988年から2003年まで生産していたセダンタイプ乗用車である。

概要

名はスペイン語で「そよ」の意。
初代はローレルスカイラインなどとプラットフォームを共有していたため後輪駆動2代目以降は前輪駆動であった。
ボディタイプセダンのみであったが、2代目にはステーションゴンが設定されていた。
内では3代でモデルライフを終了しているが、海外では後継モデルであるティアナを「セフィーロ」としているもあった。

歴史

 

初代(A31)

1988年9月1日発売。
前期モデルではグレードという概念がなく、3種類のエンジンと3種類のサスペンションから自分にあったものをええアブことが出来る「セフィーロコーディネーション」と呼ばれるセミオーダーシステムが採用されていた。
ヘッドライトにはシルビアと同じプロジェクター方式が採用されていた。
エンジンRB20E(タウンライド)/RB20DE(ツーリング)/RB20DET(クルージング)の3種類を用意、トランスミッションは全4速フルレンジ電子制御オートマチック、5速マニュアルが選択できた。
サスペンションはマルチリンク式(無印)/DUET-SS付(コンフォート)/HICAS-II付(スポーツ)の3種類を設定。

尚、このモデルドラマ「もっとあぶない刑事」の劇中としても「港306」として仲村トオルの専用として使用された。

1990年9月マイナーチェンジを実施、中期となりセフィーロコーディネーションが止された。
ツーリング(DOHC)のオートマチックトランスミッションが4速から5速に変更され、クルージング(ターボ)にはフルタイム4WDモデルが追加された。
また、リアテールデザインも変更され、ヘッドライトも従来のプロジェクター式のほかにハロゲンヘッドライトが追加された。
1991年には一部良を実施、ボディカラー設定の変更やタウンライドとツーリングにいくつかの装備を追加した「SVシリーズ」が追加された。

1992年には再びマイナーチェンジを実施、バンパーが大化され全3ナンバーとなった。
また、エンジンRB25DEが追加された。

このモデルスカイラインとプラットフォームを共有しているため、較的社外パーツが手に入りやすい。
そのため、所謂「走り屋」に人気が出てしまいノーマルの個体を見ることが困難になっている。
ローレルパーツの互換性があるため、セフィーロ体にローレルの顔面を移植する「ローレロ」、「セフィーレル」仕様の個体も少なからず存在する、らしい。

1994年8月には2代目へとモデルチェンジした。

2代目(A32)

1994年8月24日発売。
初代よりもボディサイズが大きくなり、駆動方式も前輪駆動方式に変更された。
エンジンはVQ20DE/VQ25DE/VQ30DEを設定、初代に設定されていたターボモデルは設定されていなかった。(ちなみに、セフィーロ内におけるVQエンジン搭載1号であったりする)
グレードはラグジュアリー志向の「エクシモ/イニシア」、スポーティ志向の「S.ツーリング」の2タイプが用意されていた。

1997年2月マイナーチェンジを実施。
1998年1月に一部良を実施、廉価モデルの「イニシア」シリーズ(といっても20イニシアしかなかったが)が止された。

1997年6月ステーションゴンを追加。
ゴンには「S.ツーリング」に相当するモデルは用意されていなかった。

1998年12月には3代へとモデルチェンジ、ワゴン2000年9月まで生産されていた。

3代目(A33)

1998年12月発表。
エンジンはVQ20DE(NEO)<リーンバーン>/直噴ガソリンエンジンであるVQ25DD(NEO Di)を搭載。
トランスミッションフルレンジ電子制御4速オートマチック/5速マニュアル2000ccのみ)を搭載していた。
グレードは先代に引き続きラグジュアリー志向の「エクシモ」シリーズ/スポーティ志向の「S.ツーリングシリーズが設定された。
2000年1月に一部良を実施、特別仕様「エクシモLセレクション」を追加。

2001年1月マイナーチェンジを実施。
バンパーインフィニティI30と同じものに変更、テールランプやグリルデザインも見直された。
また、「S.ツーリングシリーズ止された。
2002年8月に一部良を実施、2500ccモデル、5速マニュアル止された。

このモデルは、米国などではインフィニティブランドで販売されていたからか、初代とは別方向で人気が高い(所謂VIPカーとして)
ちょうど中古価格も下がってきたので、よりいっそう残念な仕様が増えていくと思われる。

2003年2月に生産を終了した。

3代目マイナーチェンジモデル(A34、海外専売)

台湾マレーシアなどの一部のではA34と呼ばれるモデルが生産、販売されていた。
以下では台湾でのモデルライフを記す。

2002年に販売を開始。
エンジンV6 2000cc/V6 3000ccを設定、モデルライフ途中からV6 3500ccも追加された。
エンジンによって若干外装のデザインが異なっている。
2000ccモデルグリルが横ルーバーで中央に日産のCIエンブレムが装着されており、3000cc/3500ccモデルでは縦ルーバーグリルで専用デザインボンネットマスコットが装着されている。
装備も日本仕様べてである。
一部グレードではあるが、自動車電話リアエアコン/オーディオコントロールスイッチクラリオン製のポップアップリアモニターなどが装着されていた。

2004年に生産を終了、後継モデルティアナが登場している。

 CM

 

初代

キャッチコピー:「くうねるあそぶ。」(前期)、「じーんがあれば。」(中期)

前期のイメージキャラクター井上陽水が務めた。
CM中の「みなさんお元気ですか?」のセリフは流行となったが、当時昭和天皇が体調を崩され、自粛ムードとなったため急遽セリフのみを消したバージョン製作された。

2代目

キャッチコピー:「スウィート セフィーロ」(前期/後期共通)

前期はラサール石井竹中直人などがCMキャラクターを務めた(他にも多数いる)
出演俳優によって違う楽曲が使用されていた。組み合わせは以下のとおり。

1994年/1995年
出演俳優なし・・・「本気でオンリーユー(Let's Get Married)」(竹内まりや
竹中直人/山口智子・・・「もう一度」(竹内まりや
中井貴一/美和子・・・「に帰ろう(マイ・スイートホーム)」(竹内まりや
ラサール石井/菊池桃子・・・「純愛ラプソディ」(竹内まりや

1995年
奥田二/賀来千賀子・・・「に帰ろう(マイ・スイートホーム)」

1996年
三浦友和/渡辺満里奈・・・「もう一度」
村田雄浩/桜井幸子/竹中直人・・・「彼女とTIP ON DUO」/「瞳がほほえむから」(共に今井


後期のイメージキャラクターセダン、ワゴンともに中山美穂井かおりが務めた。
 

3代目

キャッチコピー:「イルカに乗ろう」(前期)、「Bright New Cefiro」(後期)

イメージキャラクターはいなかった。

 

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP