東京オリンピック・パラリンピックに関する不祥事の一覧単語

トウキョウオリンピックパラリンピックニカンスルフショウジノイチラン

2.6千文字の記事
掲示板をみる(147)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

東京オリンピックに関する不祥事一覧とは、
2021723日から95日まで開催される、東京2020オリンピックパラリンピック競技大会に関して続出した大小様々なトラブル不祥事、問題点の一覧である。

一覧

新国立競技場の建設費問題

2015年7月7日メイン会場の新国立競技場の建設費の当初の予定は1300億円だったのに、倍どころではない3500億円以上にかさむことが発覚。
2015年7月17日イラク出身で英国在住の建築家ザハ・ハディド氏のデザインを破棄することが決定。
20151222日、新国立競技場デザイン隈研吾氏らの案に決定。しかし、便座にしか見えないなどの不満が噴出。

新国立競技場工事の現場監督が過労自殺

20173新国立競技場の工事で現場監督を務めていた23才の男性がが自殺
利競技場のデザイン案が変更となり、着工が予定より1年遅れ、工期が極端に短くなったことで、現場の作業員には過剰労働が強いられていた。自殺した男性残業時間も1190時間以上だったという。

公式エンブレムの盗作疑惑

201591日、アートディレクター佐野研二郎デザインした大会の公式エンブレムベルギーの劇場のロゴパクリではないかと摘され、大会組織委員会は同デザインの使用中止を発表。

膨らみ続ける開催費用

五輪招致の際には「オリンピック史上最もコンパクト」をコンセプトに掲げ、招致段階では7340億円だった予算が異常なほど増加していった。
開会時点では、皮にも「オリンピック史上最も史上最も高額」な大会になる可性が高くなってしまっている。しかし、その原因の精も、責任所在も今だに分かっていない。
2018年10月18日会計院が2020年東京五輪オリンピック の支出額が8011億円に上るとの試算を発表。
2019年12月5日会計院の調により、2018年度までの6年間に東京オリンピック関連事業に支出した費用の総額が計約1兆600億円に上ったことが発覚。
2019年12月20日東京2020組織委員会が東京2020大会の予算V4(バージョン4)を発表。東京オリンピックパラリンピックの総支出は1兆3500億円となる。
20211222日、東京2020組織委員会が東京2020大会の予算V5バージョン5)を発表。東京オリンピックパラリンピックの総支出は16440億円となる。

東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑

2019年1月11日東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、法当局が日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に対する捜開始を決定。
2019年3月19日竹田会長が、6月の任期満了での退任を表明した。同時に国際オリンピック委員会委員の辞任も表明。開幕まで500日を切った中で、五輪を開催するオリンピック委員会のトップが退くのは異例の事態。
2020年3月31日、2020東京五輪招致を巡り、大会組織委員会理事を務める広告代理店電通専務高橋治之氏が、東京五輪招致委員会から約8億9千万円相当の資を受け取り、国際オリンピック委員会委員らにロビー活動を行っていたことが発覚。
また、招致委員会が森喜朗首相が代表理事・会長を務める非営利団体、「一般財団法人嘉納治五郎記念スポーツ研究・交流センター」にも約14500万円を支払っていることも発覚した。

開閉会式の演出家チームの相次ぐ不祥事と辞任

際関係にあって、任命という行為はメッセージであり表現である。
多様性の是非に関しては色々な意見があって当然だが、少なくとも、際的な潮流を把握していること、やろうと判断すればそれに乗れるがあることは必要であり、これらの不祥事会長の辞任によって、その点が各政治家メディアで疑念が持たれたことは、日本という国家にとっては大きなダメージだと言える。
2021年3月18日、開閉会式の企画、演出の統括役を務めるクリエティディレクター佐々木宏氏が、タレント渡辺直美さんの容姿を侮辱する演出を提案したことが発覚し、辞任。
7月20日、開会式の楽曲担当だったミュージシャン小山田圭吾氏が、過去いじめ者だったことを雑誌で告白していた問題で辞任。開会式の冒頭で使う予定だった小山田の楽曲は使用しないことになり、4分33秒空白が発生。
722日、開閉会式の制作・演出チームショーディレクター小林賢太郎氏が、お笑いコンビラーメンズ」時代にユダヤ人の大虐殺パロディーに使ったコントをしていたとして、解任された。
また、開会式のパフォーマンスに出演予定だった竹中直人氏もかつて視覚障者をネタにしたコントをしていたとして出演を辞退している。

週刊文春によれば、このような相次ぐ演出の解任の全ての始まりは、開会式の執行責任者だった振付演出MIKIKO氏が2020年5月11日電通により解任されたことであったとされる。
彼女が当初考えていた開会式のプログラム案は、AKIRAネオ東京Perfume三浦大知辻本菅原渡辺直美らによる演出、スーパーマリオによる競技紹介などを取り入れたものであり、リハーサル寸前まで企画は進行していたが、森喜朗小池百合子IOCがあれも入れろこれも入れろと横を入れ、それをMIKIKOが突っぱねたために、オリンピック導権を握りたい電通ナンバー2の田佳夫が彼女を排除し、電通出身で上層部の言いなりになる佐々木に替えられたという。その佐々木が辞任後、開会式は組織委の直轄となったが、その結果コンプライアンスが崩壊し、次々と演出過去の問題が発覚することとなり、開会式のパフォーマンスMIKIKO案を抜きにしたような低質なものになってしまったという。

女性蔑視発言で組織委員会の森喜朗会長が辞任

2021212日、組織委員会の森喜朗会長が辞任。JOC評議員会で女性蔑視とも取れる発言をし、等をテーマに掲げる大会にふさわしくないとのが殺到したため。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP