礼号作戦単語

レイゴウサクセン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

礼号作戦とは、大東亜戦争中の1944年12月26日に実施された日本海軍作戦である。戦争中、最後に成功した攻撃作戦とされる。ミンドロ戦とも。

概要

背景

1944年10月20日より始まったレイテの戦いはアメリカ軍の優勢で進み、12月15日レイは制圧された。次なる標はフィリピンの中心であるルソンと思われたが、すぐには上陸せず南のミンドロへ第24師団が上陸。現地には僅か500名の日本兵しかおらず、あっと言う間に占領される。ミンドロを失陥するという事はフィリピン全土の制権を失う事を意味しており、海軍は直ちに反撃へ移った。

まず特攻機13機が北部のクラーク基地を出撃し、2隻の戦車揚陸艇を撃沈。海軍瑞雲も出撃し、魚雷艇群に攻撃を仕掛けた。帝國海軍の南西方面艦隊大河内伝七中将は翌16日に第43駆逐隊駆逐艦榧、、樫を迎撃に向かわせたが、ルソン東方台風(コブラ台風)が進んでいたため引き返した(官の発病が中止の原因とも)。さっそくアメリカ軍の設営隊は南のサンホセ付近に2本の飛行場を作り、12月20日完成陸軍航空隊第5航空軍が進出し、レイからB-25、P-40P-47などが続々と送られた。全てはルソン攻略を見越しての行動だった。

第43駆逐隊の泊地突入に代わる攻撃作戦として、第2戦隊木村昌福少将による艦砲射撃が計画された。作戦名は礼号作戦と定められた。木村少将叩き上げの官で、先のキスカ島撤退作戦奇跡を起こした立役者である。南西方面艦隊は巡洋艦(足柄大淀)と第2戦隊作戦の実行を下したが、二戦は護衛任務で駆逐艦を出払っており、手元に残っているのは清霜朝霜しかないという明らかな戦不足であった。やむなく駆逐艦を呼び戻し、第31戦隊から第43駆逐隊出。印のカムラン湾やサンジャック方面に停泊していた第2戦隊(駆逐艦清霜朝霜)、第31戦隊(重巡足柄軽巡大淀駆逐艦榧、、樫)が実行戦となった。参加艦艇の中で最も大足柄が旗艦に選ばれると思われたが、木村少将を旗艦に定した。礼号作戦は12月20日に発動され、23日にカムラン湾へと集結。戦備を整え始めた。寄せ集め部隊だが合同練習を行う時間はかった。

経過

12月24日午前9時木村少将座乗の旗艦に率いられ、第2戦隊はカムラン湾を出発した。的地のミンドロ東方にあったが、的を偽装するため北東に針路を取った。翌25日未明、潜水艦が二戦を発見。また二戦側も逆探が潜水艦線を傍受した。対潜警をしながら北へ進み、日出後に東へ変針した。敵に見つかったにも関わらず何故か偵察機すら飛来せず、穏な航が続いた。12月26日未明、針路を南南東に変えてミンドロに向かう。16時3分、足柄から零式三座偵2機が発進し、前方50里で対潜。それから20分後、足柄の見り員がサンホセの西北西130里で中のB-24を発見。敵機も日本艦隊を発見し、ミンドロアメリカ軍へと通報された。

日本艦隊が向かってくる」というニュースは、アメリカ軍驚愕させた。何故ならサンホセには護衛戦が一切く、防備の輸送船団と10隻の魚雷艇が停泊しているだけだった。加えてB-24は足柄大和戦艦と誤認しており、ミンドロの第5航空軍を凍りつかせた。慌ててレイからチャンドラー少将率いる
軽巡2隻、重巡2隻、駆逐艦8隻を向かわせたが、とても間に合いそうにい。恐慌状態に陥ったサンホセの輸送船団は先に脱出を図り、21隻が逃亡。足の遅い4隻のリバティ貨物船は取り残された。同時に第5航空軍は準備の出来た機から出撃させ、編隊すら組ませずに攻撃へ向かわせた。爆弾の数が足りなかったので、戦闘機は機弾だけを満載して出撃した。

一方、28ノットの速でミンドロす二戦は対形を取る。が先頭に立ち、その後方に2隻の巡洋艦、その後ろを5隻の駆逐艦が追随した。足柄大淀からは偵が発進し、撃時の照明弾投下役を担わせた。17時35分、B-25爆撃機8機が出現。しかしB-25は一向に攻撃せず、大淀零式三座偵3機を発進させても反応がかった。18時7分、清霜が発するとB-25は退避していった。敵機が去った後、艦内では戦闘糧食が配布された。20時頃、250kg爆弾を装備したB-25が出現。この日の明かりは強く、敵機から艦隊が丸見えだった。20時45分に爆撃が始まり、大淀が2発の直撃弾を喰らう。幸いな事に出撃を焦った敵は爆弾に信管を付け忘れており、被害かった。朝霜も低爆撃を受けたが、回避して至近弾で済んでいる。爆弾の不足と混乱から杜撰航空攻撃だったが、そのぶん敵機も必死で機掃射を浴びせてきたので徐々に損傷が増してきた。21時15分、清霜の重油タンクに250kg爆弾2発が命中し、大爆発。艦隊から落してしまう。木村少将は現時点での救助を諦め、帰り道に救助する事を決断する。敵機の猛攻は続き、足柄の左舷甲に撃墜されたB-25が突入。2mのが開くとともに火災が発生したため、8本の魚雷を投棄している。更に44機のP-3828機のP-47が襲来し、機掃射により榧の後部マストが折れ、第1缶室で火災が発生。耐えいでいた朝霜も機の巣になり、全被害を受けて負傷者が続出した。だが敵機は接触を防ぐためかわざわざ味方識別を点けており、高の狙いが付けやすかった。おかげで十数機の撃墜に成功している。

敵機の襲は終わった。サンホセまであと少しというところで、今度は魚雷艇が出現。PT-178083、84が足柄東方で併走してくる。しかし魚雷艇不気味な沈黙を保ち、攻撃はしてこなかった。実は南西方面艦隊が二戦の支援として「ミンドロへ逆上陸を企図している」と偽の文を打っていたのだ。これに引っかかった魚雷艇群は上陸時に攻撃しようとして静観していた。二戦は照明弾を上げ、撃で魚雷艇群を攻撃。1隻を撃沈し、2隻を座礁させて戦闘を奪った。ちなみにサンホセ港でも魚雷艇群が待ち伏せていたが、混乱する味方機から執拗に誤射を受けて追い散らされていた。

22時20分、巡洋艦を中央に配した単縦を組み、「左舷魚雷戦用意」の号が下った。ついにサンホセに到着したが、既に敵船団は脱出していてもぬけの殻だった。また第5航空軍の敵機も大半が中へ退避し終えており、攻撃標が乏しかった。そこで22時45分に反転し、マンガリン湾へ移動。敵襲に備えて隠れていたリバティ貨物船4隻を発見し、23時2分にが、1分後に巡洋艦2隻が撃開始。続いて、榧、樫は計10本の魚雷を発射し、1隻を撃沈。3隻を損傷させた。マンガリン湾は沈没するほど深は深くなかったが、損傷が酷かった1隻は放棄されたようである。輸送船団を撃破した二戦は陸沿いを北上しながら照明弾を撃ち、飛行場を撃。駐機されていた20機と爆弾庫を破壊した。各々標的になるものを見つけては、思う存分に撃ちまくった。飛行場を破壊された事で上に退避中の敵機は降りる場所を失い、やむなくレイへと向かった。しかし途中で燃料切れとなり、多くのパイロットは機を捨てて脱出しなければならなかった。23時45分からの撃でブスアンガ河口の物資集積所を吹き飛ばし、翌27日午前0時4分に作戦了。は「ただいまより帰路に就く」と信号を発した。91発、大淀100発、足柄226発、朝霜58発発射した事が判明している。

任務を成功させた二戦はカムラン湾をしたが、中で朝霜が分離した。漂流中の清霜乗員を助けに行くためである。P-38の追跡を受けていたが、かまわず現場域に向かった。午前0時48分、清霜カッターを発見。どうやら清霜は沈んでしまったようだ。機関を停止させ、2時間の救助活動で生存258名を救い上げた。救助を終えると、急いで離脱を図った。明けを迎えれば敵機の執拗な襲が始まるうえ、レイテから有な敵艦隊が接近しているとの情報も入っていた。午前4時頃、朝霜B-25爆撃を受けたが命中しなかった。午前9時、別行動を取っていた足柄グループと合流。魚雷艇2隻が追いすがってきたが、撃で撃退した。22時、二戦は突如として撃を受ける。待ち伏せしていた潜水艦大淀を狙って撃してきたのである。魚雷は命中せず、朝霜が対潜攻撃に向かったがの悪化に乗じて逃げられている。その後、足柄撃を受けたが損なし。潜水艦の次は敵機が出現し、爆撃を受けるなど穏とは程遠い猛攻が続く。木村少将は高速航行が出来る朝霜足柄大淀と、燃料不足で高速が出せない榧、、樫の二つに艦隊を分けた。執拗な攻撃が続いているため、巡洋艦だけでも先に帰投させる狙いがあったようだ。12月28日18時30分に朝霜足柄大淀が、翌29日午前11時30分に榧、、樫がカムラン湾に入港。最後の攻撃作戦は成功に終わった。戦死者は135名(うち清霜乗員が79名)であった。

礼号作戦は成功に終わった。ミンドロアメリカ軍日本軍の逆上陸があると信じて疑わず、大して消火活動を行わずに来攻を待ち受けた。その結果、物資がみるみるうちに焼失したとか。しかしこの程度の損ではアメリカ軍を止める事が出来ず、1945年1月9日にルソン攻略が始まっている。戦後志摩中将は「戦略的には何ら価値もく、いたずらに敵をしてこの方面に兵の増援と警心を喚起せしめただけだった」と回想している。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/01(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/01(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP