今注目のニュース
エアコンが苦手な猫ちゃんと熱中症が心配な飼い主さん 猫との暮らしを描いた漫画から優しさが伝わってくる
「神ゲーってそういうことですか」普通じゃないゲーム会社の開発&運営コメディ
2030年には完全に消え去る予測。腐食が進む悲劇の豪華客船・タイタニック号(米調査)

野原しんのすけ単語

ノハラシンノスケ

掲示板をみる(213)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

野原しんのすけとは、日本で最も有名な永遠の5歳である。を呼ぶ幼稚園児。
クレヨンしんちゃん」の主人公CV:矢島晶子(1992.4.13~2018.6.29)→小林由美子(2018.7.6~)。

概要

しんちゃん野原ひろしみさえの間に生まれる。長年に渡り一人っ子であったが、後にひまわりが生まれた。
埼玉県春日部市在住。アクション幼稚園アニメ版ではふたば幼稚園ひまわり組に在籍。

非常に独特の価値観の持ちひろしの影か、非常に女好き。(しかし大人女性に限る)
アクション仮面」「超電導カンタムロボ」をこよなく愛している。
また、自身で描いた絵本のキャラクターからぶりぶりざえもんという名キャラクターも生んだ。

 単行本未収録回第1話ではアクション幼稚園の転入生として登場してる。また、未収録回の運動会での話ではチーターが「陸上部のエース中学」を自慢すると、しんのすけは「まだ体験していない中二のがいる。」と発言してる。このは作中では一度も登場しておらず、単にしんのすけが対抗して意味なく言ったものと考えられる。

モデル臼井儀人漫画だらくやストア物語」に登場する二階堂信之介。

称は「しんちゃん

性格

綺麗なおねいさんが好きで、ナンパ癖がある。おバカでお下品な冗談を好む、後ろを向いて笑う等独特の性格をしている。

エピソードトラブルなど起きて、最後はみさえにこっ酷く怒られてお仕置きされたり、追い掛けられたりするがしばしばである(時にはひろしかすかべ防衛隊メンバー達なども加わって怒られる事も)。

しかし決してクセのある点ばかりではなく、友達マサオ君が遠足のおやつを買う際に100円をどこかで落としてお金が足りない状況になった時自分の100円をあげたり、みさえが残り3かの命だと知ると号泣する等、根は心優しい性格である。(因みにみさえが3かの命だと知ったのはしんのすけの単なる勘違いだった。)

また、インスタント焼きそばの加を火と勘違いして爆発するんじゃないかという勘違いをする子供らしい一面も持っている。

あまり泣くイメージいかもしれないが、割と初期の頃はしんのすけのイタズラに対しみさえが制裁を加えて「ぎゃぴ~!」と泣き叫んだり、上記の通り勘違いではあるがみさえの3ヶの命だと知って泣いた事はある。
劇場版を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦では、ラストで又兵衛死亡に直面し、大粒の涙を流した。

また、色んな人間と打ち解けられる明るい性格で、1話限りのキャラであっても友達になっている。

 能力

人間越したをもってる。を利用したお尻芸が多く、しく小刻みに振る「ケツだけ人」お尻筋肉歩くケツだけ歩き」が得意。(ケツだけ歩きは空想科学読本7で取り上げられてる。)35巻ではで巨釣り上げており、25巻では、で割りばしを割ったことがあると発言してる。

武蔵野太の導により剣道の腕も達人級で、37巻では割りばしで舞い落ちる木の葉を切断、38巻の太との最終稽古では太の着を切ってる。しかししんのすけ自身はこのことを知らない。

劇場版アクション仮面ハイグレ魔王」では敵のミサイル爆発にあったが事で、「ブタのヒヅメ大作戦」では敵のピストルマシンガンの攻撃をコサックダンスや半ケツフラダンスなどの動きで全て避けてる。「オト帝国」では塀の上で3輪トラックと並走しており、「ヤキニクロード」では補助輪なしで自転車に乗れるようになり、後輪のみの走行といったアクロバットも披露した。「宇宙プリンセス」ではゴキブリほどの生命を持たなければ通れない転送装置に入り、事に通れた。

また、しんのすけと出会ったゲストキャラ善人悪人だが根は善人)なら幸運に、悪人や自己中心的、粗暴な人なら不幸になることがある。(例外あり。)

かなり運が強く、福引で1等賞をとることが多々あり、敵の攻撃から逃れることもある(いわゆる主人公補正)。

影響

日本人なら老若男女でも知っているといっても過言ではない民的なキャラクター

原作漫画を連載している双葉社テレビアニメを放送しているテレビ朝日にとっても自社を代表する徴的キャラクターとして確固たる地位を築いている。しんのすけの住む春日部市2003年イメージキャラクターとして採用し、2004年に正式に特別住民として住民登録された。しんのすけ野原の面々は正式な春日部市民である。ちなみに居住住所は「春日部市双葉町904」。(この住所は実在せず、「双葉町」は原作漫画を連載している双葉社に由来する。)
また、テレビアニメ開始当初からしのすけを演じている矢島晶子にとっても最大の代表作である。

コラボレーションで他作品に出演、または作中に他作品のキャラクターを登場させて共演することも多い。
過去アニメ版では「美少女戦士セーラームーン」「ドラえもん」「ボボボーボ・ボーボボ」「釣りバカ日誌」「あたしンち」「仮面ライダー電王」「仮面ライダーフォーゼ」、漫画版では「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、ゲームでは「スーパーロボット大戦X-Ω」などに特別出演、または共演したことがある。
電王」とのコラボでは「仮面ライダーしん王」となり、「X-Ω」では夢の中とはいえカンタムロボパイロットとして参戦するなど、その作品に合わせたを持っていても納得できてしまうのはしんのすけならでは。

声優交代

2018年6月29日放送分をもって、矢島晶子が「しんのすけを保ち続けることが難しくなり、キャラクターを作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」ため降することになった。
矢島の担当期間は、1992年4月の放送開始から26年3かに及んだ。

2018年7月6日放送分から、小林由美子CVを担当する。

関連動画

MUGENにも登場している。

 

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP