今注目のニュース
なぜそこに穴をあけたのか... 素人には意味が全く分からない顔出しパネルが話題
跡取りおらず「お家断絶」の旧家、名字残すため「母の旧姓」に変更できる?
【ラジオ】『ポートピア連続殺人事件』から始まる“ファミコン・アドベンチャーゲーム”愛から新作を作った人たち。『偽りの黒真珠』制作チーム登場の「電ファミラジオ(β)」6月28日に配信へ

G-3ガンダム単語

ジースリーガンダム

掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

G-3ガンダムとは、小説機動戦士ガンダム」を初出とするモビルスーツ。後に「MSV」へ組み込まれた。

G-3ガンダム(MSV版)

G-3 GUNDAM
G-3ガンダム
RX-78-3
全高 18.0m
重量 47.2t(本体)
搭乗者 アムロ・レイ小説
ジョルジョ・ミゲル(C.D.A)
リョウガ(Gの影忍
装甲 ルナチタニウム
武器

ホワイトベースに積載したガンダムの予備パーツを回収して作られたRX-78ファーストロットシリーズ3号機。

装甲色、フレームソール部、排熱ダクトに至るまで全てグレー塗装されている。RX-78シリーズはそれぞれ初期・中期・後期と異なる仕様が存在しており、このG3も初期・中期・後期と修される中でテストベッドの役割を兼ねていた。

マグネットコーティングをはじめ、背部ランドセル、ジェネレーターの装作業などが行われ、アムロ2号機と較すると性は向上。新の「熱核反応炉用レーザー加速器」やNT-1アレックスにも採用された「NICNシステム」という教育コンピューターを搭載している。

G-3ガンダムはオーガスタで並行して開発されていたニュータイプ専用機、ガンダムNT-1テストベッドでもある。G-3との互換性があるNT-1の開発にあたって随時フィードバックが行われていたようだ。

TV版では2号機は最後まで使われており、小説設定と異なる。ここにMSVを当てはめるとG-3ガンダムはアムロ以外が使ったということになる。だが正史である映画版では2号機は“いつの間にか修された”という事になっており、「実はめぐりあい宇宙アムロの乗ってたガンダムってこれじゃねーの?」などと囁かれていたりする。

ガンダム3号機は他のRX-78シリーズより設定が曖昧で異説に事欠かない機体なのである。

バージョン情報

「初期仕様RX-78-1)」
サイド7に搬入された時のバージョンプロトタイプガンダムと同一の仕様。なお番(RX-78-○)はバージョン情報の意味合いで、1号機と2号機は色が違うものの製造時は同一仕様であった。
G-3の場合は最初からRX-78-2と同一仕様に作られたとも伝えられている。その場合1号機や2号機が実戦仕様更新された際、3号機をベースバージョン更新を行ったということになる。
「中期仕様RX-78-2)」
ジオン公国軍の襲撃で破損したパーツホワイトベースクルーが回収した時のバージョン。G-3は先に挙げた通り最初からこの実戦仕様だった可性もある。実戦参加はせず2号機の予備パーツに回されていたらしい。
オデッサでの反攻作戦に前後し、ホワイトベースRX-78の予備パーツが供給された際、パーツを引き渡したという説が存在する。WB隊は幾度かミデアと接触しているため、その時に引き渡したと考えられる。
「後期仕様RX-78-3)」
その後、宇宙軍のオーガスタ研によってマグネット・コーティング処理が施された。これがゲームなどのメディアで広く知られるRX-78-3「G-3ガンダム」であり、現時点で確認できるガンダム3号機の最終仕様となる。

G-4計画

初出は漫画MSジェネレーション」。厳密に言えば公式度が高い設定と言い難い。アレックス4号機設定、つまり当時の設定ミスの名残。

一戦戦争末期、G-3ガンダムを体とした「G-4計画」という次世代構想機の開発計画が存在した。G-4計画では宇宙軍から軍・陸軍・軍にG3データを譲渡し、高性機を開発した。その機体が宇宙軍の「ガンダムNT-1」、軍におけるTMSの礎となった「ガンダムGT-FOUR」であったと言われる。

またG-3のマグネットコーティング技術は宇宙軍のガンダム4号機ガンダム5号機も採用しているが、それらもここへ組み込まれたという見方が強い。明言されてないが、開発思想が一致する「ペイルライダー」や開発経緯が不明の「ガンダムピクシー」も推測ではあるが計画の産物として名が挙げられる。

G-3ガンダム(小説版)

ララァ・スンエルメス戦において爆圧に巻き込まれ、棄せざるを得なかったRX-78-2に代わりアムロ・レイに用意された新たな機体。ロボットアニメで初めて役機の乗り換えを行った富野御大だが、残念ながらそれはザブングルからでファーストガンダムには登場しない。その代わりに小説版で後期役機が登場する。

小説版における本機は、ガンダムの予備パーツGMパーツなどを使って修した「ガンダム3号機」をベースにした機体。関節にマグネット・コーティング処理を施したため反応速度が向上している。
ガンダム3号機はテストベッドであり、技術者いわく「いじめ過ぎた」らしくMC処理を施してもパワー問題から性フルに引き出せないといわれていた。
処理を行ったモスクハン博士パワー・機動性を130引き出せると確約したが、一方でフルに性を発揮した場合、想定される強なGでパイロットの体がもたない可性が示唆されている。

…以上がメカニックマン達の懸念であったがG3アムロは予想以上にマッチし、アムロG3で人体に近いシャドボクシング再現してスムーズな動きを見せたことにメカマン達も驚いていた。

G3アムロシャアの理想・思惑を理解して認識をめ、戦闘行動を止めたところをルロイギリアムリック・ドムが放ったビームバズーカによって破壊され光芒と化す。アムロ死後に、彼のニュータイプ的な思念が周囲の間を支配していた。これは奇しくもララァ・スンエルメスを思い出させるようなであった。
(余談だが、このあとカイ・シデンニュータイプ覚醒する。 GジェネDSにおいてG3やルロイは出ないものの、戦闘での行動次第でアムロ死亡カイ覚醒という衝撃的な小説版展開が再現である。)

他媒体での活躍

フルアーマーガンダムTYPE-B

FSWS計画の1号機「フルアーマーガンダム」の仕様変更
素体にはG-3ガンダムが使われている。

→詳細は「フルアーマーガンダムTYPE-B」を参照。

関連動画

関連商品

関連項目

RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP