ニコニコ大百科

とは、大気の動きのことである。また以下のことを表す。

人名・キャラクター名

漢字として

Unicode
U+98A8
JIS X 0213
1-41-87
部首
風部
画数
9画
読み(常用)
フウ、フ
訓読み(常用)
かぜ、かざ
𠙊
Unicode
U+2064A
部首
画数
8画
Unicode
U+51EC
JIS X 0213
1-89-39
部首
画数
7画
𠙈
Unicode
U+20648
部首
画数
8画

小篆体
意味
大気の動き、が吹く、にあたる、病気、習わし、すがた、体裁、地方の歌、うわさ、様子、教える、色、勢い、気違い(瘋と通用)、オスメスがさかる、刺する(諷と通用)。
字形
符は
文ではの字を用いる。の部分がに変じたものがの字になったが、いつごろからかは定かではない。白川静はは四方の方位の使いで形のであり、それゆえに形の字でを表しているのだとした。
説文解字・巻十三〕には「八なり」とあり、「東方を明庶ひ、東南を清明ひ、南方ひ、西南を涼風ひ、西方を閶闔ひ、西北を不周ひ、北方ひ、東北を融ふ」と八方のの名前を挙げる。また「動いて生ず。ゆえには八日にして化す。」と、に従う理由を説明しようとしている。
音訓
読みフウ音)、フ(音)、訓読みは、かぜ、かざ、ふり。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
は部首、風部を作る。に関する字が属する。
符として持つ漢字に、、瘋、諷、颿などがある。
圧・風化格・紀・教・風景向・采・刺・疾・風車風邪趣・習・風神説・船・騒・速・風俗風俗壊乱・体・致・潮・土・評・聞・味・喩・流・風力

異体字

互換文字

Unicode
U+98CC
JIS X 0212
72-39
部首
風部
画数
27画
Unicode
U+6A92
部首
木部
画数
17
Unicode
U+51EE
JIS X 0213
1-14-57
部首
画数
7画
Unicode
U+51E8
部首
画数
6画
𠙗
Unicode
U+20657
部首
画数
10画
𠂡
Unicode
U+200A1
部首
丿部
画数
5画
Unicode
U+2FB5

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「風」で検索